入試Q&A ADMISSIONS & AID

入学試験について

異なる試験日の学科であれば複数学科を出願できます。また、同一試験日で第1、2、3回目の受験科目が同じであれば、2学科まで出願できます。 実際に同じ系統の学科をいくつか併願する受験生は毎年相当数います。また、併願により合格率が高くなっています。これは、入試の雰囲気に慣れ、リラックスして受験に臨めることや、出題傾向が把握できるなどの利点があるためと思われます。

B方式同一試験日併願が可能な受験科目選択パターン

また、A方式・B方式・C方式・グローバル方式では同じ学部の同一学科を受験することもできます。
※ただし、C方式とグローバル方式の併願はできません。

詳細は下記の試験場一覧をご覧ください。

試験場

第二部(夜間)は、働きながら学ぶ学生を対象として始まりましたが、最近では、学業専一の学生が多くなり、卒業生のうち28.5%が大学院へ進学しています(2020年度進学者は90名)。また、「社会人特別選抜」「社会人特別選抜編入学試験」等の試験制度により、社会人の受け入れを積極的に行っています。

本学の第二部は、第一部と同じ教育理念のもと、異なるのは時間帯の違いだけであることを目指しています。
詳しくは、下記ホームページも参考にしてください。

理学部第二部

B方式入学試験は、3教科、300点満点での合計得点により合否を判定します。ただし、次の学部・学科は教科数や配点が異なります。

理学部第一部数学科、応用数学科および理学部第二部数学科は、理科の試験はなく、数学の試験を2回行い、数学200点と英語100点で合計300点。

理学部第一部化学科および応用化学科の「化学」の配点は150点。

理工学部数学科の数学は100点満点での採点結果を200点に換算し、理科・英語が各100点で合計400点満点。

経営学部経営学科は、受験した3科目のうち、高得点の2科目はそれぞれの得点を1.5倍に換算します。その上で、残りの1科目の得点を加え、合計400点満点。

経営学部国際デザイン経営学科の英語は100点満点での採点結果を200点に換算し、その他の科目は各100点で、合計400点満点。

また、大学入学共通テストを利用するA方式入学試験は、共通テストの成績で合否判定が行われますが、特に重点が置かれる科目はありません。

なお、全学部とも試験に足切りまたは基準点はありません。

大学では斡旋していません。宿泊を希望する受験生は、直接予約することになります。この時期は多くの大学が入試を行っていますので、なるべく早めに予約するのがよいでしょう。

C方式入学試験は「大学入学共通テスト」と本学独自の試験を併用した制度で、昼間学部で実施します。国語、外国語の試験は大学入学共通テストを利用し、数学、理科は本学の独自の試験を課します。詳細はC方式入学試験のページをご覧ください。

グローバル方式は英語資格・検定試験のスコアを出願資格とし、本学独自の入学試験を行います。なお、英語の資格・検定試験のスコアに応じて0~25点が本学独自試験の得点に加算されます。詳細はグローバル方式入学試験のページをご覧ください。

キャンパスについて

本学には、神楽坂、野田、葛飾、北海道・長万部の4つのキャンパスがあります。学部、学科、学年によって以下のとおりキャンパスや校舎が異なります。
学部 学科 校舎 所在地
理学部第一部 数学科 神楽坂キャンパス 新宿区神楽坂1-3
物理学科
化学科
応用数学科
応用化学科
理学部第二部 数学科
物理学科
化学科
工学部 工業化学科(2021年度まで)
経営学部 経営学科 神楽坂キャンパス
富士見校舎
千代田区富士見1-11-2
※ただし、経営学部国際デザイン経営学科1年次のみ
北海道・長万部キャンパス
(北海道山越郡長万部町字富野102-1)
ビジネス
エコノミクス学科
国際デザイン経営学科
理学部第一部 応用物理学科 葛飾キャンパス 葛飾区新宿6-3-1
工学部 建築学科
工業化学科(2022年度から)
電気工学科
情報工学科
機械工学科
先進工学部 電子システム工学科
マテリアル創成工学科
生命システム工学科
薬学部 薬学科 野田キャンパス 千葉県野田市山崎2641
生命創薬科学科
理工学部 数学科
物理学科
情報科学科
応用生物科学科
建築学科
先端化学科
電気電子情報工学科
経営工学科
機械工学科
土木工学科

◇新型コロナウイルス感染症拡大のため、2022年度も引き続き北海道・長万部キャンパスでの授業実施を見送り、神楽坂キャンパスで実施します。

授業時間

昼間学部

時限 時間
第1時限 8:50~10:20
第2時限 10:30~12:00
第3時限 12:50~14:20
第4時限 14:30~16:00
第5時限 16:10~17:40

※キャンパスによって多少時間は異なります。

夜間学部

時限 時間
第1時限 16:10~17:40
第2時限 18:00~19:30
第3時限 19:40~21:10

※第二部は第1時限目が16時10分から始まりますが、第2時限目以降の開講科目と土曜日開講の科目を履修すれば、4年間で卒業することが可能です。

女子学生の割合は学部学科により異なりますが、全学平均では25%となっています。学部学科別では薬学部薬学科が最も多く、62%となっています。その他の学科で女子の比率が高いのは、先進工学部生命システム工学科(49%)、理工学部応用生物科学科(43%)、薬学部生命創薬科学科(42%)、理学部第一部応用化学科(35%)、経営学部経営学科(35%)の順となっています。

在籍者数・男女比

地方出身の方は、アパート探しや部屋代のことなどいろいろ不安もあることと思います。アパート・マンションの紹介は入学手続(入学金、諸学費の納入)の完了した方に対して、直接の紹介業務は行っていませんが、その地域の情報の相談などを受け付けていますので、気軽に相談してください。神楽坂キャンパス・野田キャンパス・葛飾キャンパスでは学生支援課が相談に応じています。

学生寮/下宿・アパート

転学部・転学科/再入学について

別の学部に移ることを「転学部」、同一の学部内の別の学科に移ることを「転学科」といいます。各学部学科間で転学部・転学科試験が行われていますが、学部学科または年度によっては実施しない場合もありますので、本学ホームページで確認してください。
選考は年度末に実施する筆記試験(転学部・転学科試験)の結果のほか、理科大へ入学後の修得単位や成績を審査して行いますので、日頃の地道な努力と相応の学力が求められます。

転学部・転学科について

試験結果

希望者の多い、理学部第一部および経営学部の実績は次のとおりです。

理学部第一部

学科 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度
志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者
数学科 2 0 1 1 5 0 3 0 7 1
物理学科 3 0 9 2 1 1 3 2 7 4
化学科 4 0 4 0 4 2 1 1 1 0
応用数学科 7 4 14 4 10 3 3 2 3 2
応用物理学科 1 1 - - 2 2 - - 1 0
応用化学科 6 2 2 1 2 1 - - 1 0
23 7 30 8 24 9 10 5 20 7

※学年はすべて第2学年に許可

経営学部

学科 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度
志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者
経営学科 2 0 1 0 3 2 3 2 2 1
ビジネスエコノミクス学科 1 1 1 0 2 0 1 0 1 1
3 1 2 0 5 2 4 2 3 2

※1995年度より実施。学年はすべて第2学年に許可

その他の学部

学部 学科 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度
志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者 志願者 合格者
工学部 情報工学科 1 0 - - - - 実施せず 実施せず
薬学部 薬学科 3 0 2 0 - - 実施せず 実施せず
生命創薬
科学科
- - - - - - 実施せず 実施せず
理工学部 数学科 - - - - - - 2 0 1 1
物理学科 3 2 1 1 1 0 1 1 2 0
情報科学科 - - - - - - 1 0 1 0
応用生物
科学科
- - - - 1 0 - - 1 0
建築学科 - - - - 1 0 - - 1 0
経営工学科 - - - - - - - - 1 0
機械工学科 2 1 - - 1 1 - - - -
先進
工学部
電子システム
工学科
1 1 1 0 3 1 1 0 1 1
マテリアル
創成工学科
2 1 3 2 6 5 1 1 2 2
生命システム
工学科
- - - - - - - - - -
理学部
第二部
数学科 1 1 - - 3 3 2 0 1 1
物理学科 1 1 2 2 1 1 1 1 - -
化学科 - - 1 0 - - - - - -

明記されていない学科は、志願者なし。

やむを得ない事由によって退学した者(除籍された者は除く)のうち、退学後3年以内に再入学を希望する場合は、退学前に在籍していた学部学科に欠員があり、かつ、在学生の学修に支障がないと認めた場合に限り、選考のうえ再入学を許可することがあります。

再入学

その他

東京理科大学の前身東京物理学校時代、入学希望者は全員無試験で入学できましたが、実力のない者は進級・卒業できないというユニークで厳格な教育システムをとっていたため、世間では「落第大学」として知られていました。現在、昼間学部で留年するのは10%前後ですからその当時ほどの厳しさはありませんが、他大学よりは、少々ピリカラの進級制度であるのは事実でしょう。しかしながら、この実力主義の校風は社会から高く評価されているのです。本学の進級制度は関門制度と呼ばれ、いくつかの科目に合格しなければ次の年次に進級できない制度です。学部により異なり、理学部、工学部、理工学部では1年次から2年次に進級する時に、先進工学部では1年次から2年次と、2年次から3年次の時に、経営学部は2年次から3年次の時に、そして薬学部は2年から5年の進級時に、毎年審査があります。いずれの学部でも通常の勉学を続けていれば進級や卒業ができないということはありませんので心配しないでください。

学部別進級率(%)

進級学年 学部 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
2年 理学部第一部 91.4 90.9 94.0 92.9 90.9
工学部 93.5 93.1 91.2 92.5 92.7
薬学部 95.7 93.6 95.4 92.9 91.4
理工学部 91.6 92.1 92.6 92.5 90.6
理学部第ニ部 70.9 75.1 69.5 70.2 70.2
先進工学部 97.8 99.1 99.0 97.6 95.1
3年 91.7 91.8 94.0 90.3 95.4
薬学部 97.0 97.2 98.1 95.2 93.8
4年 95.1 93.8 96.7 89.4 93.4
5年 95.0 93.3 95.4 96.3 93.8

学ぶ意欲があり、人物・学力ともに優秀な学生を対象に、各種の奨学金制度が用意されており、日本学生支援機構奨学金、地方公共団体奨学金、民間奨学金などがあります。
また、2018年度入学者より、新たに給付型奨学金「新生のいぶき奨学金」が開設されました。
もっとも代表的な制度として知られる日本学生支援機構奨学金制度の募集時期は4月で、希望者は4月中旬に行われる募集説明会への出席が応募の前提条件になります。この他、本学を通しての募集は全て掲示で連絡しますので、掲示板でのチェックが必要です。
奨学金制度の概略については、下記からご覧ください。

奨学金

理科大では2020年度の大学院進学者が1,721名。これは学部卒業生の48.2%が大学院へ進んでいることになります。なお、このうち理科大大学院への進学者は約78%。多くの学生が修士課程へ進み、継続して研究を行っています。

2020年度 学部・学科別大学院進学率

学部 学科 卒業者 進学者 進学率(%)
理学部第一部 数学科 107 36 33.6
物理学科 99 58 58.6
化学科 104 73 70.2
応用数学科 117 29 24.8
応用物理学科 103 63 61.2
応用化学科 93 72 77.4
623 331 53.1
工学部 建築学科 132 85 64.4
工業化学科 119 108 90.8
電気工学科 123 78 63.4
情報工学科 84 33 39.3
経営工学科 6 0 0.0
機械工学科 104 73 70.2
568 377 66.4
薬学部 薬学科 96 2 2.1
生命創薬科学科 77 74 96.1
173 76 43.9
理工学部 数学科 102 25 24.5
物理学科 123 52 42.3
情報科学科 110 63 57.3
応用生物科学科 108 83 76.9
建築学科 107 80 74.8
先端化学科 110 88 80.0
電気電子情報工学科 144 103 71.5
経営工学科 106 30 28.3
機械工学科 96 64 66.7
土木工学科 108 33 30.6
1,114 621 55.7
先進工学部 電子システム工学科 94 44 46.8
マテリアル創成工学科 99 79 79.8
生命システム工学科 107 81 75.7
300 204 68.0
経営学部 経営学科 280 9 3.2
ビジネスエコノミクス学科 159 4 2.5
439 13 3.0
理学部第二部 数学科 105 26 24.8
物理学科 101 25 24.8
化学科 110 39 35.5
316 90 28.5
工学部第二部 建築学科 7 0 0.0
電気工学科 8 0 0.0
経営工学科 2 0 0.0
17 0 0.0
合計 3,550 1,712 48.2

※小数点第二位を四捨五入

本学の卒業生は景気の動向に左右されることなく高い就職率を誇っています。その就職先は電気・精密・輸送用機器、医薬・化粧品などの製造業のほか、卸・小売、金融・保険、通信、情報産業など、きわめて多岐にわたっています。また、伝統的に高い実績を持つ、中学・高校の教員、官民の研究機関における研究・技術職、地方・国家公務員として多くの卒業生が活躍しています。また、女子学生も卒業後は研究開発、企画、システムエンジニア、調剤、設計など幅広い分野で活躍しています。各学部・学科の進路状況の詳細は下記からご覧ください。

就職・キャリア