椎名 勇

ABOUT TUS

シイナ イサム

椎名 勇教授

SHIINA Isamu

東京理科大学 理学部第一部 応用化学科

椎名研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/shiina/indexj.html
http://www.tus.ac.jp/en/fac/p/index.php?19ed
http://www.tus.ac.jp/en/news/archive/20150511.html
出身大学
1990年  東京理科大学  理学部  応用化学科  卒業
出身大学院
1992年  東京理科大学  理学研究科  化学専攻  修士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(理学)  論文
研究経歴 1990-1994 不斉向山アルドール反応の開発
1995-1999 抗がん剤タキソール − 日本初の全合成
2000-2009 高効率エステル化、ラクトン化法の開発[置換安息香酸無水物法]
https://www.youtube.com/watch?v=vv_T6xEK5JA(日)
https://www.youtube.com/watch?v=Dw1ajJchujw(Eng)
https://www.youtube.com/watch?v=vC_GaybLBNo(中文)
https://www.youtube.com/watch?v=mNvaR8we5eA(日)
https://www.youtube.com/watch?v=Mmrh5NslQhk(Eng)
2000-現在 新奇3成分連結反応の開発およびその応用
2005-現在 不斉エステル化反応の開発
http://www.youtube.com/watch?v=fy_Zy8hKzDc(日)
http://www.youtube.com/watch?v=3vKArZh8d4g(Eng)
2010-現在 新しい作用メカニズムを有する抗がん剤の不斉全合成
http://www.youtube.com/watch?v=DMQE8qSJboI(日)
https://www.youtube.com/watch?v=WwQMBts_60s(Eng)
https://www.youtube.com/watch?v=4yBaG8TrI70(日)
https://www.youtube.com/watch?v=VG7dC0XlhPQ(Eng)

(主な受賞歴)
1997 日本化学会進歩賞
2006 Banyu Young Chemist Award
2013 日本化学会学術賞
2014 井上学術賞
2014 市村学術賞・市村賞功績賞
2015 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)[単独受賞]
2017 The Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award
2018 The Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award
研究職歴 1992-1997 東京理科大学総合研究所 助手
1997-1999 東京理科大学総合研究所 講師
1999-2003 東京理科大学理学部 講師
2003-2007 東京理科大学理学部 助教授
2007-2008 東京理科大学理学部 准教授
200704-201003 日本私立学校振興・共済事業団「学術研究振興事業」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
2008- 東京理科大学理学部 教授
201104-201603 厚生労働省「創薬基盤推進研究事業」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
201204-201703 東京理科大学 総合研究機構 キラリティー研究センター センター長(兼任)
201512-201711 JST/AMED「医療分野研究成果展開事業(A-STEP)」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
201604- 東京理科大学 化学系機器分析センター 化学系機器分析センター センター長(兼任)
201704-201903 東京理科大学「研究戦略中期計画推進費」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
201804- 東京理科大学 総合研究院 実践的有機合成を基盤としたケミカルバイオロジー研究部門 研究部門長(兼任)
201811-202003 AMED「次世代がん医療創生研究事業」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
202004-202203 東京理科大学「学長特別研究推進費【強化枠】」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
202107-202203 AMED「橋渡し研究プログラム【シーズpreB】」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
202204-202403 AMED「橋渡し研究プログラム【シーズA】」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
202204-202503 AMED「革新的がん医療実用化研究事業」プロジェクト プロジェクト代表(兼任)
研究キーワード 有機合成化学
研究分野
合成化学 (有機反応化学、天然物化学)
研究課題
触媒的縮合反応の開発研究
天然物の不斉全合成
触媒的不斉合成反応の開発研究
受賞
2021年 11月 25日
第9回 DSANJ Digital Bio Conference AMED招聘枠研究成果選定
2021年 4月 20日
令和3年度千葉大学真菌医学研究センター共同研究課題選定
2021年 2月 10日
ACS Omega (ACS Publications) Cover Feature Article (2/2021)
2020年 8月 19日
European Journal of Organic Chemistry (European JOC) Cover Feature Article (8/2020)
2020年 7月 7日
Yahoo! JAPAN Headline News (7/July/2020)
2020年 2月 6日
Asian Journal of Organic Chemistry (Asian JOC) Cover Feature Article (2/2020)
2018年 7月 1日
BS-TBS「未来の起源」に本学総合化学研究科椎名研究室の学生が出演
2018年 6月 10日
TBSテレビ「未来の起源」に本学総合化学研究科椎名研究室の学生が出演
2018年 3月 2日
Cancer Letters Most Read Article (Feb/2018)
2018年 1月 25日
Yahoo! JAPAN Headline News (25/Jan/2018)
2018年 1月 6日
Yahoo! JAPAN Headline News (6/Jan/2018)
2017年 12月 31日
The 2018 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award
2017年 6月 25日
The 2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award
2017年 6月 16日
第21回日本がん分子標的治療学会学術集会 Best Poster Award
2016年 9月 22日
Journal of Antibiotics (JA) Cover Headline Article (9/2016)
2015年 12月 10日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (12/2014–11/2015)
2015年 11月 18日
「14th Symposium on Chemical Approaches to Chirality」Best Poster Award
2015年 11月 10日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (11/2014–10/2015)
2015年 10月 16日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (10/2014–9/2015)
2015年 9月 18日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (9/2014–8/2015)
2015年 8月 26日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (8/2014–7/2015)
2015年 8月 10日
CSJ Journal Selects Vol. 2 (2015) Hot Article
2015年 7月 16日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (7/2014–6/2015)
2015年 6月 20日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (6/2014–5/2015)
2015年 5月 15日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (5/2014–4/2015)
2015年 4月 23日
市村学術賞 ・ 功績賞(平成26年度)
2015年 4月 22日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (4/2014–3/2015)
2015年 4月 15日
文部科学大臣表彰 科学技術賞[開発部門](平成27年度)
2015年 3月 16日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (2/2015)
2015年 3月 16日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (3/2014–2/2015)
2015年 2月 13日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (1/2015)
2015年 2月 13日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (2/2014–1/2015)
2015年 2月 4日
井上学術賞(平成26年度)
2015年 1月 16日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (12/2014)
2015年 1月 16日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (1/2014–12/2014)
2014年 12月 19日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (12/2013–11/2014)
2014年 12月 19日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (11/2014)
2014年 11月 18日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (10/2014)
2014年 11月 18日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (11/2013–10/2014)
2014年 11月 12日
「13th Symposium on Chemical Approaches to Chirality」Best Poster Award
2014年 10月 24日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (9/2014)
2014年 10月 24日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (10/2013–9/2014)
2014年 9月 25日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (8/2014)
2014年 9月 25日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (9/2013–8/2014)
2014年 8月 26日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (7/2014)
2014年 8月 26日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (8/2013–7/2014)
2014年 7月 29日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (6/2014)
2014年 7月 29日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (7/2013–6/2014)
2014年 6月 15日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (6/2013–5/2014)
2014年 6月 15日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (5/2014)
2014年 5月 9日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (4/2014)
2014年 5月 9日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (5/2013–4/2014)
2014年 4月 10日
The Chemical Record (TCR) Most Accessed Article (3/2014)
2014年 3月 25日
CSJ Journal Report Vol. 1 (2012-2014 First-quarter) Hot Article
2014年 2月 15日
Bulletin of the Chemical Society of Japan (BCSJ) Back Cover Article
2013年 12月 27日
Asian Journal of Organic Chemistry Most Accessed Article (11/2013)
2013年 11月 30日
Asian Journal of Organic Chemistry Most Accessed Article (10/2013)
2013年 11月 4日
The Global Chemistry Community on ChemistryViews.org.
2013年 6月 1日
Highlighted Paper Selected by Editor-in-Chief(日本薬学会英文学術誌論文賞)
2013年 3月 23日
日本化学会学術賞(平成24年度)
2013年 3月 1日
JMC Most Read (Downloaded) Article
2013年 2月 28日
JMC Cover Article
2013年 2月 14日
JMC Cover Article
2013年 1月 16日
ACS PressPac Article
2012年 11月 6日
Catalysis Science & Technology Most Read (Downloaded) Article
2012年 10月 9日
Catalysis Science & Technology Cover Article
2012年 10月 9日
Catalysis Science & Technology Hot Article
2012年 9月 12日
SYNFACTS Selected Article
2012年 6月 1日
JOC Featured Article
2011年 12月 14日
「9th Symposium on Chemical Approaches to Chirality」Best Poster Award
2010年 12月 1日
「8th Symposium on Chemical Approaches to Chirality」Best Poster Award
2010年 11月 10日
SYNFACTS Selected Article
2010年 10月 1日
第42回内藤記念科学研究助成
2010年 9月 29日
「7th Symposium on Chemical Approaches to Chirality」Best Poster Award
2009年 11月 25日
「6th Symposium on Chemical Approaches to Chirality」Best Poster Award
2009年 2月 24日
第49回東レ科学技術研究助成
2008年 12月 15日
European Journal of Organic Chemistry Most Accessed Article
2008年 11月 10日
Tetrahedron Letters Cover Figure Article
2008年 3月 17日
東京理科大学「優秀研究者奨励賞」
2007年 11月 19日
Tetrahedron Letters Cover Figure Article
2007年 5月 16日
「モレキュラー・キラリティー2007」優秀ポスター賞
2006年 11月 18日
Banyu Young Chemist Award 2006
2004年 3月 1日
倉田奨励賞
2002年 7月 1日
藤澤財団研究奨励賞
1999年 4月 16日
旭硝子財団研究奨励賞
1997年 3月 28日
日本化学会進歩賞(平成8年度)
1996年 10月 6日
若い世代の特別講演会表彰
学会活動
2022年 12月 1日 ~ 2023年 11月 30日
有機合成化学協会 令和5年度代議員
2021年 12月 1日 ~ 2022年 11月 30日
有機合成化学協会 令和4年度代議員
2020年 12月 1日 ~ 2021年 11月 30日
有機合成化学協会 令和3年度代議員
2019年 12月 1日 ~ 2020年 11月 30日
有機合成化学協会 令和2年度代議員
2018年 12月 1日 ~ 2019年 11月 30日
有機合成化学協会 平成31年度代議員
2017年 12月 1日 ~ 2018年 11月 30日
有機合成化学協会 平成30年度代議員
2017年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
日本化学会 春季年会プログラム編成委員会部門幹事
2016年 11月 30日 ~ 2016年 11月 30日
15th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2016年 4月 1日 ~ 2017年 3月 31日
日本化学会 春季年会プログラム編成委員会部門幹事
2015年 11月 18日 ~ 2015年 11月 18日
14th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2015年 10月 31日 ~ 2016年 10月 28日
日本化学会 平成28年度日本化学会関東支部代議員
2014年 11月 12日 ~ 2014年 11月 12日
13th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2014年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本化学会 春季年会プログラム編成委員会部門幹事
2013年 11月 27日 ~ 2013年 11月 27日
12th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2013年 4月 1日 ~ 2014年 3月 31日
日本化学会 春季年会プログラム編成委員会部門幹事
2013年 3月 1日 ~ 2014年 2月 28日
有機合成化学協会 平成25年度事業委員会委員
2012年 9月 26日 ~ 2012年 9月 26日
11th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2012年 2月 24日 ~ 2012年 2月 24日
10th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2012年 2月 17日 ~ 2013年 2月 28日
有機合成化学協会 平成24年度事業委員会委員
2011年 12月 14日 ~ 2011年 12月 14日
9th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2011年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
日本化学会 春季年会プログラム編成委員会部門幹事
2010年 12月 1日 ~ 2010年 12月 1日
8th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2010年 9月 29日 ~ 2010年 9月 29日
7th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2010年 4月 1日 ~ 2011年 3月 31日
日本化学会 春季年会プログラム編成委員会部門幹事
2009年 11月 25日 ~ 2009年 11月 25日
6th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2008年 12月 1日 ~ 2008年 12月 1日
5th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2008年 4月 1日 ~ 2009年 3月 31日
日本化学会 春季年会プログラム編成委員会委員
2008年 1月 29日 ~ 2008年 1月 29日
4th Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2007年 11月 15日 ~ 2007年 11月 15日
3rd Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2005年 11月 10日 ~ 2005年 11月 10日
2nd Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
2003年 12月 3日 ~ 2003年 12月 3日
1st Symposium on Chemical Approaches to Chirality (国際)学会組織委員
客員教授
1999年 3月 1日 ~ 1999年 3月 31日
ルイパスツール大学(フランス)
グループ バイオ、ナノテク・材料、その他
その他 : 基礎・応用有機化学
研究・技術キーワード 有機合成化学、天然物化学、創薬化学
研究・技術テーマ
  • 不斉合成技術を用いる天然有機化合物の合成
  • 不斉合成技術を用いる抗菌剤、抗がん剤の合成
  • 三成分連結法を用いる難治性疾患治療薬の合成
  • 光学活性なポリオキシ化合物の立体選択的合成
  • 効率的な炭素-ヘテロ元素結合形成反応の開発
研究・技術内容 当研究室では天然に存在する薬効成分の人工合成を行います。特に、これまで構築困難とされてきた化合物や、抗菌活性あるいは抗腫瘍活性などの生物活性を有する薬剤の立体選択的な合成研究を行います。一方で、有機分子を自在に作り出すためには効率的な物質変換技術の開発が必要不可欠です。当研究室では、天然分子の人工合成を効率的に達成するための手段として、新しい合成反応や反応剤の開発も併せて試みています。 研究者のアピールポイント [1] 不斉向山アルドール反応の開発者の一人(1990-1994) [2] 抗がん剤タキソール − 日本初の全合成(1995-1999) [3] 椎名エステル化、ラクトン化の開発者[置換安息香酸無水物法](2000-現在) [4] 新規3成分連結法の開発およびその応用(2000-現在) [5] 2012年度日本化学会学術賞受賞、2014年度井上学術賞受賞、2014年度市村学術賞・功績賞受賞、2015年度文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)受賞 [いずれも単独受賞]
産業への利用 医薬品合成、農薬合成、化成品合成
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
具体的な産学連携形態内容 抗腫瘍薬剤開発等の共同開発
その他所属研究機関 総合研究院「実践的有機合成を基盤としたケミカルバイオロジー研究部門」研究部門長
所属研究室 椎名研究室
所有研究装置
SDGs
専攻分野 有機化学
研究分野 天然物化学/有機合成化学
近年の有機合成技術の進歩には目覚ましいものがありますが、最新の手段を駆使してさえなお構造解析ならびにその人工合成が困難な有機化合物も数多く知られています。これらの物質を大量に生産するためにはさらに効率良く各工程の反応を進めることが必要になります。本研究室ではこのような現代の有機化学(合成技術分野)の背景を踏まえ、マクロライド、ステロイド、デプシペプチドなどの天然有機化合物、ならびに抗がん剤、抗菌剤、抗ウイルス剤などの生物活性化合物の立体選択的な全合成研究を主なテーマとしています。

(Scientific Reports 2021年11月号)
急性骨髄性白血病における変異FLT3の異常局在と無限増殖シグナル発現の相関
((国)がん研究センター 小幡先生との共同研究)
https://www.nature.com/articles/s41598-021-02221-2.pdf

(ACS Omega 2021年2月号)
MNBAマクロラクタム化による人工化合物FE399類縁体の全合成
(Cover Featureに選定)
https://www.tus.ac.jp/today/archive/2021_02_12_3323.html
https://www.artaction.co.jp/1264

(Eur JOC 2020年8月号)
MNBAマクロラクタム化による初の天然物(FE399)の全合成
(Cover Featureに選定)
https://www.tus.ac.jp/today/archive/20200827_0123.html

(理大科学フォーラム2019年12月号)
エステル・アミドって何? ラクトンって何? -理科大発! MNBAを用いた世界最速合成法の開発-
https://tus.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=2694&file_id=22&file_no=2

(YouTubeによる研究紹介)
・MNBAマクロラクタム化による初の天然物(FE399)の全合成
https://youtu.be/dR4necST5bw(日本語字幕版)
https://www.youtube.com/watch?v=PeFmziHus_k(日本語吹き替え版)
https://youtu.be/7nNRhX8pSTw(Eng)
・高速脱水縮合反応[置換安息香酸無水物法]の開発
https://www.youtube.com/watch?v=vv_T6xEK5JA(日)
https://www.youtube.com/watch?v=Dw1ajJchujw(Eng)
https://www.youtube.com/watch?v=vC_GaybLBNo(中文)
https://www.youtube.com/watch?v=mNvaR8we5eA(日)
https://www.youtube.com/watch?v=Mmrh5NslQhk(Eng)
・不斉エステル化反応の開発
http://www.youtube.com/watch?v=fy_Zy8hKzDc(日)
http://www.youtube.com/watch?v=3vKArZh8d4g(Eng)
・新しい作用メカニズムを有する抗がん剤の不斉全合成
http://www.youtube.com/watch?v=DMQE8qSJboI(日)
https://www.youtube.com/watch?v=WwQMBts_60s(Eng)
https://www.youtube.com/watch?v=4yBaG8TrI70(日)
https://www.youtube.com/watch?v=VG7dC0XlhPQ(Eng)
研究テーマ
  1. 抗がん剤の人工合成

    新しい作用機序(new MOA)を有する抗腫瘍性化合物の合成探索および生物活性試験を行う。
    http://www.youtube.com/watch?v=DMQE8qSJboI

  2. 光学活性な有機化合物の立体選択的合成

    高効率な合成化学的手法を用いることで複雑な構造をもつ有機化合物の大量製造法を確立する。
    https://www.youtube.com/watch?v=vv_T6xEK5JA

  3. 環境低負荷を実現する不斉触媒反応の開発

    新しい不斉触媒反応を開発するとともに、触媒反応を活用した有用物質の生産手段を創出する。
    http://youtu.be/fy_Zy8hKzDc

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
卒業研究(理一K科椎名) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学部第一部 化学科
有機化学3 後期 火曜4限 水曜2限 理学部第一部 応用化学科
特別応用化学実験 後期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 理学部第一部 応用化学科
応用有機化学1 前期 水曜4限 理学部第一部 応用化学科
応用有機化学4 後期 木曜4限 理学部第一部 応用化学科
有機化学実験 B組 前期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 理学部第一部 応用化学科
卒業研究(理一OK椎名) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学部第一部 応用化学科
化学のフロンティア 前期 金曜1限 理学部第一部 応用化学科
化学特別研究1(椎名) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科 化学専攻 
化学特別研究2(椎名) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科 化学専攻 
合成有機化学特論2 前期 金曜2限 理学研究科 化学専攻
化学特別輪講1(椎名) 前期 集中講義 Department of Chemistry
化学特別輪講2(椎名) 前期 集中講義 Department of Chemistry
化学特別演習・実験1(椎名) 後期 集中講義 Department of Chemistry
化学特別演習・実験2(椎名) 後期 集中講義 Department of Chemistry
合成・反応有機化学研究1(椎名) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科 化学専攻
B卒業研究(椎名) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学部第二部 化学科