教員紹介

ABOUT TUS

ヒガシ キヨウヘイ

東 恭平講師

HIGASHI Kyohei

東京理科大学 薬学部 薬学科

東研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:6563
higase@rs.tus.ac.jp
ホームページURL
出身大学
2001年  昭和薬科大学  薬学部  卒業
出身大学院
2006年  千葉大学  大学院薬学研究院  先進医療科学専攻  博士課程 修了
取得学位
千葉大学  博士 (医薬学)  課程
研究経歴 2006-現在 細胞増殖促進因子ポリアミンの生理的意義に関する研究に従事
2008-現在 脳梗塞急性期における炎症増悪機構および脳梗塞バイオマーカーに関する研究に従事
2010-現在 酸性糖鎖グリコサミノグリカンの構造解析に関する研究に従事
研究職歴 200604-200803 千葉大学 大学院薬学研究院 技術補佐員
200803-201003 株式会社アミンファーマ研究所 博士研究員
201004-201803 千葉大学 大学院薬学研究院 助教
性別
生年月
研究キーワード グリコサミノグリカン、ポリアミン、老化、脳梗塞
研究分野
物理系薬学 (病態分析化学)
研究課題
N-結合型糖鎖におけるポリアミンモジュロンの同定と抗体医薬への応用
受賞
2016年 6月 2日
日本食品化学学会 奨励賞
学会活動
2019年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
公益社団法人日本分析化学会 「ぶんせき」編集委員
2019年 2月 ~ 2019年 10月
Proteoglycans Future Leader Symposium 2019 シンポジウム組織委員
2017年 1月 21日 ~ 2022年 3月 31日
日本ポリアミン学会 企画・運営委員
2014年 4月 1日 ~ 2016年 3月 31日
日本薬学会 ファルマシア小トピックス委員
客員教授
2018年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
千葉大学 (客員教員)
専攻分野 病態分析化学
研究分野 病態分析化学、病態生化学
私たちの身体を構成するタンパク質の約7割に糖鎖が付加されていますが、構造に多様性があるため分析が難しく、その機能はほとんど明らかとなっていません。本研究室では、信頼性が高く高感度な糖鎖分析法を駆使し、生体試料から抽出した糖鎖構造の解明とその機能性を調べています。更に、新しい微量分析法の開発に挑戦し、疾患に伴う糖鎖構造の変化から病態メカニズムの解明を目指しています。
研究テーマ
  1. 老化に伴うN-およびO-結合型糖鎖の構造変化とそのメカニズムの解明

  2. 脳梗塞急性期における糖衣損傷機構の解明

  3. N-およびO-結合糖鎖の高感度分析法の開発