向後 保雄

ABOUT TUS

コウゴ ヤスオ

向後 保雄副学長

KOGO Yasuo

東京理科大学

向後研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
ホームページURL http://www.rs.noda.tus.ac.jp/~kogo/
出身大学
1982年  東京工業大学  工学部  金属工学科  卒業
出身大学院
1984年  東京工業大学  総合理工学研究科  材料科学専攻  修士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(工学)  論文
研究経歴
研究職歴 1984-1992 三菱電機(株)材料研究所
1992-1996 宇宙科学研究所 助手
1996-1997 宇宙科学研究所 助教授
1997-2004 東京理科大学 助教授
200404- 東京理科大学 教授
研究キーワード 複合材料, 機械材料, ナノマテリアル
研究分野
複合材料・表界面工学 (複合材料、強度、靭性、破壊、インデンテーション、FIB-CVD、DLC)
研究課題
セラミックス基複合材料の力学特性に関する研究
受賞
2006年 7月 27日
日本機械学会 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰(優秀講演論文賞)
1999年 4月 27日
林賞
1997年 7月 23日
優秀講演論文賞
学会活動
2011年 1月 7日 ~ 2011年 3月 31日
日本複合材料学会 学会賞委員会委員
2010年 5月 1日 ~ 2012年 4月 30日
日本複合材料学会 学会誌及び論文誌の編集者
2008年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
日本複合材料学会 学会理事等
2003年 5月 1日 ~ 2005年 4月 30日
日本複合材料学会 学会誌編集委員会 委員長
2003年 5月 1日 ~ 2006年 4月 30日
日本複合材科学会 学会理事等
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
日本複合材料学会 ACM編集委員会 委員
2003年 3月 1日 ~ 2005年 2月 28日
日本金属学会 第5分科会委員
2000年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
日本学術振興会 第133委員会 委員会幹事
1995年 5月 1日 ~ 2003年 4月 30日
日本複合材料学会 学会誌及び論文誌の編集者
客員教授
グループ ナノテク・材料
研究・技術キーワード 複合材料、強度、靭性、破壊、熱応力、インデンテーション、応力解析
研究・技術テーマ
  • 複合材料のプロセス・力学特性評価・航空宇宙応用
  • 宇宙構造用耐熱複合材料の開発
  • 脆性材料の力学特性・強度特性・応力解析
  • 熱電変換材料の熱・力学特性評価
  • 熱電変換デバイスの構造設計・信頼性評価
研究・技術内容 対象とする材料は、宇宙構造物から熱電変換材料まで極めて多岐にわたるが、材料のプロセスを実際に行っており、そこで作製された材料の特性評価を実施するとともに、実構造への応用についても検討している。このため、プロセスから応用まで幅広い分野をカバーする。
産業への利用 複合材料関連はすでに実用化されている材料である。その高性能化を目指している。新規の耐熱構造用複合材料についても研究を行っている。また、エネルギー分野としては、熱電変換材料の力学特性並びにそのデータに基づくデバイス設計に取り組んでいる。熱電変換デバイスは近い将来に実用化することを目指している。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導、国際的な産学連携への対応
具体的な産学連携形態内容 ・機械材料の変形、破壊など機械的特性関連項目、・複合材料のプロセス関連項目
その他所属研究機関 未利用熱エネルギー変換研究部門
所属研究室 向後研究室
所有研究装置 ナノインデンター、小型引張試験機、内部摩擦測定装置、熱重量分析装置、超音波装置、三次元形状測定装置、有限要素法解析装置、ボクセル解析装置、電気炉(雰囲気・真空)、ホットプレス、加工装置
SDGs
専攻分野 機械システム材料工学
研究分野 航空宇宙用複合材料、エネルギー用複合材料
すべての構造を作るには材料が必要です。材料の作り方や、その材料が持つ機械的特性を把握して初めて構造を設計・製作することが可能になります。これは機械構造体に限ったことではなく、機能性が重要となるデバイスでも同様です。本研究室では、極限環境で用いられる宇宙用構造体や、エネルギー関連デバイスである熱電発電デバイスへの応用を目指して、主に複合材料について研究しています。ここでは熱・機械的性質の観点から、高性能な材料の成形プロセス開発、その材料の特性評価、また、その特性を発現するメカニズムについて研究しています。
研究テーマ
  1. 宇宙構造用耐熱複合材料の成形プロセスと熱・力学特性評価

  2. 熱電変換デバイス用複合材料の高靭性・高強度化

  3. 熱電変換デバイスの信頼性評価

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
マテリアル工学実験2 前期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
マテリアル工学実験2 後期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
材料のプロセスと機能2材料のプロセスと機能2 後期 水曜2限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Faculty of Advanced Engineering
Department of Materials Science and Technology
材料のプロセスと機能1材料のプロセスと機能1 前期 水曜2限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Faculty of Advanced Engineering
Department of Materials Science and Technology
材料のプロセスと機能3 後期 水曜3限 水曜4限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Faculty of Advanced Engineering
Department of Materials Science and Technology
卒業研究 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
先進工学部 マテリアル創成工学科
文献講読 前期 集中講義 先進工学部 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
キャリアのためのマテリアル工学論 前期 木曜4限 マテリアル創成工学科
マテリアル工学特別講義2 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Graduate School of Industrial Science and Technology
Department of Materials Science and Technology
マテリアル工学特別演習1A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology
マテリアル工学特別演習1B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Material Science and Technology
マテリアル工学特別演習2A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology
マテリアル工学特別演習2B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Material Science and Technology
マテリアル工学特別実験1A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology
マテリアル工学特別実験1B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology
マテリアル工学特別実験2A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology
マテリアル工学特別実験2B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology