酒井 秀樹

ABOUT TUS

サカイ ヒデキ

酒井 秀樹教授

SAKAI Hideki

東京理科大学 理工学部 先端化学科

酒井研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
hisakai@rs.noda.tus.ac.jp
ホームページURL https://www.rs.tus.ac.jp/sakaisakailab/index.html
http://www.tus-dcis.jp
https://rist.tus.ac.jp/en-introduction/en-division/division-of-colloid-and-interface-science-2/
出身大学
1990年  東京大学  工学部  応用化学科  卒業
出身大学院
1995年  東京大学  工学研究科  応用化学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(工学)  課程
研究経歴 1995-現在 光電気化学、応用界面化学の研究に従事
研究職歴 1995-1999 東京理科大学理工学部 助手
1998-1999 デラウエア大学 博士研究員
2000-2003 東京理科大学理工学部 講師
2003-2012 東京理科大学理工学部 助教授・准教授
201204- 東京理科大学理工学部 教授
201804- 東京理科大学総合研究院 界面科学研究部門 部門長
研究キーワード 応用界面化学、界面光電気化学、
研究分野
ナノ構造化学 (ナノポーラス材料、中空粒子、コア/シェル粒子、ナノシート)
ナノ材料化学 (ドラッグデリバリーシステム、リポソーム、膜透過ペプチド)
物理化学 (表面物性、界面物性、溶液物性、相図)
機能物性化学 (界面活性剤、自己組織化、エマルション、ナノ粒子)
有機・ハイブリッド材料 (界面活性剤、エマルション、表面処理)
研究課題
高機能性界面活性剤の開発 界面活性剤が形成する分子集合体を利用した新規機能開拓(エマルション・ベシクル・液晶) 界面化学的手法を用いたナノ形態制御機能性材料(チタニア・シリカ・生体機能材料など)の創製
受賞
2020年 6月 4日
アメリカ化学会Langmuir誌の掲載論文が Cover Article に選定
2019年 9月 25日
オレオサイエンス賞
2019年 5月 14日
日本化粧品技術社会 第20回最優秀論文賞
2010年 2月 18日
油脂技術優秀論文賞
2006年 5月 22日
粉体粉末冶金協会 研究進歩賞
2004年 9月
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会奨励賞
2004年 3月
日本油化学会 進歩賞
2002年 4月 3日
75th Anniversary Conference of Japanese Society of Colour Material, CSIメダリオン
2001年 7月 3日
平成13年度色材協会賞 論文賞
2000年 11月 7日
International Conference on Colloid and Surface Science,Best Poster Award
2000年 10月 5日
平成12年度油化学会エディター賞
学会活動
2021年 3月 1日 ~ 2022年 2月 28日
材料技術研究協会 学会理事等
2021年 3月 1日 ~ 2023年 2月 28日
材料技術研究協会 学会副会長
2020年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
色材協会 学会副会長
2019年 10月 1日 ~ 2021年 9月 30日
Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspect 学会誌及び論文誌の編集者
2019年 4月 1日 ~ 2019年 12月 31日
色材協会 2019年色材研究発表会副実行委員長
2019年 3月 1日 ~ 2023年 2月 28日
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会  学会副会長
2019年 1月 1日 ~ 2019年 12月 31日
日本化学会コロイドおよび界面化学部会 国際会議(Okinawa Colloids 2019)副実行委員長
2018年 1月 ~ 2021年 12月
American Chemical Society, Langmuir誌 学会誌及び論文誌の編集者
2017年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
材料技術研究協会 学会理事等
2015年 6月 1日 ~ 2017年 5月 31日
日本油化学会 オレオサイエンス誌編集委員長
2015年 6月 1日 ~ 2017年 5月 31日
日本油化学会 学会理事等
2015年 4月 1日 ~ 2018年 10月 31日
日本化学会 CSJ化学フェスタ実行委員
2013年 1月 1日 ~ 2013年 10月 25日
色材協会85周年記念会議 実行副委員長 85周年記念会議 実行副委員長
2012年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
色材協会 理事 学会理事等
2012年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会ニュースレター編集委員長 学会誌及び論文誌の編集者
2011年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 役員 学会理事等
2011年 4月 1日 ~ 2011年 10月 31日
日本油化学会 フレッシュマンサミット東京2011 実行委員長 フレッシュマンサミット東京2011 実行委員長
2010年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
日本化学会 コロイドおよび界面化学部門 ニュースレター副編集委員長 学会誌及び論文誌の編集者
2006年 9月 1日 ~ 2007年 12月 31日
色材協会 80周年国際会議事務局長 80周年国際会議事務局長
2006年 4月 1日 ~ 2007年 3月 31日
日本化学会 代議員 代議員
2005年 4月 1日 ~ 2005年 10月 30日
日本油化学会 第45回年会実行委員 事務局長 日本油化学会 第45回年会実行委員 事務局長
2003年 4月 1日 ~ 2010年 3月 31日
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 事業企画委員 事業企画委員
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
色材協会 編集委員 編集委員
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
電気化学会 編集委員 編集委員
2001年 9月 ~ 2005年 3月
日本化学会コロイドおよび界面化学部会 編集委員 編集委員
1997年 4月 1日 ~ 2016年 3月 31日
材料技術研究協会 編集委員 学会誌及び論文誌の編集者
客員教授
2008年 10月 1日 ~ 2009年 3月 31日
国立大学法人 奈良女子大学
2017年 10月 1日 ~ 2018年 3月 31日
九州大学
専攻分野 応用界面化学
研究分野 コロイドおよび界面化学、光機能界面
身の回りのものから工業製品に至るすべての物質には、必ず界面が存在します。そして、界面を精密に制御することにより、新規物質を創製したり、新たな付加価値を付与することが可能になります。本研究室では、界面で発生するさまざまな現象を物理化学的観点から解明し、さらに応用することを目的としています。具体的には、金属や金属酸化物などの固体、さらには油などの液体のナノ粒子の調製、およびその界面化学物性・光物性について検討を行っています。われわれの研究成果は、化学工業をはじめとして、医薬品・食料品・化粧品・印刷・光触媒などさまざまな分野に応用されています。
研究テーマ
  1. 新規界面活性剤(生体内分解性、超臨界流体用、刺激応答性など)の合成と物性

  2. 界面活性剤が形成する機能性分子集合体(ミセル・エマルション・リポソーム)の物性評価と機能向上

  3. 界面を利用した機能性物質(金属ナノ粒子、ナノポーラス材料など)の創製

  4. 界面光電気化学(機能性光触媒、界面物性の電気・光による制御)