大村 英史

ABOUT TUS

オオムラ ヒデフミ

大村 英史講師

OHMURA Hidefumi

東京理科大学 理工学部 情報科学科

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:3312
TEL : 04-7124-1501 (直通)
ohmura@is.noda.tus.ac.jp
ホームページURL
出身大学
2002年  東京農工大学  工学部  機械システム工学科  卒業
出身大学院
2009年  東京工業大学  総合理工学研究科  知能システム科学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京工業大学  博士(工学)  課程
研究経歴
研究職歴 2004-2005 ヤマハ株式会社 事業開発本部 アドバンストシステム開発センター Music & Humanインターフェースグループ
2009-2009 東京工業大学 特別研究員
2009-2014 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 情動情報連携研究チーム 客員研究員
2009-2014 独立行政法人科学技術振興機構 ERATO 岡ノ谷情動情報プロジェクト 研究員
2014-2015 東京工芸大学工学部 客員研究員
2014-2015 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 成人精神保健研究部 流動研究員
研究キーワード 音楽情報科学, 人工知能
研究分野
研究課題
受賞
2018年 12月 14日
HCGシンポジウム2018 優秀インタラクティブ発表賞
2018年 7月 22日
Outstanding research achievement and contribution
学会活動
客員教授
グループ IT
研究・技術キーワード 音楽情報科学,雰囲気工学
研究・技術テーマ
  • 情報の価値を定量化する情報エントロピーと,物理的な音楽の特徴量の融合による情動喚起をねらった音楽生成モデルの提案
  • 知覚刺激の定量化と情報エントロピーの融合による雰囲気生成モデルの提案
研究・技術内容 雰囲気や音楽における情動は抽象的な事象であり,計算論的な扱いが難しい. これら抽象的な事象を人間の感覚に知覚される情報の総体的な結果であると捉えることで,知覚される情報および感覚を情報論的に統合することを試みている.具体的には,事象を確率的に扱うことで情報量だけでなく,物理的な特徴量の関係性を定量的に記述する.この定式化を情動に関する定性的な理論と比較検討をし,雰囲気や音楽の生成モデルを作成する. このような抽象的な事象の定量的な解釈ができれば,制御が可能となり幅広い活用が見込めるシステム開発が可能となる.
産業への利用
可能な産学連携形態
具体的な産学連携形態内容
その他所属研究機関
所属研究室 人工知能研究室
所有研究装置
SDGs
専攻分野
研究分野
研究テーマ
    -
   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
情報構造 前期 月曜2限 理工学部 数学科
情報構造 前期 月曜2限 理工学部 数学科
情報科学実験1 前期 水曜3限 水曜4限 金曜3限 金曜4限 理工学部 情報科学科
情報科学実験2 後期 水曜4限 水曜5限 金曜4限 金曜5限 理工学部 情報科学科
情報科学コロキューム1 前期 水曜2限 金曜2限 理工学部 情報科学科
計算機科学入門及び演習 前期~後期 前期(木曜5限)
後期(木曜5限)
理工学部 情報科学科
データ解析 後期 月曜5限 理工学部 情報科学科
情報科学実験3 後期 集中講義 理工学部 情報科学科
情報科学演習3 後期 集中講義 理工学部 情報科学科
情報科学コロキューム2 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学部 情報科学科
卒業研究(大村) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学部 情報科学科
DX特論 前期 集中講義 理工学研究科 修士課程
DX特論 前期 集中講義 理工学研究科 博士後期課程 
認知科学特論 前期 金曜2限 理工学部 情報科学専攻
Department of Information Sciences
特別研究1(大村) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学部情報科学科
Department of Information Sciences
特別研究2(大村) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学部情報科学科
Department of Information Sciences