今堀 龍志

ABOUT TUS

イマホリ タツシ

今堀 龍志准教授

IMAHORI Tatsushi

東京理科大学 工学部 工業化学科

有機合成化学第一研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
imahori@rs.tus.ac.jp
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/imahori_lab/
出身大学
1999年  東北大学  薬学部  卒業
出身大学院
2004年  東北大学  薬学研究科  博士課程 修了
取得学位
東北大学  博士(薬学)  課程
研究経歴 1999-2001 亜鉛アート錯体による選択的芳香環修飾法の開発研究に従事
2001-2004 有機超強塩基を用いる芳香環直接修飾法の開発研究に従事
2004-2006 不斉ルイス酸触媒、不斉ブレンステッド酸触媒の開発研究に従事
2006-2009 イミノ糖を基盤とする糖関連酵素阻害薬の開発研究に従事
2009-2013 機能性分子触媒の開発研究に従事   
2013-現在 動的分子空間制御に基づく触媒反応制御、機能性分子開発に従事
研究職歴 2003-2004 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2004-2005 日本学術振興会 特別研究員(PD)
200404-200603 シカゴ大学 博士研究員 (Prof. Hisashi Yamamoto)
200604-200703 東北薬科大学薬学部 助手
200804-200909 東北薬科大学薬学部 助教
200910-201304 熊本大学大学院先導機構化学分野 特任助教(テニュアトラック助教、独立研究室運営)
201304-201803 東京理科大学工学部第一部工業化学科 講師
201804- 東京理科大学工学部工業化学科 准教授(現職)
研究キーワード 有機合成化学、機能性分子触媒化学
研究分野
有機化学 (有機合成化学、機能性分子科学)
研究課題
刺激応答性分子システムによる化学現象制御
自己集積性柔軟触媒反応空間を基盤とする適応型化学反応制御
刺激応答性触媒の開発
受賞
2019年 10月 25日
2018年度前期「授業改善のためのアンケート」結果に基づく表彰(Best Teacher Award)
2015年 8月
CSJ Journal Selects Vol. 2
2014年 10月 5日
Chemistry Letters Vol.43 No.10 front cover
2014年 3月 26日
第34回薬学研究奨励財団研究助成
2012年 12月
2012 年有機合成化学協会アステラス製薬研究企画賞
2012年 5月
平成 24 年度 有機合成化学協会九州山口支部奨励賞
2005年 4月
上原生命科学財団平成16年度海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ
2003年 12月
平成 15 年度日本薬学会東北支部若手研究者奨励賞
2003年 11月
第 84 回有機合成シンポジウム発表賞
学会活動
2019年 4月 25日 ~ 2020年 3月 31日
日本化学会 日本化学会 第100回春季年会 会場・総務小委員会 委員
2019年 2月 15日 ~ 2020年 2月 14日
公益社団法人有機合成化学協会 事業委員
2018年 2月 15日 ~ 2019年 2月 14日
公益社団法人有機合成化学協会 事業委員
2017年 12月 9日 ~ 2017年 12月 9日
公益社団法人日本化学会 第98春季年会プログラム委員会編成委員
2017年 2月 16日 ~ 2018年 2月 15日
公益財団法人有機合成化学協会 第二分科会委員
2017年 2月 16日 ~ 2018年 2月 15日
公益財団法人有機合成化学協会 事業委員
2014年 7月 18日 ~ 2020年 3月
日本化学会新研究領域研究グループ「精密物質変換のための分子空間化学」 事務局
2011年 4月 1日 ~ 2013年 3月 31日
熊本有機合成化学セミナー 組織委員
2011年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
第47回天然物談話会 世話人
2010年 4月 1日 ~ 2011年 3月 31日
第41回複素環化学討論会 実行委員
客員教授
専攻分野 有機化学、有機合成化学
研究分野 分子触媒、機能性分子、化学反応制御
化学反応は医薬品や身の回りの化成品をつくる重要なツールであると同時に、さまざまな自然現象、生命現象の本質です。化学反応を制御して自在に操る技術は、多くの分野で人類の発展に寄与することができます。本研究室では、生体内で化学反応を操る酵素を参考に、外部刺激によって反応空間を自在に操る分子マシンを設計構築し、それらを触媒として用いることで、化学反応を時間と空間で制御する技術を開発しています。酵素のように化学反応を時空間で操ることで、廃棄物の軽減や資源の有効活用に配慮した環境調和型化学変換の実現と、有機化学による現象制御を基盤とする新しい医薬品や機能性材料の開発を目指しています。
研究テーマ
  1. 化学反応を時空間で制御する分子触媒の開発

  2. 適時適所機能発現を実現する機能性医薬品の開発

  3. 効率的化学変換システム開発