菊池 喜昭

ABOUT TUS

キクチ ヨシアキ

菊池 喜昭教授

KIKUCHI Yoshiaki

東京理科大学 理工学部 土木工学科

菊池研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
ホームページURL
出身大学
1981年  東京大学  工学部  土木工学科  卒業
出身大学院
1983年  東京大学  工学系研究科  土木工学  修士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(工学)  論文
研究経歴
研究職歴 198304-198705 運輸省港湾技術研究所 土質部土性研究室 研究官
198904-199605 運輸省港湾技術研究所 土質部 主任研究官
199605-200101 運輸省港湾技術研究所 土質部基礎工研究室 室長
200101-200103 国土交通省港湾技術研究所 土質部基礎工研究室 室長
200104-200803 独立行政法人港湾空港技術研究所 地盤構造部地盤研究領域基礎工研究チーム チームリーダー
200804-200903 独立行政法人港湾空港技術研究所 地盤構造部地盤研究領域 領域長
200904-201103 独立行政法人港湾空港技術研究所 地盤構造部 部長
201104-201203 独立行政法人港湾空港技術研究所 特別研究官(地盤構造担当)
201204- 東京理科大学 理工学部土木工学科 教授
研究キーワード 地盤工学,土質力学,杭基礎,地盤環境工学
研究分野
地盤工学 (杭基礎,地盤環境,軟弱粘性土,港湾工学)
研究課題
受賞
2016年 3月 12日
2015年優秀論文賞
2012年 6月 14日
技術開発賞
学会活動
2020年 7月 31日 ~ 2021年 4月 30日
地盤工学会 関東支部長
2020年 6月 24日 ~ 2021年 4月 30日
公益社団法人 地盤工学会 関東支部表彰委員会委員長
2020年 6月 12日 ~ 2022年 6月 11日
土木学会 技術推進機構土木技術者資格委員会 委員長
2019年 8月 9日 ~ 2020年 6月 30日
公益社団法人 地盤工学会 地盤設計・施工基準委員会 WG6 杭の鉛直載荷試験基準改訂WG WGリーダー
2017年 6月 8日 ~ 2019年 6月 7日
公益社団法人 地盤工学会 学会副会長
2017年 3月 29日 ~ 2019年 1月 31日
土木学会 土木技術者資格委員会 上級土木技術者資格小委員会 委員長
2016年 12月 9日 ~ 2019年 3月 31日
地盤工学会 南鳥島周辺海域における改定地下空間利用のための調査研究検討委員会 委員長
2016年 4月 1日 ~ 2017年 3月 31日
国際圧入学会 圧入設計・施工指針英語版策定委員会 副委員長
2015年 6月 1日 ~ 2017年 5月 31日
地盤工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2013年 4月 20日 ~ 2016年 3月 31日
地盤工学会 関東支部 副支部長
2011年 9月 14日 ~ 2014年 3月 31日
地盤工学会 地盤構造物耐津波化研究委員会 委員長
2011年 6月 1日 ~ 2015年 5月 31日
地盤工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2011年 6月 1日 ~ 2013年 5月 31日
土木学会 調査研究部門 地盤工学委員会 委員長
2010年 5月 27日 ~ 2012年 6月 13日
地盤工学会 代議員
2010年 4月 20日 ~ 2013年 3月 31日
地盤工学会 関東支部 幹事長
客員教授
2014年 5月 1日 ~ 2015年 3月 31日
国立大学法人熊本大学
2011年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
国立大学法人熊本大学大学院
2012年 4月 1日 ~ 2013年 3月 31日
国立大学法人熊本大学大学院
専攻分野 地盤工学、地盤環境工学
研究分野 軟弱地盤対策、杭基礎、新しい地盤材料の開発
地盤はすべての構造物を支えています。人類は知恵と経験でさまざまな構造物を大地の上に造ってきました。しかし、構造物を造るにあたっての社会の要求は時代とともに変化するため、地盤工学に関わる技術も社会の要請に応じて進歩していく必要があります。そこで、軟弱地盤上に経済的かつ合理的に構造物を造るための研究をしています。また、持続可能な人類の活動を支えるための地盤環境に関わる研究も実施しています。
研究テーマ
  1. 軟弱地盤改良工法に関する研究

  2. 杭の支持力機構に関する研究

  3. 産業副産物の地盤工学的再利用に関する研究