政池 知子

ABOUT TUS

マサイケ トモコ

政池 知子准教授

MASAIKE Tomoko

東京理科大学 理工学部 応用生物科学科

政池知子研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
ホームページURL
出身大学
出身大学院
取得学位
ケンブリッジ大学  修士 (化学)  課程
東京工業大学  修士(理学)  課程
東京工業大学  博士(理学)  課程
研究経歴
研究職歴 201904- 東京理科大学理工学部・応用生物科学科 准教授
202004- 東京理科大学・生命医科学研究所 准教授 (兼任)
性別
生年月
研究キーワード
研究分野
分子生物学 (単一・多分子の時空間測定による生物試料の作動機構解明)
研究課題
受賞
2012年 6月 8日
第5回 資生堂女性研究者サイエンスグラント
2008年 12月 4日
日本生物物理学会 第4回若手奨励賞
学会活動
2020年 9月 16日 ~ 2020年 9月 16日
日本生物物理学会年会 日本生物物理学会第58回年会・学生発表賞審査員
2020年 1月 1日 ~ 2021年 12月 31日
日本生物物理学会 学会誌及び論文誌の編集者
2017年 7月 19日 ~ 2019年 6月 27日
分子モーター討論会 幹事
2017年 5月 1日 ~ 2019年 4月 30日
日本生物物理学会 平成28, 29年度 日本生物物理学会・代議員
2014年 12月 12日 ~ 2021年 12月 20日
日本生体エネルギー研究会 幹事
2014年 1月 1日 ~ 2015年 6月 30日
日本生物物理学会 学会理事等
2012年 1月 1日 ~ 2013年 12月 31日
日本生物物理学会 運営委員
客員教授
専攻分野 ナノバイオサイエンス、生物物理学、生化学
研究分野 1分子観察、ATP加水分解タンパク質の作動機構
肉眼では見えないナノメートルサイズの酵素が働く様子をまるで見てきたかのように明確に理解することが本研究室の目標です。生体内のエネルギー通貨と呼ばれるATPを使って働くタンパク質群に着目し、どの部分が構造変化し、いつ化学反応が起こり、どうやって機能につなげるのかを分子内構造のレベルで解明していきます。分光器による溶液測定等の生化学実験と光学顕微鏡による1分子観察を軸に、遺伝子操作やマイクロデバイスも駆使します。
研究テーマ
  1. モータータンパク質F1-ATPaseの回転を駆動する構造変化の1分子観察

  2. マウス気管繊毛運動による粘液繊毛輸送メカニズムの解明

    哺乳類の気管には無数の繊毛が生えており、それらが協調して運動することにより気管内腔にある粘液の液流を形成し、異物を排出する機能が備わっている。この機能は繊毛の状態や周囲の溶液環境などによって変化する。繊毛運動の変化による液流形成の変化を調べる。

  3. タンパク質の3次元構造変化・機能マッピング

  4. マイクロチャンバーを用いた、少数個タンパク質からのリン酸解離検出