堂脇 清志

ABOUT TUS

ドウワキ キヨシ

堂脇 清志教授

DOWAKI Kiyoshi

東京理科大学 理工学部 経営工学科

堂脇研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:3835/3815
TEL : 04-7124-1501 (直通)
FAX : 04-7124-4566
dowaki@rs.tus.ac.jp
ホームページURL http://www.rs.noda.tus.ac.jp/dowaki/
http://www.rs.noda.tus.ac.jp/dowaki/english/index.html
出身大学
1992年  早稲田大学  理工学部  資源工学科  卒業
出身大学院
2001年  東京大学  工学系研究科  地球システム工学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(工学)  課程
研究経歴 1998-1999 産業連関表によるLCAについての研究に従事 2001-2004 バイオマスガス化による技術、LCA、コスト分析についての研究に従事 2004-2005 バイオカーボン燃料電池の開発に従事 2005-2006 地球温暖化のモデル分析の研究に従事 2006-   バイオマスガス化による燃料化、燃料電池CGSの研究開発,システム評価(事業性,LCA評価等)ならびに地球温暖化防止のモデルに関する研究に従事
研究職歴 1994-1996 新エネルギー産業技術総合開発機構 職員
1996-2001 株式会社日本計画機構(現 株式会社ジャパンブルーエナジー) 嘱託研究員
1998-1999 慶応義塾大学産業研究所 研究員
2001-2004 東京理科大学理工学部 助手
2004-2005 ハワイ大学 客員研究員
2005-2006 財団法人 地球環境産業技術研究機構 主任研究員
2006-2009 東京理科大学理工学部 講師
2009-2012 東京理科大学理工学部 准教授
2009-2013 株式会社日本計画機構(現 株式会社ジャパンブルーエナジー) 社外取締役
2010-2012 独立行政法人産業技術総合研究所 客員研究員
2012- 東京理科大学理工学部 教授
研究キーワード バイオマスエネルギー,燃料電池システム,水素エネルギー,LCA,コスト評価,アグリビジネス(食とエコ)
研究分野
環境材料・リサイクル (グリーン調達(CFP,WFP),農業・工業製品のLCA)
反応工学・プロセスシステム (バイオ水素製造システム,燃料電池システム(含むガス精製技術))
エネルギー学 (ライフサイクル工学,エネルギーシステム・デザイン評価)
研究課題
バイオ水素の技術開発・事業性評価,燃料電池コージェネレーション,LCA
受賞
2018年 1月 18日
第13回バイオマス科学会議ポスター賞
2012年 7月 5日
ベスト論文賞 (The 3rd ICTOM 2012)
2010年 11月 12日
シルバーポスター賞(EcoBalance2010)
学会活動
2011年 6月 28日 ~ 2012年 5月 31日
日本LCA学会 第7回日本LCA学会 実行委員(副実行委員長)
2011年 6月 28日 ~ 2013年 3月 31日
日本LCA学会 第10回エコバランス国際会議 実行委員会委員
2010年 4月 6日 ~ 2011年 3月 31日
日本LCA学会 第9回エコバランス国際会議 実行委員会委員
2001年 4月 ~ 2002年 3月
電気学会 電気学会メタボリズム社会・環境システム技術委員
客員教授
専攻分野 環境エネルギーシステム工学(エネルギー学)、化学工学、LCA
研究分野 エネルギー システム・プラントのプロセス設計、農工・食システムの設計、システム評価等
再生可能エネルギーの利用技術・システムについて、他分野との連携によるバリュー創出を目的に実験的検証とLCA等による環境指標を利用した研究を進めています。特に、原料から製品の市場への投入までの環境を考慮したシステム設計や固有技術の開発を行っています。近年では、他分野との連携により燃料電池を利用した物流向けドローンの開発等も行い、その効果を評価するための環境統合指標も含め産学国際連携を推進しています。その他、農業分野とも連携し、地球にやさしいシステム作りに関する研究も行っています。
研究テーマ
  1. 水素社会を目指したバイオマス水素製造システムとその利用技術導入に関する研究

  2. 農工連携による新たな農業システムの構築

  3. 環境対策と健康要因を考慮した環境統合指標の開発など