白石 充典

ABOUT TUS

シロイシ ミツノリ

白石 充典准教授

SHIROISHI Mitsunori

東京理科大学 先進工学部 生命システム工学科

白石研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
TEL : 03-5876-1471 (直通)
shiroishi@rs.tus.ac.jp
ホームページURL https://shiroishimitsunori.wixsite.com/shiroishilab-jp
出身大学
1998年  東北大学  工学部  生物科学工学科  卒業
出身大学院
2003年  東北大学  工学研究科  生物工学専攻  博士課程 修了
取得学位
東北大学  博士(工学)  課程
研究経歴 1998-2003 抗体の分子認識に関する研究に従事
2001-2006 免疫細胞受容体の構造・機能に関する研究に従事
2006-現在 膜タンパク質の構造・機能に関する研究に従事
2010-現在 抗体の高機能化に関する研究に従事
2017-現在 自己免疫疾患に関与する抗体の分子認識に関する研究に従事
研究職歴 200004-200303 日本学術振興会 (東北大学大学院工学研究科生物工学専攻) 特別研究員DC1
200304-200503 九州大学 生体防御医学研究所 産学官連携研究員
200503-200512 日本学術振興会 (九州大学生体防御医学研究所) 特別研究員PD
200601-200607 日本学術振興会 (インペリアル・カレッジ・ロンドン 膜タンパク質結晶学グループ) 特別研究員PD
200608-201002 科学技術振興機構 ERATO岩田ヒト膜受容体構造プロジェクト 研究員
201003-201803 九州大学 大学院薬学研究院 助教
201804- 東京理科大学 基礎工学部生物工学科 准教授
研究キーワード タンパク質工学、生物物理学、構造生物学
研究分野
生物機能・バイオプロセス (タンパク質工学、抗体工学)
構造生物化学 (受容体、抗体、免疫、Gタンパク質共役型受容体、膜タンパク質)
生物物理学 (受容体、抗体、免疫、Gタンパク質共役型受容体、膜タンパク質)
研究課題
受賞
2017年 3月
第28回加藤記念研究助成 優秀賞
2013年 5月
日本生化学会九州支部会 学術奨励賞
2012年 4月
文部科学大臣表彰若手科学者賞
2001年 8月
Poster award
2001年 8月
Finn Wold travel award
学会活動
客員教授
グループ バイオ
研究・技術キーワード タンパク質工学、生化学、生物物理学、構造生物学、免疫化学、膜タンパク質、受容体、抗体
研究・技術テーマ
  • Gタンパク質共役型受容体の構造・機能解明
  • タンパク質工学的技術を駆使した膜タンパク質の安定化と異種宿主を利用した大量調製
  • 受容体ーリガンド相互作用の物理化学的、構造生物学的理解
  • 自己免疫疾患に関与する抗体の分子認識メカニズムの解明
  • 抗体分子の高機能化に関する研究
研究・技術内容  創薬ターゲットとして重要な膜タンパク質の中には、立体構造が不明なものが多く存在する。我々はこのような膜タンパク質(特にGタンパク質共役型受容体)について、立体構造の解明を目指した研究を行っている。膜タンパク質の構造解析において最も大きなボトルネックは、その不安定さに由来する取り扱い難さである。我々は不安定な膜タンパク質を安定に大量調製するための技術の開発に取り組み、これまでに種々の膜タンパク質の構造解析に成功してきた。現在では膜タンパク質の安定化を利用して、機能性抗体を効率的に取得するための研究を行っている。また、大量調製した膜タンパク質を用いて、その機能の物理化学的な解析を行っている。  また、抗体の分子認識について、構造生物学的あるいは物理化学的側面から研究を行ってきた。現在は疾患の分子・原子レベルの理解を目的として、自己免疫疾患に関与する抗体の分子認識メカニズムの詳細な解析を行っている。
産業への利用
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導、国際的な産学連携への対応
具体的な産学連携形態内容
その他所属研究機関 総合研究院 生物環境イノベーション研究部門
所属研究室 白石研究室
所有研究装置 恒温振盪培養器,中高圧分取用クロマトグラフィー装置,高速液体クロマトグラフィー装置,超遠心分離機,蛍光プレートリーダー,分光光度計
SDGs
専攻分野 生体高分子工学
研究分野 タンパク質工学、生物物理学、構造生物学
病気の多くは体内のタンパク質が異常に働くことで引き起こされます。私たちはこのようなタンパク質分子(主として細胞表面受容体)の構造や機能を分子・原子レベルで明らかにし、より良い薬の設計につなげることを目指しています。また抗体分子に関する研究も行っており、医薬や診断薬としての応用を目指しています。
研究テーマ
  1. Gタンパク質共役型受容体の構造機能解明

  2. 疾患関連タンパク質に対する新規抗体分子の創製

  3. バイオ医薬・診断薬に向けたタンパク質の高機能化

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
基礎工学実験2 後期 月曜3限 月曜4限 月曜5限 先進工学部 電子システム工学科 マテリアル創成工学科 生命システム工学科
基礎工学実験2 後期 月曜3限 月曜4限 月曜5限 先進工学部 電子システム工学科 マテリアル創成工学科 生命システム工学科
基礎工学実験2 後期 月曜3限 月曜4限 月曜5限 先進工学部 電子システム工学科 マテリアル創成工学科 生命システム工学科
生物物理学 前期 火曜1限 先進工学部 生命システム工学科
Faculty of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生命科学系キャリアパス 後期 水曜3限 先進工学部 生命システム工学科 
Department of Biological Science and Technology
構造生物化学実験 後期 火曜3限 火曜4限 火曜5限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 金曜3限 金曜4限 金曜5限 先進工学部 生命システム工学科 
Department of Biological Science and Technology
分子生物学 前期 水曜4限 先進工学部 生命システム工学科
Faculty of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生物分析化学 後期 水曜4限 先進工学部 生命システム工学科
Faculty of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生命システム工学演習 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
先進工学部 生命システム工学科
Faculty of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
卒業研究 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
先進工学部 生命システム工学科
Faculty of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生体高分子学特論1 後期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻 
Department of Biological Science and Technology
生命システム工学特別輪講1A 前期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生命システム工学特別輪講1B 後期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology 
生命システム工学特別輪講2A 前期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生命システム工学特別輪講2B 後期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology 
生命システム工学特別演習1A 前期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生命システム工学特別演習1B 後期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology 
生命システム工学特別演習2A 前期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生命システム工学特別演習2B 後期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology 
生命システム工学特別実験2A 前期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生命システム工学特別実験2B 後期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology 
生命システム工学特別実験1A 前期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology
生命システム工学特別実験1B 後期 集中講義 先進工学研究科 生命システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering, Department of Biological Science and Technology