教員紹介

ABOUT TUS

カツマタ ケンイチ

勝又 健一准教授

KATSUMATA Ken-ichi

東京理科大学 先進工学部 マテリアル創成工学科

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:4580
TEL : 04-7124-1501 (直通)
FAX : 04-7122-1742
k.katsumata@rs.tus.ac.jp
ホームページURL http://yasumori-lab.moon.bindcloud.jp
https://www.tus.ac.jp/rcsc/
https://www.tus.ac.jp/rcsc/en/
出身大学
2001年  東京工業大学  工学部  無機材料工学科  卒業
出身大学院
2006年  東京工業大学  理工学研究科  材料工学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京工業大学  博士(工学)  課程
研究経歴 2003-2006 多結晶酸化チタン薄膜の光誘起親水性についての研究
2006-2009 ナノシートを利用したセルフクリーニングガラスの開発
2009-2012 特異ナノ構造を有する光触媒材料の合成
2012-2017 新規合成プロセスの開拓と人工光合成への応用
2017-   特異ナノ構造を利用した抗菌材料の開発
研究職歴 200604-200903 東海旅客鉄道株式会社 総合技術本部 技術開発部 研究員
200904-201105 東京工業大学 応用セラミックス研究所 特任助教
201106-201403 東京工業大学 応用セラミックス研究所 助教
201404-201505 東京工業大学 応用セラミックス研究所 特任講師
201506-201908 東京理科大学 総合研究院 光触媒研究推進拠点 准教授
201909- 東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 准教授
性別
生年月 1977年 11月
研究キーワード 環境材料、セラミックス、光触媒、ナノシート、抗菌材料
研究分野
無機工業材料 (環境浄化、光触媒、ナノシート、抗菌材料)
研究課題
水中の有用成分を吸脱着できる多孔質ガラスの開発
二酸化炭素の吸着と光還元機能を具えた人工光合成材料の創製
極限的2次元構造を有する金属酸化物単結晶ナノシート合成プロセスの開拓
オキシ水酸化鉄の光自己還元により発現する新規機能の開拓と機構解明
受賞
2020年 1月 22日
WILEY出版『Chemistry - A European Journal』誌のHot Paper とCover Pictureに選出
2019年 9月 3日
米国化学会出版『ACS Applied Nano Materials』誌のCoverに選出
2018年 3月 17日
日本セラミックス協会査読貢献賞
2017年 5月 29日
公益財団法人東京応化科学技術振興財団 第39回国際交流助成
2016年 10月 7日
公益財団法人服部報公会 平成28年度工学研究奨励援助金
2013年 11月 30日
公益財団法人大倉和親記念財団 平成24年度(第43回)研究助成金
2013年 3月 6日
公益財団法人ホソカワ粉体工学振興財団 平成24年度(第19回)助成金
2012年 4月 26日
公益財団法人日本板硝子材料工学助成会 平成24年度研究助成金
2011年 11月
The 15th International Conference on Thin Films, Award for Encouragement of Research in Thin Films
2011年 4月 16日
公益財団法人稲盛財団 平成23年度稲盛財団研究助成金
2011年 3月 1日
公益財団法人倉田記念日立科学技術財団 平成22年度倉田奨励金
2010年 12月 1日
公益財団法人JFE21世紀財団 2010年度技術研究助成金
2010年 6月 17日
公益財団法人加藤科学振興会 平成22年度研究奨励金
2010年 6月 1日
公益財団法人東京応化科学技術振興財団 第24回研究費の助成
2008年 4月 25日
東海旅客鉄道株式会社 技術開発奨励賞
2004年 10月
東京工業大学 イノベーション賞
2001年 7月
日本セラミックス協会関東支部 優秀発表賞
学会活動
2020年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
公益社団法人日本セラミックス協会 Journal of the Ceramic Society of Japan編集委員
2009年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
公益社団法人日本セラミックス協会 広報委員会委員
客員教授
専攻分野
研究分野
研究テーマ
    -