和田 直之

ABOUT TUS

ワダ ナオユキ

和田 直之教授

WADA Naoyuki

東京理科大学 理工学部 応用生物科学科

和田研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
nwada@rs.tus.ac.jp
ホームページURL
出身大学
1989年  東北大学  理学部  生物学科  卒業
出身大学院
1994年  東北大学  理学研究科  生物学専攻  博士課程 修了
取得学位
東北大学  博士(理学)  課程
研究経歴 1994-2002 脊椎動物四肢パターン形成機構の解析
2003- 上記に加え,脊椎動物顎顔面の形態形成機構の解析
研究職歴 1994-1997 早稲田大学人間科学部 助手
1997-2010 川崎医科大学医学部 助手/助教
2003-2005 University of California Irvine 研究員
2010- 東京理科大学 准教授
研究キーワード 発生生物学
研究分野
発生生物学 (四肢発生,顔面発生,細胞間認識)
研究課題
頭顔面の発生と再生,四肢発生と再生
受賞
学会活動
客員教授
専攻分野 発生生物学
研究分野 頭顔面や手足の形成・再生
脊椎動物の「骨格の形」は実に様々です。これは骨格を作る細胞群の挙動(移動や接着、増殖、分化など)が、発生の時期や場所に応じて変化するためです。同じようなしくみは、器官が再生される過程でも働くと考えられています。本研究室では、骨格の発生や再生過程で細胞の挙動を調節するしくみについて、遺伝子から組織に至る多面的な視点から解析しています。このような研究により、多様な形ができる仕組みを理解でき、さらに先天性形態異常の原因解明や、骨格の再生を促す知見が得られると考えています。
研究テーマ
  1. 頭部や顔面の形態形成

  2. 手足の形成と細胞・組織間相互作用

  3. ゼブラフィッシュの硬組織再生