朝倉 巧

ABOUT TUS

アサクラ タクミ

朝倉 巧講師

ASAKURA Takumi

東京理科大学 理工学部 機械工学科

朝倉研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
TEL : 04-7122-1413 (直通)
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/asakura_lab/
出身大学
2004年  早稲田大学  理工学部  建築学科  卒業
出身大学院
2009年  東京大学  工学系研究科  建築学  博士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(工学)  課程
研究経歴
研究職歴 2007-2009 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2009-2010 実践女子大学 非常勤講師
2009-2010 東京大学 特別研究員(日本学術振興会,特別研究員(PD))
2010-2016 清水建設(株)技術研究所 研究員
性別
生年月 1981年 8月
研究キーワード 音響、振動、波動数値解析、加振実験、VR、頭部伝達関数
研究分野
研究課題
受賞
学会活動
2021年 7月 1日 ~ 2023年 3月 31日
日本音響学会 広報・電子化委員会委員
2021年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
日本音響学会 学会誌及び論文誌の編集者
2021年 4月 ~ 2022年 3月
日本機械学会 会員校役員(教員)
2021年 4月 ~ 2023年 3月
機械学会 機械力学・計測制御部門 運営委員
2020年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
騒音制御工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2020年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本音響学会  騒音振動研究会
2020年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本音響学会  建築音響研究委員会
2020年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本機械学会 環境工学第一部門
2019年 4月 1日 ~ 2024年 3月 31日
日本建築学会 日本建築学会 環境工学本委員会 音環境運営委員会 固体音小委員会委員
2019年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
日本音響学会  学会誌及び論文誌の編集者
2018年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
日本建築学会 日本建築学会 環境工学本委員会 音環境運営委員会 音響数値解析小委員会委員
2018年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
日本建築学会 日本建築学会 環境工学本委員会 音環境運営委員会 室内音響小委員会 インパルス応答予測・計測WG委員
2018年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本機械学会 環境工学第一部門
2018年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本音響学会  建築音響研究委員会
2017年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
騒音制御工学会 研究部会
2017年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本音響学会  騒音振動研究会
2017年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
日本音響学会  学会誌及び論文誌の編集者
2017年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
日本音響学会 音響教育委員会委員
2017年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
日本機械学会 環境工学第一委員会委員
2014年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
日本建築学会 日本建築学会 環境工学本委員会 音環境運営委員会 固体音小委員会委員
2013年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
日本建築学会 日本建築学会 環境工学本委員会 音環境運営委員会 室内音響小委員会 インパルス応答予測・計測WG委員
2013年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
日本建築学会 日本建築学会 環境工学本委員会 音環境運営委員会 音響数値解析小委員会委員
客員教授
専攻分野 振動工学、音響工学
研究分野 振動・音響シミュレーション、振動・音場制御、感性工学
都市から微細構造に至る大小さまざまなスケールにおいて生じる、振動・音響現象の予測シミュレーション、および制御技術に関する研究開発を行っています。振動と音は密接に関連するため、構造物の振動・音響連成シミュレーション技術の開発や、振動と音の発生を効率的に抑制するための検討を行います。また、人間が振動・音をどう捉え、どう感じるかといった人間工学的な要素を取り入れた研究も行っています。
研究テーマ
  1. 時間領域差分法による振動・音響場を対象とした予測シミュレーション技術

  2. 人間の感性に対するマルチモーダルな環境刺激の影響に関する基礎研究

  3. 立体音場再生および骨導音デバイス等の技術を応用した新しい情報提供システムに関する研究