川村 康文

ABOUT TUS

カワムラ ヤスフミ

川村 康文教授

KAWAMURA Yasufumi

東京理科大学 理学部第一部 物理学科

川村研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
kawamura@rs.tus.ac.jp
ホームページURL http://www2.hamajima.co.jp/~elegance/kawamura
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~elegance/
出身大学
1983年  京都教育大学  教育学部  特修理学科  卒業
出身大学院
2003年  京都大学  エネルギー科学研究科  博士課程 修了
取得学位
京都大学  博士(エネルギー科学)  課程
京都教育大学  修士  課程
龍谷大学  博士前期(社会学)  課程
研究経歴
研究職歴 - 京都教育大学附属高校 理科(物理)教諭
- 信州大学教育学部(理科教育) 助教授
2006- 東京理科大学理学部第一部 助教授
2007- 東京理科大学理学部第一部 准教授
2008- 現職
研究キーワード 科学教育・エネルギー環境教育・サイエンス・コミュニケーション
研究分野
マルチメディア・データベース (マルチメディア情報,WWW)
科学教育 (たのしい理科実験・サイエンスショー)
教育工学 (イー・ラーンニング)
教科教育学 (理科の教育)
エネルギー学 (色素増感太陽電池,サボニウス型風車風力発電)
研究課題
自然エネルギー(色素増感太陽電池,サボニウス型風車風力発電),物理教育,理科教育,エネルギー環境教育
受賞
2011年 6月 22日
独立行政法人大学入試センター 感謝状
2009年 3月 18日
第40回(平成20年度)東レ理科教育賞佳作
2008年 4月 15日
文部科学省 科学技術賞(理解増進部門)
2001年 3月
第49回全日本教職員発明展特別賞(入選)
2000年 6月
2000年アースディ・イベント 奨励賞
2000年 6月
第2回ひょうごエコグッズ大賞 優秀賞
2000年 4月
第4回サイエンス展示・実験ショー アイデアコンテスト奨励賞
1999年 3月
第47回全日本教職員発明展特別賞(内閣総理大臣賞)
1998年 3月
第46回全日本教職員発明展特別賞(弁理士会長賞)
1996年 5月
平成7年度全国教職員発明考案審査員特別賞
学会活動
2017年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本物理学会 日本物理学会年次大会実行委員会委員
2016年 1月 1日 ~ 2022年 12月 31日
応用物理学会応用物理教育分科会 学会員
2014年 7月 1日 ~ 2018年 6月 30日
日本科学教育学会 代議員
2013年 4月 ~ 2015年 3月 31日
日本風力エネルギー学会 学会員
2012年 7月 1日 ~ 2014年 6月 30日
日本科学教育学会  日本科学教育学会年会企画委員 
2012年 5月 1日 ~ 2014年 3月 31日
NPO法人サイエンスEネット 理事長
2010年 4月 ~ 2019年 3月 31日
日本エネルギー学会 学会員
2008年 7月 1日 ~ 2010年 6月 30日
日本科学教育学会 学会誌及び論文誌の編集者
2008年 5月 1日 ~ 2010年 4月 30日
NPO法人コテクみらい研究所 理事長
2007年 10月 ~ 2022年 12月 31日
日本物理学会 学会員
2007年 5月 1日 ~ 2010年 4月 30日
NPO法人サイエンスEネット 理事長
2006年 9月 ~ 2022年 3月 31日
エネルギー環境教育学会 学会員
2006年 7月 1日 ~ 2008年 6月 30日
日本科学教育学会 日本科学教育学会年会企画委員会委員
2006年 7月 1日 ~ 2008年 6月 30日
日本科学教育学会 年会企画委員会委員
2005年 11月 26日 ~ 2006年 6月 30日
日本科学教育学会 年会企画委員会 年会企画委員
2005年 11月 ~ 2006年 8月
日本科学教育学会第30回年会  日本科学教育学会第30回年会  委員 
2002年 8月 ~ 2002年 11月
関西テクノアイデアコンテスト02 審査委員
1999年 4月 ~ 2003年 3月
日本物理教育学会  近畿支部理事
1999年 2月 ~ 1999年 2月
日本理科教育学会近畿支部大会 京都大会運営実行委員
1998年 11月 ~ 1998年 11月
日本物理教育学会近畿支部 物理教育研究集会実行委員
1998年 10月 ~ 2002年 3月
エネルギー環境教育研究フォーラム 地域ブロックリーダー(関西ブロック)
1998年 9月 ~ 1998年 9月
日本物理教育学会近畿支部 物理教育を考える会 PartⅡ 実行委員
1998年 4月 ~ 2003年 3月
日本物理教育学会近畿支部年報及び物理教育近畿支部特集 学会誌及び論文誌の編集者
1997年 12月 10日 ~ 2007年 4月 30日
サイエンスEネット 代表
1997年 4月 ~ 2002年 3月
京都教育大学教育学部附属環境教育実践センター・環境教育研究年報 学会誌及び論文誌の編集者
1996年 11月 ~ 2022年 3月 31日
日本物理教育学会 学会員
1996年 6月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本科学教育学会 学会員
1993年 10月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本理科教育学会 学会員
1988年 10月 ~ 1988年 10月
全国附属学校研究発表大会 運営実行委員
1986年 10月 ~ 1986年 10月
日本理科教育学会 近畿支部大会京都大会運営実行委員
客員教授
専攻分野 物理教育、サイエンス・コミュニケーション、自然エネルギー
研究分野 物理教育、自然エネルギー
本研究室では、物理学実験を中心に物理学の分野におけるサイエンス・コミュニケーションの研究と自然エネルギーの研究を行っています。サイエンス・コミュニケーションの研究では、物理教育の実践および科学分野の啓発活動の研究として、新聞や雑誌におけるサイエンスライターの養成研究や科学番組制作の実践的研究を行っています。自然エネルギーの研究では、色素増感太陽電池、サボニウス型風車風力発電機、自転車発電機、圧電発電機などを基本に物理学実験の研究を行っています。
研究テーマ
  1. 高校物理実験教材の開発研究

  2. サイエンス・コミュニケーション

    いま学校では、物理はわかっているのに物理を教えられない先生や、理科はわかっているのに理科を教えられない先生が増えているといわれています。多くの場合、物理や理科の伝え方のトレーニングが不足してるといえます。川村研究室では、科学的なトレーニングを行うことにより、サイエンス・コミュニケーション能力を高め、物理や理科を楽しく教えられる先生になってもらったり、科学を楽しく伝えられるサイエンス・コミュニケーターになって頂けるよう、実践研究を行っています。

  3. 自然エネルギー・サボニウス型風車風力発電機の開発研究・色素増感太陽電池実験教材の開発研究