大和田 勇人

ABOUT TUS

オオワダ ハヤト

大和田 勇人教授

OHWADA Hayato

東京理科大学 理工学部 経営工学科

大和田研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:3825
ohwada@rs.tus.ac.jp
ホームページURL
出身大学
1983年  東京理科大学  理工学部  経営工学科  卒業
出身大学院
1988年  東京理科大学  理工学研究科  経営工学  博士課程 修了
取得学位
東京理科大学  工学博士  課程
研究経歴 1988-1990 定性推論、並列プログラミングの研究。
1990-1995 制約論理プログラミング、意思決定システムの研究。
1995-  帰納論理プログラミングの研究
2000- Webデータマイニングの研究
研究職歴 1988- 東京理科大学理工学部経営工学科 助手
1999- 東京理科大学理工学部経営工学科 専任講師
2001- 東京理科大学理工学部経営工学科 助教授
2005- 東京理科大学理工学部経営工学科 教授
性別
生年月
研究キーワード 人工知能
研究分野
知能情報学 (帰納論理プログラミング、Webマイニング)
研究課題
スケーラブルで高性能な帰納論理プログラミングシステムの開発
受賞
2014年 3月 26日
Best Paper Award
2013年 3月 7日
情報処理学会全国大会学生奨励賞
2012年 3月 27日
Best Session Paper for ICT and Application
2012年 3月 8日
情報処理学会全国大会学生奨励賞
1996年
情報処理学会全国大会第52回大会優秀賞
1996年
情報処理学会全国大会優秀賞
学会活動
2016年 8月 22日 ~ 2016年 8月 23日
14th Pacific Rim Knowledge Acquisition Workshop 大会プログラム委員長
2016年 6月 17日 ~ 2016年 6月 19日
6th International Workshop on Computer Science and Engineering 大会委員長
2015年 8月 20日 ~ 2015年 8月 22日
25th International Conference on Inductive Logic Programming 大会プログラム委員長
2014年 1月 10日 ~ 2014年 1月 12日
6th International Conference on Machine Learning and Computing プログラム委員
2013年 7月 13日 ~ 2015年 6月 30日
日本経営工学会 東関東支部長
2013年 3月 19日 ~ 2013年 3月 22日
The 4th International Multi-Conference on Complexity, Informatics and Cybernetics プログラム委員
2012年 9月 3日 ~ 2012年 9月 7日
Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence プログラム委員
2012年 6月 1日 ~ 2013年 5月 31日
人工知能学会 全国大会プログラム委員長
2011年 4月 1日 ~ 2012年 5月 31日
人工知能学会 全国大会プログラム副委員長
2011年 4月 1日 ~ 2013年 5月 31日
人工知能学会 学会理事等
2010年 4月 1日 ~ 2011年 3月 1日
日本ソフトウェア科学会 学会理事等
2009年 4月 1日 ~ 2010年 3月 1日
日本ソフトウェア科学会 学会理事等
2008年 4月 1日 ~ 2009年 3月 1日
日本ソフトウェア科学会 学会理事等
2007年 4月 1日 ~ 2008年 3月 31日
日本ソフトウェア科学会 学会理事等
2004年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
人工知能学会 評議員
2003年 4月 1日 ~ 2004年 3月 31日
人工知能学会 評議員
2002年 4月
人工知能学会 評議員
客員教授
専攻分野 計算機科学・情報工学
研究分野 データマイニング、機械学習
ビッグデータからの規則性発見、知識抽出を行い、その結果を戦略的に活用していく方法論を研究しています。具体的には、生命・医療系のデータマイニング、クラウド型Webアプリのログからの消費者行動モデル生成など、特定分野の専門家や企業と連携して迅速かつ合理的に分析結果を引き出すアナリティクス工学を経営工学的視点から実践していきます。グローバル情報化の時代にマッチした学生を輩出すべく研究を指導します。
研究テーマ
  1. 機械学習による顧客離反可能性の予測とマーケティングへの応用

  2. データマイニングによる創薬支援・植物免疫活性に関わる規則性発見の研究

  3. オープンソースに基づくアナリティクスソフトウェアの開発