学科の選び方ガイド ADMISSIONS & AID

本学の学部・学科を13系統に分類。興味のある系統から学部・学科を選んだり、⽐較して⾃分に合う学部・学科を⾒つけてください。

数学系

数や図形の性質、関係性を研究し、公式化して法則を見つけたり、証明したりする学問。
伝統的な“数学”の流れをくむ「純粋数学」と、近代産業で利用・応用される「応用数学」がある。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
理学部第⼀部
数学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(理学)
471名(男子387名/女子84名)
男子82%/女子18%
中学校教諭1種免許状(数学)、⾼等学校教諭1種免許状(数学・情報)、測量士/測量士補 進路状況グラフ

その他内訳:
専門・技術サービス 9.6%(10人)
金融・保険業 7.7%(8人)
機械器具 2.9%(3人)
公務員 2.9%(3人)
理学専攻科 1.9%(2人)
学術研究機関 1.9%(2人)
電子部品 1.9%(2人)
医療・保険業 1.0%(1人)
その他業種 2.9%(3人)
その他(進学・留学予定者等) 7.7%(8人)

高校での数学を基礎とし、現代数学の基礎となる科目を系統的に学んでいきます。現在でも発展しつつある現代数学の姿にふれ、数学的素養を磨くことが目的です。これまで理学部第一部数学科は多くの数学研究者、非常に多くの中学・高校教員を世に送り出し、さらにはIT関連企業などにも多くの人材を送り込んでいます。これらのどれを志望する学生の要望にも応えられるように、充実したカリキュラムが組まれています。 偏微分方程式、確率過程論、有限群の表現論、微分幾何学、幾何解析、整数論、ホモロジー代数、数学教育、変分法、モノドロミー保存変形、微分方程式
理学部第⼀部
応用数学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(理学)
484名(男子376名/女子108名)
男子78%/女子22%
中学校教諭1種免許状(数学)、⾼等学校教諭1種免許状(数学・情報) 進路状況グラフ

その他内訳:
金融・保険業 3.9%(4人)
その他のサービス業 2.0%(2人)
化学工業 2.0%(2人)
機械器具 2.0%(2人)
電子部品 2.0%(2人)
教育・学習支援業 1.0%(1人)
公務員 1.0%(1人)
理学専攻科 1.0%(1人)
その他の業種 2.8%(3人)
その他(進学・留学予定者等) 2.8%(3人)

理学部第⼀部応⽤数学科は理論と応⽤の両⾯を志向する数理学系学科として、1961年に全国に先駆けて開設されました。その後の情報社会の変化に伴って、現在では、データサイエンスやAIなどの情報技術(IT)のいかなる進歩に対しても、状況を的確に把握・分析して、⾃らの数理的・論理的思考⼒によって柔軟に対応できる研究者、技術者、教員、公務員(国家公務員総合職)等を数多く輩出しています。 数値解析、⾮線形計画、確率モデル、組合せ最適化、代数、統計データ解析、計算数学、統計分布論、⾃然⾔語処理、⼈⼯知能、統計的仮説検定、密度推定、情報数学、最適化
理⼯学部
数学科
野⽥キャンパス
取得学位:学士(理学)
498名(男子411名/女子87名)
男子83%/女子17%
中学校教諭1種免許状(数学)、⾼等学校教諭1種免許状(数学・情報)、測量⼠/測量⼠補 進路状況グラフ

その他内訳:
機械器具 5.4%(5人)
卸売・小売業 4.3%(4人)
金融・保険業 2.2%(2人)
専門・技術サービス 2.2%(2人)
運輸・郵便業 1.1%(1人)
公務員 1.1%(1人)
食料品 1.1%(1人)
電子部品 1.1%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 3.3%(3人)

純粋数学から応⽤数学までの幅広い分野のスタッフを擁しています。また3,4年次で少数のセミナーを開講し、深い理解と柔軟な思考⼒を培うことができます。野⽥キャンパス独⾃の特⾊ある図書館、演習室、計算機室などを含めて充実した研究ができるような設備が整っています。 現象の数学的定式化とその解析、保型形式、代数多様体、特異点、モデル⽅程式、代数多様体、離散群、数論、代数的整数論、変分問題、変分原理、⽯鹸膜、対称空間の幾何学、岩澤理論、擬リーマン多様体、確率論、低次元トポロジー、複素解析学、偏微分⽅程式
理学部第⼆部
数学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(理学)
554名(男子455名/女子99名)
男子82%/女子18%
中学校教諭1種免許状(数学)、⾼等学校教諭1種免許状(数学・情報)、測量⼠/測量⼠補 進路状況グラフ

その他内訳:
理学専攻科 6.3%(6人)
卸売・小売業 4.2%(4人)
専門・技術サービス 4.2%(4人)
金融・保険業 3.2%(3人)
食料品 2.1%(2人)
その他の製造業 1.1%(1人)
機械器具 1.1%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 27.3%(26人)

理学部第二部数学科は、柔軟な思考ができ、意欲のある人に適した学科です。社会の様々な場面で、数学的素養が必要とされる現代において、それらの要求に応えられる人を育成したいと望んでいます。そのため、解析学、代数学、幾何学などの数学の基本的な分野の他、数理物理、統計学、情報数学、離散数学などの応用数学の分野も充実しています。また、多数の中学校・高等学校教員を社会に輩出してきた伝統を踏まえ、教員育成に力を注いでいます。 数学理論の現象モデルへの応⽤、グラフ理論、関数解析、教育数学、数理物理、代数的位相幾何学、統計学、微分幾何学、複素幾何学、統計学、医薬統計、データ解析、数理統計学

まず、B⽅式⼊学試験の⼊試科⽬に違いがあります。「理学部第⼀部数学科・応⽤数学科」は数学、英語の2教科で受験できるのに対し、「理⼯学部数学科」は数学、英語、理科(物理・化学・⽣物のいずれかを選択)の3教科です。

「理学部第⼀部数学科」の特徴は、純粋数学および数学教育を専⾨とするスタッフを擁し、都⼼の交通⾄便の地で、純粋数学および数学教育について学ぶことができることです。時間割の中に教職課程の科⽬が組み込まれており、数学の専⾨科⽬を履修しながら、⾃然に教員免許状(数学・情報)の取得が可能となっています。また、1年次より4年次まで各学年に情報系の科⽬を配置しています。
「理学部第⼀部応⽤数学科」の特徴は、応⽤数学を専⾨とするスタッフを擁し、都⼼の交通⾄便の地で、数学の基礎と応⽤(確率統計、科学技術計算、情報など)について学ぶことができることです。時間割の中に教職課程の科⽬が組み込まれており、数学、応⽤数学の専⾨科⽬を履修しながら、⾃然に教職免許状(数学・情報)の取得が可能です。卒業⽣は、研究者、技術者、教員、公務員等として、幅広い分野で活躍しています。
「理⼯学部数学科」の特徴は、純粋数学から応⽤数学まで幅広い分野のスタッフを擁し、⾸都圏にありながらも、広くて理想的なキャンパスで学ぶことができることです。教職課程の科⽬を履修しやすい時間割が組まれていますので、数学の専⾨科⽬を履修しながら、⾃然に教職免許状の取得が可能です。卒業後は、教育界へは勿論のこと、各種産業界へも実⼒を備えた多くの⼈材を送り出しています。

情報系

社会や自然界で起こるあらゆる現象を分析しデータ化していく学問。
コンピュータによるさまざまなデータ解析やインターネット通信技術の研究など、情報通信に関する全てが研究対象。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
工学部
情報工学科
葛飾キャンパス
取得学位:学士(工学)
380名(男子322名/女子58名)
男子85%/女子15%
進路状況グラフ

その他内訳:
金融・保険業 4.6%(3人)
その他の製造業 1.5%(1人)
印刷・同関連産業 1.5%(1人)
運輸・郵便業 1.5%(1人)
化学工業 1.5%(1人)
公務員 1.5%(1人)
専門・技術サービス 1.5%(1人)
電子部品 1.5%(1人)

情報工学科は、情報技術の幅広い基礎力、ネットワーク、ソフトウェア及び数理的手法の高いスキルを身に付け、社会の諸問題に対応する柔軟性を有し、社会に有用な情報システムの構想、開発および管理ができる人材を育成することを目的としています。ソーシャルデザイン、データサイエンス、ソフトウェアデザイン、インテリジェントシステムの4つの専門応用領域を柱としています。 教育工学(eラーニング、eテスティング)、非線形解析、脳神経科学、人工知能、数理農学、数理最適化、アルゴリズム、時系列解析、疫学、統計的因果推論、臨床試験、医学研究、医療データ、医療統計学、映像メディア処理、設計探査、情報通信技術、情報伝送、医用情報工学、情報通信システム、五感通信、遠隔ロボット、ネットワーク化制御、安全性
理工学部
情報科学科
野田キャンパス
取得学位:学士(理学)
445名(男子378名/女子67名)
男子85%/女子15%
中学校教諭1種免許状(数学)、高等学校教諭1種免許状(数学・情報) 進路状況グラフ

その他内訳:
専門・技術サービス 4.2%(4人)
金融・保険業 2.1%(2人)
電子部品 2.1%(2人)
印刷・同関連産業 1.0%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 6.3%(6人)

情報科学科は、数学を基盤とし、自然、社会、人間の各現象に関わる「情報」をどのように数理的に扱うのかを対象とする「基礎数理情報」と、実用上の問題へ情報数理の応用を対象とする「応用数理情報」、そして情報を処理するシステムを対象とする「計算機科学」の3つの分野がお互いに重なり合って構成されており、カリキュラムは、これらの分野の知識がバランスよく身に付くようになっています。 ネットワークアーキテクチャ、サイバー犯罪、量子アルゴリズム、暗号理論、マルチモーダル情報処理、生命科学、情報科学、プログラミング言語、群知能、GUI、応用確率統計、統計学、グラフ理論、インターネット、セキュリティ、深層学習、離散数学、組合せデザイン、量子情報通信理論と量子コンピュータ

「工学部情報工学科」では、“ソフトウェア”“ネットワーク”“数理”を基礎に、それらを融合させた独創的な学びを用意しています。各種の要素技術を融合し、人と社会に有用なシステムをデザインし、安全・安心な社会にするための技術開発と社会づくりを行う能力を育成します。
「理工学部情報科学科」は自然、社会、人間の各現象に関わる「情報」をどのように数理的に分析するのかを学びます。また、基礎数学を基盤とし、基礎数理、応用数理、計算機科学の情報分野の知識がバランスよく身につくようになっております。そして、情報数理、量子情報、遺伝情報、応用確率論、統計数理、人工知能、量子コンピュータ、ソフトウェア科学などの情報科学の核となる分野の教育・研究を行っております。

経営工学系

企業や官公庁での生産性やサービス提供の向上を図るために生まれた分野。
情報通信の技術を駆使して、人や物の動きを管理し効率的に動かすためのシステムを構築する、文理が融合した新ジャンルの学び。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
理工学部
経営工学科
野田キャンパス
取得学位:学士(工学)
479名(男子383名/女子96名)
男子80%/女子20%
進路状況グラフ

その他内訳:
学術研究機関 3.7%(4人)
専門・技術サービス 3.7%(4人)
運輸・郵便業 1.8%(2人)
化学工業 1.8%(2人)
建設業 1.8%(2人)
鉄鋼・金属 0.9%(1人)
電子部品 0.9%(1人)
その他の業種 2.8%(3人)
その他(進学・留学予定者等) 0.9%(1人)

1~2年次に基幹基礎科目と演習によって十分に基礎的な能力を開発します。その上で3年次から一気に密度の高い専門科目を選択していきます。研究室単位での少人数セミナー形式によるきめ細かい指導を受けられるのが特長です。また4年次の卒業研究では実践力を養うことができ、社会で活躍する際に役立つ実力となります。 生産・在庫・物流マネジメント、データマイニング、統計的データ解析、地域システム、地域情報化、食農水資源安定供給、経済性工学、エネルギー経済学、環境・エネルギー、農業のシステムづくり、人工知能、知能情報処理、生産システムのモデル化とシミュレーション、管理会計と企業価値評価、品質管理、データサイエンス

「経営工学科」は「企業経営の効率化」を目指す「工学」ですので、同じ情報処理、計算機科学でも実際の問題への応用を重視しています。計算機の使い方やプログラミングの基礎の学習は情報科学科と同じく重視しており、多くの学生がパソコンを所有し、授業の中でインターネットへのアクセスや生産システムのシミュレーション、ロボット制御の実験と現場への応用が重視されています。

「経営学部経営学科」は、「経営工学科」と比べると、文科系としての学科の色彩をより強く打ち出しています。カリキュラム上は経営戦略、マーケティング、会計ファイナンス、情報マネジメントという4分野が設定され、経営工学の工学的実験に代え、3年次からのゼミと必修の卒業研究により、主体性・自律性をもつ有為な人材を育成します。理学と工学の血を受け継ぐ実践型経営手法を身につけた卒業生達の活躍が期待されます。

経営・経済系

企業のマネジメントや経営戦略の立て方など経営にまつわる全般について学ぶ学問系統。
文系・理系の枠組みを超えた観点から学び、企業経営にイノベーションを起こす分析力と構想力、実践力を鍛える。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
経営学部
経営学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(経営学)
1,281名(男子829名/女子452名)
男子65%/女子35%
進路状況グラフ

その他内訳:
専門・技術サービス 7.1%(23人)
卸売・小売業 4.9%(16人)
その他のサービス業 4.3%(14人)
不動産・物品賃貸業 4.3%(14人)
機械器具 3.7%(12人)
建設業 2.5%(8人)
公務員 2.5%(8人)
電子部品 2.2%(7人)
その他業種 14.5%(47人)
その他(進学・留学予定者等) 4.5%(15人)

1年次から経営戦略、マーケティング、会計・ファイナンスの専門基礎科目があり、演習による徹底学習を行います。2年次から経営戦略、マーケティング、会計・ファイナンスの専門コース別の選択必修が始まり、そこでもケーススタディ、モデル構築、シミュレーションなど実学的アプローチで体験的に学びます。並行して行う一般科目の選択により、幅広い知識の習得のもとで卒業論文に向けた研究テーマの探究をしていきます。 マーケティング・サイエンス、行動計量学、ブランディング、スポーツ・マーケティング、ネット社会におけるビジネスモデル設計、組織学習論、イノベーション論、ICT教育、ソーシャル・メディア・マーケティング、経営組織、組織行動、組織間関係、ファイナンス、財務、株価変動、ゲーム、サステナブル社会経営、脱温暖化、コーポレート・ファイナンス、リアル・オプション、金融工学、オペレーションズ・リサーチ、意思決定分析、性能評価、データ分析、シミュレーション
経営学部
ビジネスエコノミクス学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(経営学)
641名(男子429名/女子212名)
男子67%/女子33%
進路状況グラフ

その他内訳:
専門・技術サービス 7.8%(12人)
機械器具 5.2%(8人)
公務員 4.5%(7人)
卸売・小売業 3.9%(6人)
運輸・郵便業 1.9%(3人)
電子部品 1.9%(3人)
学術研究機関 1.4%(2人)
不動産・物品賃貸業 1.4%(2人)
その他の業種 6.5%(10人)
その他(進学・留学予定者等) 1.9%(3人)

膨大なデータからビジネスの動向を予測し、アイデアを発見するデータの科学。経済学の手法により市場構造やリスクを数理的に解析し、経営判断に合理的裏付けを与える意思決定の科学。これらの科学的手法を駆使してビッグデータとグローバル経営時代に活躍する高度な専門性を持った人材を育成します。 データマイニング、機械学習、人工知能、金融工学、数理ファイナンス、ゲーム理論、産業組織論、経営科学、数理最適化、生産性の分析、意思決定論、行動・神経経済学、計量ファイナンス、計量経済学、応用ミクロ経済学、医療経済学、ゲーム理論、社会選択理論、ミクロ経済学、統計的データ解析、経済・経営データ分析、意思決定と情報
経営学部
国際デザイン経営学科
北海道・長万部キャンパス(1年次)*
神楽坂キャンパス(2年次以降)
取得学位:学士(経営学)
2021年4月新設予定のため、進学実績データはありません。 「デザイン」の観点からビジネスを捉える力と、「デジタル技術」を用いて問題を解決するスキルを習得。これからの社会に必要な「創造性に対する自信」や、国内外で必要なコミュニケーション力、グローバルな視点と多様性を尊重する姿勢を持ちつつ、失敗からも学べる人材の育成を目指します。 デザイン経営、ビジネスデザイン、社会デザイン、デザイン思考、コ・デザインプロジェクト、Capstoneプロジェクト、Creative Confidence、グラフィックレコーディング、デジタル経営、DX(Digital Transformation)、SMACIT、CAMBRICK、ブロックチェーン、ホワイトボックスモデル、デジタル倫理、デジタルマーケティング、データ分析、情報システム、イノベーションマネジメント、国際経営、Global Japan Studies、オープンアーキテクチャ、地域・文化研究

*新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2021年度は北海道・長万部キャンパスでの授業実施を見送り、神楽坂キャンパスで実施します。

「経営工学科」は「企業経営の効率化」を目指す「工学」ですので、同じ情報処理、計算機科学でも実際の問題への応用を重視しています。計算機の使い方やプログラミングの基礎の学習は情報科学科と同じく重視しており、多くの学生がパソコンを所有し、授業の中でインターネットへのアクセスや生産システムのシミュレーション、ロボット制御の実験と現場への応用が重視されています。

「経営学部経営学科」は、「経営工学科」と比べると、文科系としての学科の色彩をより強く打ち出しています。カリキュラム上は経営戦略、マーケティング、会計ファイナンス、情報マネジメントという4分野が設定され、経営工学の工学的実験に代え、3年次からのゼミと必修の卒業研究により、主体性・自律性をもつ有為な人材を育成します。理学と工学の血を受け継ぐ実践型経営手法を身につけた卒業生達の活躍が期待されます。

建築・土木系

構造・技術などの基礎的知識を基に、学術・芸術・技術を三位一体で学ぶ建築系。
土木系は、交通施設を始め、都市生活の基盤となるハードを形成するための知識や技術を学ぶ。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
工学部
建築学科
葛飾キャンパス
取得学位:学士(工学)
450名(男子300名/女子150名)
男子67%/女子33%
1級建築士、2級建築士 進路状況グラフ

その他内訳:
不動産・物品賃貸業 5.4%(6人)
情報通信業 3.5%(4人)
非営利団体 1.8%(2人)
その他のサービス業 0.9%(1人)
その他の製造業 0.9%(1人)
卸売・小売業 0.9%(1人)
鉄鋼・金属 0.9%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 3.5%(4人)

本学科で学ぶことにより、計画、環境、構造に関する専門分野を中心として、ハード・ソフトの両面から建築に関する総合的な知識・能力を身に付けます。計画部門はいわゆるデザインや平面計画、構法計画、歴史、建築思想等。環境部門は室内環境、地域環境、都市環境等の解析や計画。構造部門は構造解析、鋼構造、コンクリート構造や建築材料、防火、耐震等をそれぞれ対象としています。 鋼構造、都市デザイン、保存再生、材料設計、耐久性、近代建築史・都市史、構法史、改修技術、集合住宅、換気、建築構造、耐震工学、免震・制振、建築、都市環境、住環境、建築意匠設計の探究、熱環境、空調、最適設計
理工学部
建築学科
野田キャンパス
取得学位:学士(工学)
476名(男子308名/女子168名)
男子65%/女子35%
1級建築士、2級建築士 進路状況グラフ

その他内訳:
公務員 1.8%(2人)
その他のサービス業 0.9%(1人)
情報通信業 0.9%(1人)
専門・技術サービス 0.9%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 6.3%(7人)

1年次から建築学の全貌が分かるよう、建築学の基礎的科目を多く設けています。またコンピュータを駆使する能力を養い、将来の各専門分野での技術の高度化にも対応できるようにしています。設計教育では、社会で活躍している建築家を多数講師に迎え、デザインに関する個別指導を徹底しています。 都市空間の分析とデザイン、建築のスケール、建築防災、建築安全、火災工学、建築計画、環境行動、建築材料学、建築構造工学・都市耐震、建物の機能維持、自然エネルギー利用とサステナブル建築、大都市における地震工学と地震防災、建築設計、空間活用、まちづくりとデザイン、木造建築物の耐震性能向上、近現代建築の保存活用計画および設計、建築における光と照明
理⼯学部
土木工学科
野田キャンパス
取得学位:学士(工学)
452名(男子376名/女子76名)
男子83%/女子17%
技術士(注1)/技術士補(注2)、修習技術者(注3)、測量士/測量士補 進路状況グラフ

その他内訳:
運輸・郵便業 9.5%(11人)
その他のサービス業 6.0%(7人)
不動産・物品賃貸業 6.0%(7人)
専門・技術サービス 3.4%(4人)
電気・ガス・水道・熱供給業 3.4%(4人)
非営利団体 2.6%(3人)
金融・保険業 0.9%(1人)
情報通信業 0.9%(1人)

「土木工学」は英語でCivil Engineeringと言い、主に建設事業を支える学問です。社会基盤施設の計画・整備、その機能の保全・再生と、自然災害からの防災・減災を担っていく、人々の生活を持続するのになくてはならない学問です。 維持管理、コンクリート、地盤工学、構造物の振動、リモートセンシング、センシング、液状化・流動現象、小規模下水道、水処理、遺伝子、固液分離、交通システム計画、地盤探査、震源探査、インバージョン、非破壊検査、都市水文気象、温熱生理、水災害、洪水、水環境、交通行動分析、交通ネットワーク解析
  1. (注1)修習技術者または技術士補の資格取得者は、必要な経験を積んだ後に技術士第二次試験に合格し、登録することによって取得できる
  2. (注2)土木工学科を卒業し、登録することにより取得できる
  3. (注3)土木工学科を卒業することにより取得できる

物理系

自然界のあらゆる現象の原理を研究し、法則化していく学問。
地球上の事象から宇宙、ミクロの世界の素粒子までと、対象は幅広く、新事実や新理論の発見・構築は、大きな影響力を持つ。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
理学部第一部
物理学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(理学)
452名(男子363名/女子89名)
男子80%/女子20%
中学校教諭1種免許状(理科・数学)、高等学校教諭1種免許状(理科・数学)、測量士/測量士補 進路状況グラフ

その他内訳:
金融・保険業 1.9%(2人)
公務員 1.9%(2人)
専門・技術サービス 1.9%(2人)
電気・ガス・水道・熱供給業 1.9%(2人)
運輸・郵便業 1.0%(1人)
電子部品 1.0%(1人)
不動産・物品賃貸業 1.0%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 3.0%(3人)

宇宙、地球(大気)、物性(物質)、原子核および物理教育と、さまざまな物理学の領域を専門とする教員が揃い、理論、実験の両面から活発な研究を行っています。実力主義の伝統に立脚した教育に定評があり、物理教員の育成にも力を入れています。 物理学実験、自然エネルギー、科学番組制作や科学書執筆研究、超伝導、ナノ輸送、量子光学、クォーク、超伝導量子回路、ナノ 非線形分光、冷却原子気体の巨視的量子現象、宇宙物理学、天文学、大気エアロゾル、磁性・中性子散乱、量子力学、ナノカーボン、エネルギー、水
理学部第⼀部
応用物理学科
葛飾キャンパス
取得学位:学士(理学)
485名(男子413名/女子72名)
男子85%/女子15%
進路状況グラフ

その他内訳:
機械器具 3.4%(3人)
電子部品 2.3%(2人)
その他の製造業 1.1%(1人)
運輸・郵便業 1.1%(1人)
教育・学習支援業 1.1%(1人)
金融・保険業 1.1%(1人)
食料品 1.1%(1人)
電気・ガス・水道・熱供給業 1.1%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 2.3%(2人)

応用物理学科では、学問としての物理学体系をしっかり理解し、最先端の技術に発展させることのできる人材の育成を目標としていま す。教育・研究が応用を志向しているため、産業界との関わりも深く、企業との共同研究や技術指導も積極的に行っています。 脳波、神経回路網、脳科学、核磁気共鳴法による電子スピン状態解明、メタマテリアル、自己学習センシングシステム、抵抗変化メモリ、機能性酸化物、デバイス物理、電子構造、光電子分光、機能性酸化物、アクティブマター、量子論を用いた固体物性理論、ソフトマテリアルの機能物性、エネルギー変換デバイス、燃料電池、脳型メモリー、磁気メモリー、超伝導、結晶成長、レーザー分光
理⼯学部
物理学科
野⽥キャンパス
取得学位:学士(理学)
498名(男子430名/女子68名)
男子86%/女子14%
中学校教諭1種免許状(理科・数学)、高等学校教諭1種免許状(理科・数学)、測量士/測量士補 進路状況グラフ

その他内訳:
公務員 3.3%(4人)
電気・ガス・水道・熱供給業 3.3%(4人)
電子部品 2.5%(3人)
教育・学習支援業 1.7%(2人)
金融・保険業 1.7%(2人)
建設業 0.8%(1人)
食料品 0.8%(1人)
その他の業種 1.7%(2人)
その他(進学・留学予定者等) 6.6%(8人)

物理学科のある野田キャンパスにはレーザー実験棟や超伝導実験棟を備えた大型の研究施設、実験施設が整っており、筑波研究学園都市にある国の研究機関との共同研究も活発です。物理学実験では大学院生をアシスタントとして起用し、きめ細かい指導を行います。特別講義では最先端の物理学の話題に触れることもできます。 非平衡現象の物理学、素粒子物理学実験、強相関電子系、有機界面科学、表面物理学、宇宙物理学、X線天文学、クォーク核物理、トポロジカルソリトン、宇宙、超広帯域コヒーレント光、有機分子の電子物性、重い電子系の理論、スピン系、低温物性実験、構造色、電子系の理論的・数値実験的研究室
理学部第⼆部
物理学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(理学)
516名(男子435名/女子81名)
男子84%/女子16%
中学校教諭1種免許状(理科・数学)、高等学校教諭1種免許状(理科・数学)、測量士/測量士補 進路状況グラフ

その他内訳:
専門・技術サービス 5.4%(6人)
教育・学習支援業 4.5%(5人)
卸売・小売業 1.8%(2人)
公務員 1.8%(2人)
その他のサービス業 0.9%(1人)
その他の製造業 0.9%(1人)
運輸・郵便業 0.9%(1人)
金融・保険業 0.9%(1人)
宿泊業・飲食サービス業 0.9%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 20.4%(23人)

理学部第二部物理学科では、時代が要求するこの学問領域を、効果的に習得できる環境および学生の熱意を冷めさせない教育を提供します。この環境を生かせるかどうかは、あなた自身にかかっているといっても過言ではありません。ここには、夜間の大学にまで通って物理学を学ぼうと志す人々が集っています。その一員として、より大きな未来を切り開いていこうとする人々に、第二部物理学科は広くその門を開けて待っています。 ナノバイオサイエンス、宇宙物理学、統計力学、数理物理学、ナノ材料、ナノデバイス、太陽電池、LED、陽電子、超伝導、高温超伝導、量子ビーム、表面

物理学は諸々の自然科学の中でもとりわけ基礎的で体系的な学問です。自然にひそむ真理法則を追究する純アカデミックな性格を持つ一方、その成果が近代科学技術の発展と結びついて、20世紀の世界に大きな影響を与えました。そして、先端科学技術と密接な関係を持つ分野に従事する研究者や技術者を数多く輩出してきました。21世紀を迎え、これら先端科学技術がその発展を支えた基礎の学問にまで影響を与えるようになると考えられています。

「理学部第一部物理学科」では、いわゆる教養科目の学習を重視することはもちろん、現代物理学の基礎である力学、電気磁気学や量子力学などの講義と演習、物理学実験などの実験の修得に力点をおいた教育を行っています。さらに4年次の卒業研究では学んだ物理学の基礎を卒業してどのように社会に役立てられるかについて、学生個人個人にオリエンテーションが行われます。

「応用物理学科」は、先端科学技術と関連の深い物理諸分野が独立してできたもので、理学部に所属していることを特徴とし、どのような困難な課題に直面しても、物理学という基礎に立ち返って考えることのできる人材を育成することを目的としています。したがって、1・2年次の間は物理学科と同じように、力学、電気磁気学、熱力学、統計力学はもとより量子力学などの物理の基礎をしっかり学び、電気回路、コンピュータなどの基礎も学びます。3・4年次では近代科学技術との関連の深い、物性・材料、計測・エレクトロニクス(レーザー等)、情報の各分野の基礎となる、固体物理、材料科学、光物理、電子素子物理、電子回路、情報理論、計測制御等の専門的な科目から自分に適した科目を選択して学び将来に備えます。

「理工学部物理学科」の特徴は、緑に囲まれたゆとりある野田キャンパスで、大型の研究設備・実験設備を駆使した教育研究が行われている点です。
特に大型の実験棟としてはレーザー実験棟と超伝導実験棟があります。また野田キャンパスは筑波研究学園都市と近いため、JAXA、高エネルギー研、産総研、物質・材料研などの国の研究機関との共同研究も活発に行われています。

電気系

日々進化する携帯電話を始め、高度な情報化社会を支える最新技術を開発する学問。
主に、通信・情報、材料・エレクトロニクス、エネルギーの3分野から構成されている。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
工学部
電気工学科
葛飾キャンパス
取得学位:学士(工学)
432名(男子398名/女子34名)
男子92%/女子8%
電気主任技術者、電気通信主任技術者、第1級陸上特殊無線技士、第3級海上特殊無線技士 進路状況グラフ

その他内訳:
電子部品 3.0%(3人)
その他のサービス業 2.0%(2人)
建設業 2.0%(2人)
金融・保険業 1.0%(1人)
公務員 1.0%(1人)
専門・技術サービス 1.0%(1人)
電気・ガス・水道・熱供給業 1.0%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 3.0%(3人)

必修科目以外に、個人の希望や将来の見通しに沿った科目選択ができるように、通信・情報(情報工学)、エネルギ-・制御(電気工学)、材料・エレクトロニクス(電子工学)の各分野に、基礎から先端までの科目が用意されています。ハードウェアからソフトウェアまでを一貫して学べるのが特長です。実験、コンピュータによる演習などの実習を重視しています。4年次には、卒業研究に取り組み、最先端技術が学べます。大学院進学率が高く、学生の研究が活発です。 薄膜太陽電池、セキュリティ技術、太陽光発電システム、エネルギーマネジメント、計測制御、ロボット、メカトロニクス、サステナブル電子工学、パワーエレクトロニクス、信号処理、計測制御、医療機器、食品、農業、カーボンファミリー、無線通信ネットワーク、情報ネットワーク科学、画像処理、通信、情報処理、デバイス、通信システム、通信信号処理技術、電力システム工学、センシング情報処理
理工学部
電気電子情報工学科
野田キャンパス
取得学位:学士(工学)
665名(男子613名/女子52名)
男子92%/女子8%
電気主任技術者、電気通信主任技術者、第1級陸上無線技術士、第1級陸上特殊無線技士、第3級海上特殊無線技士 進路状況グラフ

その他内訳:
専門・技術サービス 3.9%(7人)
電子部品 2.8%(5人)
その他のサービス業 1.7%(3人)
卸売・小売業 1.0%(2人)
公務員 1.0%(2人)
その他の製造業 0.6%(1人)
運輸・郵便業 0.6%(1人)
電気・ガス・水道・熱供給業 0.6%(1人)
不動産・物品賃貸業 0.6%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 3.3%(6人)

電気(エネルギー・制御・環境)、電子(エレクトロニクス・物性・材料)、情報(情報・通信・コンピュータ)の3分野にまたがる多彩な専門を学べることが一つの特色で、科目の選択次第で、電気通信主任技術者、第1級陸上無線技術士の国家試験における一部科目免除、電気主任技術者(要実務経験)、第1級陸上特殊無線技士、第3級海上特殊無線技士の資格取得の道が開かれています。「リサーチキャンパス」の特性を活かした研究も行われているほか、上記の3分野のみならず、学科、専攻を超えた横断的な研究に参加することも可能です。 暗号、乱数、解析、実装、安全性評価、ワイヤレス電力伝送、情報通信用集積回路とシステム、燃料電池、太陽電池、エネルギー変換、宇宙システム、ロボット、宇宙ゴミ除去、太陽光・風力発電の系統連系、太陽電池、次世代半導体デバイス、環境に優しい非鉛圧電材料の開発、非線形制御、ヒューマンアシスト制御、無線通信システム、超高性能アナログ集積回路・電子回路、電子材料、機能素子、パワーエレクトロニクス、電気自動車、フォトニクス
先進工学部
電子システム工学科
2021年4月名称変更
葛飾キャンパス
取得学位:学士(工学)
424名(男子380名/女子44名)
男子90%/女子10%
進路状況グラフ

その他内訳:
建設業 2.2%(2人)
その他のサービス業 1.2%(1人)
印刷・同関連産業 1.2%(1人)
運輸・郵便業 1.2%(1人)
卸売・小売業 1.2%(1人)
化学工業 1.2%(1人)
学術研究機関 1.2%(1人)
公務員 1.2%(1人)
専門・技術サービス 1.2%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 1.2%(1人)

学問研究においても産業界においても世界の最先端の水準で研究が進んでいます。将来、国際的に通用する技術者となって活躍するためには英語力が必須との観点から、英語教育を特に重視しています。3年次で技術英語、4年次で論文輪講という科目を設けて、専門分野で使える英語も学びます。 信号処理、生物物理化学、計算機シミュレーション、ナノ電子材料・デバイス、情報通信工学、非線形システム、高速計算、ホログラム、並列化、医療機器、人工臓器、ワイヤレス電力伝送、人体通信、ナノテクノロジー、機能性材料(超伝導・電池・化合物半導体)、バーチャルリアリティ、ナノ電子デバイス、光デバイス、専用計算回路設計

*2021年4月から基礎工学部は「先進工学部」へ、電子応用工学科は「電子システム工学科」へ名称変更します

機械系

自動車やロボット、コンピュータなど、あらゆる工業製品を作り上げるための知識と技術を学ぶ学問。
近年は環境やエネルギー問題へ配慮した新しいテクノロジーの開発も重要視されている。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
工学部
機械工学科
葛飾キャンパス
取得学位:学士(工学)
473名(男子415名/女子58名)
男子88%/女子12%
進路状況グラフ

その他内訳:
情報通信業 2.8%(3人)
電子部品 2.8%(3人)
建設業 2.0%(2人)
ゴム・皮革製品 0.9%(1人)
運輸・郵便業 0.9%(1人)
公務員 0.9%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 0.9%(1人)

基礎学力の涵養を重視して4力学(材料、機械、熱、流体)と設計製図を幅広く学び、課題の発見・解決能力を養います。情報教育では、プログラミングに加え、コンピュータを用いた設計(CAD)や工学シミュレーション(CAE)を学習し、これからの情報社会に対応できるスキルを身に付けます。学部教育の集大成である卒業研究では、機械工学の最先端技術に関わる研究に取り組みます。 固体力学、流体工学、複合材料工学、材料強度学、軽量構造の機械的特性評価、反応系熱流体の非線形ダイナミックス、ロボティクス・メカトロニクス、動作支援、知的画像処理、トライボロジー、機能表面、3次元プリンタ、人間機械協調、バイオメカニクス、車両の動力学と制御、流体潤滑技術、マイクロ・ナノ熱流体システム、熱流体シミュレーション
理工学部
機械工学科
野田キャンパス
取得学位:学士(工学)
470 名(男子430名/女子40名)
男子91%/女子9%
進路状況グラフ

その他内訳:
建設業 2.7%(4人)
その他のサービス業 2.0%(3人)
公務員 2.0%(3人)
情報通信業 2.0%(3人)
専門・技術サービス 2.0%(3人)
卸売・小売業 1.3%(2人)
化学工業 1.3%(2人)
鉄鋼・金属 1.3%(2人)
その他の業種 3.3%(5人)
その他(進学・留学予定者等) 2.7%(4人)

自然環境と人間とテクノロジーの調和をモットーに、宇宙開発や医療、環境問題への対応も含めて、これからのニーズに応える技術者・ 研究者を育てる教育・研究を行っています。機械・材料・流体・熱の4力学、メカトロニクスを核とした機械工学の基礎を重点的に学んだ後、卒業研究において独自のテーマに取り組み、問題に対してその本質を把握して解決する道筋を自分で考え出す力を身に付けます。 振動工学・音響工学、感性工学、界面・表面、熱・物質輸送、宇宙環境利用、計算固体力学、先進複合材料、流れの先進コントロール、マルチスケール材料モデリング、ロボティクス、バイオメカニクス、画像処理、乱流、トライボロジー、転がり軸受工学、MEMS、マイクロナノシステム、微小機械、知的材料構造、メカトロニクス、対人協調機械、混相流、スペースプレーン

機械工学は、あらゆる産業や先端科学技術の基礎となる学問であるため、両者とも学部の教育での基本的なカリキュラムに大きな差異はありません。

「工学部機械工学科」での卒業研究や大学院教育では、その立地と教授陣の特色を生かして、ロボット、宇宙、エネルギー、材料などの機械の最先端に関する教育研究が行われています。

「理工学部機械工学科」では、広大なキャンパスに大型の実験装置や並列コンピュータ等を有するため、宇宙、コンピュータ、材料、加工等の最先端に関する教育研究が行われています。

化学系

物質の構造や性質を研究し、分子集合体をミクロレベルで解明、分析する。
多彩な分野に接点を持ち、これからの時代に重要なエネルギー問題や新物質の開発などに携わることができる。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
理学部第⼀部
化学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(理学)
488名(男子319名/女子169名)
男子65%/女子35%
中学校教諭1種免許状(理科)、高等学校教諭1種免許状(理科) 進路状況グラフ

その他内訳:
教育・学習支援業 3.4%(4人)
電子部品 1.6%(2人)
その他の製造業 0.9%(1人)
卸売・小売業 0.9%(1人)
化学工業 0.9%(1人)
学術研究機関 0.9%(1人)
専門・技術サービス 0.9%(1人)
鉄鋼・金属 0.9%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 3.4%(4人)

1年次から有機化学・無機化学・物理化学を柱とした専門科目を学び、学年を追うごとに高度な知識を身に付けていきます。さらに、生命や環境など幅広い分野についても学ぶことができます。4年次では化学の理論と技術を実践に結びつける卒業研究に取り組みます。化学教育にも力を入れており、将来化学の教員を目指す人のための研究室もあります。化学を面白いと感じ、真理を極めようという気概のある学生を歓迎します。 化学教育、機能性化合物、有機化学、分子マシン、超分子、有機化学、細胞間コミュニケーション、ナノ細孔、分子マシン、メタンハイドレート、レーザー分光学、分子配列、分子観察、水、分子集合体、表面・界面、レーザー分光、表面物理化学、プラズモニック化学
理学部第⼀部
応用化学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(理学)
431 名(男子274名/女子157名)
男子64%/女子36%
中学校教諭1種免許状(理科)、高等学校教諭1種免許状(理科) 進路状況グラフ

その他内訳:
卸売・小売業 2.2%(2人)
公務員 2.2%(2人)
その他のサービス業 1.0%(1人)
医療・保険業 1.0%(1人)
機械器具 1.0%(1人)
教育・学習支援業 1.0%(1人)
建設業 1.0%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 3.1%(3人)

最終学年の1年間は研究室に所属し、卒業研究を教員の個人指導のもとに大学院生と共同で行います。これにより、独立して研究を行っていく能力を養います。このために、応用化学科はまず化学が好きで、その関心を自分の力でさらに深め、理学の側からそれを社会に役立てたいと考える積極的な学生を歓迎します。 バイオコロイド、生体材料、アミノ酸、ホモキラリティー、不斉の起源、光触媒、人工光合成、水素生成、CO2還元、次世代二次電池、化学センサ、バイオ電池、ナノ空間化学、イオニクス材料、物質変換材料、新薬合成、バイオ技術、がん、老化、ゲノム、ナノ材料、無機原子集合体、ナノ物質化学、ソフトマター科学、フォトニクス、遷移金属触媒反応、有機発光体、無機発光体、センサ、セキュリティー材料
工学部
工業化学科
葛飾キャンパス
取得学位:学士(工学)
※2022年4月 キャンパス移転
480名(男子362名/女子118名)
男子75%/女子25%
公害防止管理者、環境計量士、危険物取扱者(甲種) 進路状況グラフ

その他内訳:
化学工業 2.1%(2人)
機械器具 2.1%(2人)
建設業 1.1%(1人)
公務員 1.1%(1人)
繊維・衣料 1.1%(1人)
鉄鋼・金属 1.1%(1人)
電子部品 1.1%(1人)
その他の業種 3.2%(3人)
その他(進学・留学予定者等) 3.2%(3人)

有機化学、無機化学、物理化学、化学工学の4本を柱に、基礎から応用までの教育を幅広く行っています。 化学に基づいた「ものづくり」に貢献できる技術者・研究者としての基礎技術を修得するために、多彩な学生実験を中心とした実践的なカリキュラムを組んでいます。また、マンツーマン教育を重視し、演習や少人数グループに分けた化学英語教育も行います。 分子マシン、化学反応制御、機能性分子材料、環境調和型プロセス、機能性ナノ材料、刺激応答材料、簡易な高感度化学計測、界面活性剤分子集合体、新しい反応場とその利用、有機合成化学、有機機能性材料、発電・蓄電材料、光化学エネルギー変換、ナノハイブリッド材料
理工学部
先端化学科
野田キャンパス
取得学位:学士(工学)
478名(男子333名/女子145名)
男子70%/女子30%
公害防止管理者、環境計量士、危険物取扱者(甲種) 進路状況グラフ

その他内訳:
電子部品 2.5%(3人)
化学工業 0.9%(1人)
金融・保険業 0.9%(1人)
公務員 0.9%(1人)
食料品 0.9%(1人)
専門・技術サービス 0.9%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 1.6%(2人)

先端化学科では、エネルギー変換材料、環境調和型材料、種々の機能性材料などの「先端ものづくり」を研究・学習の中心に据えています。本学科では、実験に力を注いでおり、野田キャンパスに設置された充実した実験設備を用いた最先端の実験を行うことができます。また、小クラス編成の演習を通して、確かな学力を身に付けることができます。また、産業界との積極的な連携を実施しており、多くの共同研究が実施されています。 光機能性有機高分子材料、電気分析化学、エネルギー、高機能性材料、有機合成化学、界面化学、有機エレクトロニクス、機能性無機材料、機能材料
先進工学部
マテリアル創成工学科
2021年4月名称変更
葛飾キャンパス
取得学位:学士(工学)
439名(男子347名/女子92名)
男子79%/女子21%
危険物取扱者(甲種) 進路状況グラフ

その他内訳:
卸売・小売業 2.7%(3人)
金融・保険業 2.7%(3人)
鉄鋼・金属 2.7%(3人)
その他のサービス業 1.8%(2人)
化学工業 0.9%(1人)
教育・学習支援業 0.9%(1人)
食料品 0.9%(1人)
電子部品 0.9%(1人)
その他業種 3.6%(4人)
その他(進学・留学予定者等) 0.9%(1人)

金属・無機・有機といったタテ割り型の分類によって専門を区切ることなく、各種の最先端の材料を総合的に学び研究します。また、最終学年に取り組む卒業研究においては、指導教授をはじめ研究室の身近な先輩である大学院生らに助けられて研究発表の準備を行い、そこでは著しい人間的成長も得られます。 半導体、エネルギー、熱電変換、排熱発電、水、生命、反応場、機能性ナノ構造材料開発、生体高分子、細胞工学、メカノバイオロジー、バイオマテリアル、DDS、診断、機械システム材料、スピン、電子物性、機械学習、複合材料、ナノ粒子が見せる見えない世界、金属合金、ハイパーマテリアル(準結晶)、機能性セラミックス、液晶、高機能ガラス、光機能セラミックス材料
理学部第二部
化学科
神楽坂キャンパス
取得学位:学士(理学)
518名(男子360名/女子158名)
男子69%/女子31%
中学校教諭1種免許状(理科)、高等学校教諭1種免許状(理科) 進路状況グラフ

その他内訳:
その他のサービス業 5.3%(6人)
化学工業 4.4%(5人)
機械器具 2.6%(3人)
卸売・小売業 1.8%(2人)
金融・保険業 1.8%(2人)
鉄鋼・金属 1.8%(2人)
医療・保険業 0.9%(1人)
宿泊業・飲食サービス業 0.9%(1人)
その他の業種 7.0%(8人)
その他(進学・留学予定者等) 18.3%(21人)

講義の時間帯が夜間であることと、すでに社会人として化学や医薬などの分野で活躍している人や昼の時間帯に仕事をしている人など、種々の背景のもとで生活しながら化学の知識を得ようとする学生が在籍しているところが特徴です。当学科の教育方針は、まず化学の本質を理解する上で必要な無機化学、有機化学、物理化学を重点的に学び、その上で膨張し、かつますます細分化されつつある化学に対処できる人間を育成するところにあります。 機能性高分子、物理無機化学、有機金属化学、光機能性材料、有機合成、超分子、光合成、錯体、液晶、光応答、極低温、レーザー、微粒子

※工学部工業化学科は、2022年4月に神楽坂キャンパスから葛飾キャンパスに移転します。

最近の化学はその最先端において、物理、生物等の他の多くの学問分野との境界領域が拡大しつつあり、その応用には化学の理論的背景の十分な理解が必要です。したがって、その新しい発展を推進していくためには、幅広い基礎学力の修得が必要不可欠になっています。「理学部第一部化学科」はこのような時代の趨勢のもとに真に独創的な基礎研究者および化学技術者を生み出すことを目的としています。

今日の化学工業界においては、技術水準の向上に伴って基礎科学を深く修得した技術者を要求する傾向が高まっています。「理学部第一部応用化学科」はこのような立場に立って近代産業にふさわしい理学の基礎を十分に身につけ、多角性をもった有能な技術者・研究者を養成することを目的としています。カリキュラムの一部は化学科に共通のものもあり、卒業研究は相互に研究室を志望することも可能です。

「工学部工業化学科」は、現代および未来の化学工業と密接に関連した学科で、基礎と応用とをバランスよく配合したカリキュラムを組んでいます。応用分野の教育と研究内容は多岐にわたり、本学の生命医科学研究所、国立大学および国立研究機関へ卒研生や大学院生の派遣研究を活発に行っていること、大学院への進学率が70%以上と極めて高いこと、および少人数のグループに分けた化学英語教育を行っていることなどが特徴です。

「理工学部先端化学科」は今日の技術革新時代における一般化学工業の主軸となる基礎知識と、材料化学や電気化学、界面化学などの専門分野における先端知識を教授し、これらを支え、かつ新開発に役立つ創造性の豊かな人材を養成することを目指しています。恵まれた広大なキャンパスと充実した実験設備を利用して卒業研究(必修)を行います。また、実験と演習には特に力を注いでいます。

生物系

動物から微生物まで、あらゆる生命体の生命機構を細胞や分子レベルで解明する学問。
その研究成果を応用して、環境問題や食糧問題、資源・エネルギー問題などの解決策を研究する。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
理工学部
応用生物科学科
野田キャンパス
取得学位:学士(理学)
483名(男子277名/女子206名)
男子57%/女子43%
中学校教諭1種免許状(理科)、高等学校教諭1種免許状(理科) 進路状況グラフ

その他内訳:
その他のサービス業 3.5%(3人)
卸売・小売業 2.4%(2人)
化学工業 2.4%(2人)
機械器具 2.4%(2人)
金融・保険業 2.4%(2人)
公務員 1.2%(1人)
宿泊業・飲食サービス業 1.2%(1人)
電子部品 1.2%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 4.6%(4人)

本学科は,全国に先駆けて生物科学の各分野や領域を統合した研究・教育を目指した学科で、その先見性を維持しながら、生命現象の解明や科学技術の発展を見据えた研究・教育を展開しています。生物科学の主要な分野の研究室から構成され、それぞれの分野をリードする先駆性・独創性の高い研究が活発に行われています。研究室間の交流も盛んで、生物種や技術の枠を超えた研究を行う中で、広く深く生物科学を学ぶことが出来ます。卒業生は、養った実力を生かして世界中のさまざまな業界・分野で活躍しています。また、中学校や高校の教員免許(理科)取得が可能で、教員として活躍する卒業生も多数います。 微生物分子遺伝学、植物・環境バイオテクノロジー、ケミカルバイオロジー、クロマチン、テロメア、染色体、がん、老化、タンパク質、酵素、立体構造、細胞膜、脂質、脳の発達とその障害および記憶と認知の分子、神経基盤、微生物・酵素バイオテクノロジー、生殖、エピジェネティクス 、クロマチン動態、モーター蛋白、リン酸センサー、繊毛運動、発生生物学、器官再生
先進工学部
生命システム工学科
2021年4月名称変更
葛飾キャンパス
取得学位:学士(工学)
423名(男子217 名/女子206名)
男子51%/女子49%
危険物取扱者(甲種) 進路状況グラフ

その他内訳:
その他のサービス業 3.3%(3人)
機械器具 3.3%(3人)
情報通信業 3.3%(3人)
専門・技術サービス 3.3%(3人)
卸売・小売業 2.3%(2人)
パルプ・紙・紙加工 1.1%(1人)
医療・保険業 1.1%(1人)
教育・学習支援業 1.1%(1人)
その他の業種 2.3%(2人)
その他(進学・留学予定者等) 2.2%(2人)

1987年に生物工学科としてスタートした生命システム工学科は、2013年4月に開設された葛飾キャンパスにあり、先進工学部3分野の一つとして最新の設備が整えられています。人類に役立つ新しい工学づくりの意欲に燃える気鋭の教授陣が日夜重ねる研究は、世界のバイオテクノロジーおよび内外の産業界を常に視野に収めています。 「生物」のコミュニケーション、植物科学、高機能微生物、受容体、膜タンパク質、抗体、バイオ医薬、海馬・視床下部・うつ治療・遺伝子発現、RNA・遺伝暗号・生命の起源、医薬モデル生物工学、がん、ウィルス感染、遺伝情報継承マシーナリーの構造と機能、免疫・分子細胞生物学、生命現象、発生・分化、性決定、性ホルモン、がん治療・がん診断標的分子の探索

両学科とも、生命の仕組みを遺伝子DNAやタンパク質の構造や働きの面から究明する生命科学(バイオサイエンス)と、それを基盤とする応用技術(バイオテクノロジー)を研究、教育することを目的としています。

両学科の違いをあげるならば、「応用生物科学科」は理学(科学)、「生命システム工学科」は工学(技術)の色彩を持ちます。しかしバイオの分野では両者は強く関連しあっておりはっきりした境界を設けることは難しいところがあります。また、「応用生物科学科」は野田キャンパスで学びますが、「生命システム工学科」は葛飾キャンパスで学びます。両学科とも1年次は生命の理解に必要な自然科学一般の講義が主体となります。

生命の営みを究明し、得られた成果を科学技術として応用するバイオサイエンスやバイオテクノロジーは医薬、食料、資源、エネルギー、環境といった人類に最も重要な課題と深く結びついた最先端の学問です。この分野の教育・研究は、“従来の”大学制度では理学部の生物学科の他、工学部・農学部・医学部・薬学部などに分散していました。本学ではいち早くこれらの諸領域を1学科に統合し、1976年に「応用生物科学科」、1980年に「生物工学科」(2021年に「生命システム工学科」に名称変更)を創設し、総合的な生物科学の教育・研究を行っています。

薬学系

私たちの健康に欠かせない医薬品。医薬品業界も新時代を迎え、遺伝子工学とナノテクノロジーを 融合させた創薬の研究で新ウイルス・病原体と闘っている。将来は薬剤師、創薬研究者などを目指す。

学部・学科 キャンパス・
取得学位
在籍学⽣総数
(2020年5⽉1⽇現在)
資格・受験資格 進路
(2021年3⽉31⽇現在)
学科の特徴 研究キーワード
薬学部
薬学科
野田キャンパス
取得学位:学士(薬学)
※2025年度 葛飾キャンパスへ移転予定
600名(男子228名/女子372名)
男子38%/女子62%
薬剤師 進路状況グラフ

その他内訳:
卸売・小売業 17.9%(17人)
その他のサービス業 8.4%(8人)
公務員 7.4%(7人)
専門・技術サービス 6.3%(6人)
機械器具 2.1%(2人)
非営利団体 2.1%(2人)
教育・学習支援業 1.1%(1人)
情報通信業 1.1%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 4.2%(4人)

薬学科は高度化する医療に対して貢献することのできるヒューマニティーと研究心にあふれた高度な薬剤師(医療人)の養成を目的としており、医薬品の投与法、安定性、作用機序、体内動態等の薬剤師の職能基盤となる専門的知識および関連する技能、態度を習得します。これらの教育を通じ、生命の尊厳と患者の苦しみを知る人間性を培い、国民の健康と福祉を守るうえで重要とされる医薬品の適正使用と医薬品の研究開発における問題解決能力を養います。 薬物治療、製剤開発、薬物相互作用、難治性呼吸器疾患、環境、ナノ粒子、ニューロサイエンス、がん、バイオオルガノメタリクス、うつ病、不安症、不安・恐怖、依存性、オピオイド、細胞死制御、医薬品の安全性評価とリスク最小化、医薬品の有効性・安全性評価、規制国際調和、医薬品評価、生涯スポーツ、長期療養、生活習慣、喫煙、がん分子標的治療薬、軸不斉、創薬化学、臨床医薬品化学、放射線の生体影響と医療への応用、ナノ医薬、細胞医薬、臨床薬学
薬学部
生命創薬科学科
野田キャンパス
取得学位:学士(薬科学)
※2025年度 葛飾キャンパスへ移転予定
390名(男子226 名/女子164名)
男子58%/女子42%
進路状況グラフ

その他内訳:
その他のサービス業 1.0%(1人)
教育・学習支援業 1.0%(1人)
公務員 1.0%(1人)
宿泊業・飲食サービス業 1.0%(1人)
その他(進学・留学予定者等) 1.8%(2人)

「先端医療を支える高度な知識と技能を備えた創薬研究者の育成」が本学科の教育目標です。ヒトを対象とした総合ライフサイエンスとしての薬学を追究することにより、先端医療を支える高度な知識と技能を備え、世界をリードできる創薬研究者・技術者を育成するための教育を実践しています。卒業後の進路は、約9割が大学院修士課程に進学し、「薬学修士」の学位を取得後、約7割が医薬品業界に就職し、多くの卒業生が創薬研究者・技術者として社会で活躍しています。 生物有機化学、超分子化学・創薬、がんゲノミクスデータ、がん幹細胞、遺伝子制御、創薬合成化学医薬分子設計、数理創薬、微生物由来の生物活性物質研究、骨・関節疾患の分子薬理学的研究、T細胞制御、抗体産生、免疫記憶、ワクチン、肥満症治療薬・代謝改善薬の開発、創薬情報、生命科学、バイオインフォマティクス、タンパク質構造生物学、X線結晶構造解析、核酸医薬、核酸、糖鎖、ペプチド、DDS

学校教育法が改正され(2004年5月21日公布)、大学の薬学教育制度および薬剤師国家試験制度が変わりました。この制度は、2006年4月の入学生から適用され、医療技術の高度化、医薬分業の進展に伴い、高い資質を持つ薬剤師養成のための薬学教育は、学部の就業年限が4年から6年に延長されました。

薬剤師養成に特化した6年制と、研究者養成を目指す4年制の学部・学科も置かれています。4年制学部からは、大学院へ進み、製薬企業や大学で研究・開発に携わる人材をはじめとして、企業の医薬情報担当者(MR、営業担当)や医薬品販売に携わる人材など、薬剤師としてではなく、薬学の基礎的知識をもって社会の様々な分野で活躍する多様な人材が輩出されることが期待されています。

「薬学科」は2006年度から新たに設置された6年制の学科です。徹底した基礎教育、クスリの作用に関する総合情報科学を中心とした薬学専門教育、充実した施設と医療機関との連携による実践的薬剤師職能教育を実施し、十分な学力に裏打ちされた、ヒューマニティと研究心にあふれた質の高い薬剤師の養成を目指しています。

「生命創薬科学科」は4年制学科として、ファーマコインフォマティクスをコンセプトに、生命医科学研究所などの充実した諸施設と連携して、徹底した基礎教育、医薬品創製に関わる専門教育、クスリの作用に関する総合情報科学を基盤とした薬学専門教育を行い、先端医療を支える薬学研究者の育成を目指します。