物理の理解をイノベーションへ

Department of
Applied Physics
2023年4月
理学部第一部 応用物理学科から改新

 

物理工学=論理×応用⇔イノベーション
イノベーションとは構造を変革しそれ自身が発展していくこと。
論理に基づいて自然を見つめる物理学は応用と出会うことで、社会、学問、
そしてあなた自身にイノベーションをもたらします。
キャッシュレスで決済し、自動運転車に乗り、
リニアで旅行に出かけるすぐそこの未来は、
コンピューター、バッテリー、無線、センサー、
人工知能、超伝導技術などといった、
様々な社会変革をもたらしてきた工学、つまり応用に支えられており、
論理と応用がらせんの様に巻き上がることで
社会と学問にイノベーションをもたらします。
理学部第一部応用物理学科は60年以上、一貫して論理×応用によるイノベーションを目指してきましたが、
更に進化する先進工学部に加わり、新たな伝統を生む「物理工学科」として生まれ変わります。

 

FIELD研究分野

物理工学は、物理学とテクノロジーの橋渡しをする分野です。物理工学科では、物質の性質を探究する「物質科学系」、複雑現象を解析する「複雑科学系」、エネルギーに関連する現象に取り組む「エネルギー科学系」、ナノの視点からデバイス創成を目指す「ナノデバイス系」という4つの系からのアプローチで、研究分野を開拓しています。それぞれの専門分野でのエキスパートが協力しあうことで、幅広い視点で社会を見つめながら、イノベーション創出を目指した研究に取り組んでいます。

 
 

物質科学系

  • 量子物性理論
  • 物質中の電子を見る
  • 電子スピン物性開拓
  • 光物性物理
 
 

複雑科学系

  • 計算論的神経科学
  • 自己組織現象
 
 

エネルギー科学系

  • 有機機能材料・デバイス
  • 超伝導・機能性材料
 
 

ナノデバイス系

  • ナノイオニクスデバイス
  • 情報・エネルギー素子
  • 記憶・学習デバイス

 

CURRICULUMカリキュラム

物理工学科では、イノベーションを通じて真に社会貢献できる人材を育成するために、物理学に対する確かな知識と論理的思考能力を身につけるためのカリキュラムを編成しています。

  • 1年次

    物理学を主体として、関連する諸科目の基礎を重点的に学びます。1年次から演習や実験を行い、講義内容をより深く理解することができます。
    • 力学
    • 微分積分
    • 振動・波動
    • 生物
    • 電磁気学
    • 線形代数
    • コンピュータ基礎
    • デザイン思考入門
    • 熱力学
    • 物理数学
    • 化学
    • 基礎物理学実験
  • 2年次

    より高度な物理系科目を体系的に学び、物理の基礎を固めます。
    • 量子力学
    • 複素関数論
    • プログラミング
    • 講義実験
    • 統計力学
    • 相対論
    • 情報理論
    • 物理学実験
    • 解析力学
  • 3年次

    より専門的なカリキュラムが用意されています。物理系科目の理解を深め、幅広い素養を身につけます。
    • 固体物理
    • 光学
    • 計測制御論
    • 非線形動力学
    • 半導体物理
    • エネルギー変換科学
    • データ解析論
    • 物理工学実験
    • 電子回路
    • 材料科学
  • 4年次

    研究室に所属し、教員や大学院生とともに各分野の最先端研究を行います。専門知識を身につけ、諸問題を解決できる能力を磨きます。

    卒業研究

  • 大学院

 

FUTURE PATH卒業後の進路

物理の基礎は産業の基礎でもあり、物理工学科での学びは幅広い分野で活かされていきます。前身である理学部第一部応用物理学科は、数多くの人材を輩出してきました。これからも高い専門性と幅広い教養を身に着けた人材を輩出し続けていきたいと考えています。

 
 
卒業後の進路 卒業後の進路

先進工学部 物理工学科
2023年4月
理学部第一部
応用物理学科から改新