松田 学則

ABOUT TUS

マツダ タカノリ

松田 学則教授

MATSUDA Takanori

東京理科大学 理学部第一部 応用化学科

松田研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
matta@rs.kagu.tus.ac.jp
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/mtd/
出身大学
1997年  京都大学  工学部  工業化学科  卒業
出身大学院
2002年  京都大学  工学研究科  合成・生物化学専攻  博士課程 修了
取得学位
京都大学  博士(工学)  課程
研究経歴
研究職歴 1999-2002 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2002-2007 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 助手
2002- 科学技術振興事業団 さきがけ研究21「合成と制御」 博士研究員
2007-2008 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 助教
2008-2014 東京理科大学理学部第一部応用化学科 講師
2014- 東京理科大学理学部第一部応用化学科 准教授
性別
生年月
研究キーワード
研究分野
有機化学 (有機合成)
合成化学 (有機金属化学)
研究課題
受賞
2008年 3月
第22回若い世代の特別講演会
2007年 8月
OMCOS Poster Prize in Organometallic Chemistry
2005年 12月
エーザイ 研究企画賞
学会活動
客員教授
専攻分野 有機金属化学/合成化学
研究分野 遷移金属触媒反応/有機材料化学
有機合成化学は、入手容易な小分子から様々な機能・物性を持つ高付加価値分子を作り出す手法を開発する研究分野です。私たちの暮らしを豊かにしてくれる物質の多くは、有機合成化学の進歩によってもたらされています。また、現代社会において見過ごすことのできない環境・資源・エネルギー問題の解決にも、有機合成化学の果たすべき役割はますます増大すると考えられます。本研究室では、ライフサイエンスからマテリアルサイエンスまで幅広い分野を対象として、有機合成化学に関する様々な課題に取り組んでいます。特に、有機金属化学の立場から新反応の開発、有用物質の創製を目指して研究を展開しています。
研究テーマ
  1. 遷移金属錯体を触媒として用いる有機合成反応の開発

  2. 元素の特性を活かした反応の開発および機能性物質の合成

  3. 不活性結合の活性化に基づく環境調和型分子変換プロセスの開拓