教員紹介

ABOUT TUS

シノザキ トモヒロ

篠崎 智大講師

SHINOZAKI Tomohiro

東京理科大学 工学部 情報工学科

篠崎研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
ホームページURL https://scholar.google.co.jp/citations?hl=ja&user=PB7eqhAAAAAJ
出身大学
2009年  東京大学  医学部  健康科学・看護学科  卒業
出身大学院
東京大学  医学系研究科  健康科学・看護学専攻  博士課程 中退
取得学位
東京大学  公衆衛生学修士(専門職)  課程
東京大学  博士(保健学)  論文
研究経歴
研究職歴 201205-201210 東京大学 大学院情報学環・学際情報学府 助教
201211-201903 東京大学 大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 生物統計学分野 助教
201904- 東京理科大学 工学部情報工学科 講師
性別
生年月
研究キーワード 生物統計学、因果推論、疫学
研究分野
統計科学 (医療統計学、統計的因果推論)
疫学・予防医学 (疫学方法論)
研究課題
受賞
2019年 1月 31日
Journal of Epidemiology 優秀査読者賞
学会活動
2021年 1月 1日 ~ 2022年 12月 31日
日本計量生物学会 学会誌及び論文誌の編集者
2019年 1月 1日 ~ 2022年 12月 31日
日本計量生物学会 評議員
客員教授
専攻分野 医療統計学
研究分野 統計的因果推論、疫学理論、臨床試験の統計解析
新薬の開発や、現状で最適な病気の治療法(標準治療)の確立には実験室の研究だけでなく、人を対象とした「臨床試験」や「疫学研究」を行うことが不可欠です。しかし、現実世界を反映した医療・健康データは複雑そのもの。医療統計学は、医学・健康科学・薬剤開発研究を支えるデータ収集とデータ解析の方法論に取り組み、その実装を通して医療の進歩に寄与する分野です。

2020年度 卒業論文
1. 変量効果メタアナリシスにおけるモデル誤特定下での予測区間の被覆確率の評価(飯塚洸太)
2. 1:k傾向スコアマッチングに対応したmatching weightの性能評価(板橋秀晃)
3. 脱落を考慮したIPCW法によるトホグリフロジン投与初期の体重変動と中期的な脱水リスク関連の検討(奥村旭)
4. 生存時間データに対するIDI推定量の推定方法の比較とバイアスの定量化(桐原巧)
5. 整形外科手術部位感染データベースにおける術後医療関連感染症のリスク予測モデルの構築と検証(後藤広夢)
6. プロ野球における守備能力を測る指標の提案(永根秀祐)
7. 初期臨床研修医における労働時間と基本的臨床能力評価試験スコアの関連(蜂須賀千智)
8. 様々なbalancing weightsによる共変量バランスの評価指標とバイアスとの関連(堀江悠生)
9. 傾向スコア重み付け解析における共変量欠測データ解析法の比較(森勇仁)

2019年度 卒業論文
1. 在宅診療が不要不急な救急搬送を抑制する可能性の検討(市川卓弥)
2. 新型タバコに関するインターネット調査における回答の整合性と傾向の経時的検討(大橋優)
3. 大学病院と市中病院における初期研修医の基本的臨床能力評価試験スコアの比較(野澤慶悟)[Published as: Nishizaki, Y., Nozawa, K., Shinozaki, T., et al. (2021). BMC Med Educ, 21, Article 214]
4. 少数イベントデータに対する効果推定手法の比較(橋部創太郎)
5. 日本プロ野球界における先発投手の投げすぎの定量化(山崎滉貴)
研究テーマ
    -