貞清 正彰

ABOUT TUS

サダキヨ マサアキ

貞清 正彰講師

SADAKIYO Masaaki

東京理科大学 理学部第一部 応用化学科

貞清研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
sadakiyo@rs.tus.ac.jp
ホームページURL https://www.rs.tus.ac.jp/sadakiyo/
出身大学
2007年  九州大学  理学部  化学科  卒業
出身大学院
2012年  京都大学  大学院理学研究科  化学専攻  博士課程 修了
取得学位
京都大学  博士(理学)  課程
研究経歴
研究職歴 200904-201203 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
201204-201903 九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 助教
201904- 東京理科大学 理学部第一部応用化学科 講師
研究キーワード 固体化学
研究分野
無機化学 (配位高分子)
研究課題
受賞
2021年 9月 14日
令和3年度錯体化学会 研究奨励賞
2020年 4月 14日
令和2年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞
2015年 2月 4日
第31回井上研究奨励賞
2011年 10月 14日
錯体化学会第61回討論会 学生講演賞
2010年 4月 14日
日本化学会第90春季年会 学生講演賞
2009年 3月 24日
九州大学理学府 学生表彰
学会活動
客員教授
専攻分野 無機化学、固体化学
研究分野 多孔質材料、イオニクス材料、物質変換材料
ナノスケールの小さな細孔(空間)を有する多孔性固体を用いて、次世代のエネルギー・物質循環型社会に資する新たな機能性材料の開発に取り組んでいます。ナノ空間を有する多孔性固体は、様々な物質の分離・貯蔵・反応など、化学分野において重要な役割を担う材料です。当研究室では、固体中のナノ空間をデザインし、物質・イオン・電子の動きを自在に制御する技術を開発することにより、新しい機能性材料の開拓を行っています。燃料電池・二次電池材料への応用を指向した新規な超イオン伝導体の開発や、電気エネルギーを用いて選択的に目的の化合物を生み出す電解合成触媒に関する研究を展開しています。
研究テーマ
    -