教員紹介

ABOUT TUS

ニシハラ ヒロシ

西原 寛教授

NISHIHARA Hiroshi

東京理科大学 研究推進機構 総合研究院

西原研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:4625
TEL : 04-7124-1501 (直通)
nisihara@rs.tus.ac.jp
ホームページURL https://www.rs.tus.ac.jp/nishihralab/
出身大学
1977年  東京大学  理学部  化学科  卒業
出身大学院
1982年  東京大学  理学系研究科  化学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京大学  理学博士  課程
研究経歴 1976-1982 有機金属錯体の合成と反応
1982-1996 腐食抑制剤の開発と作用機構、電子機能分子材料の合成と物性
1996-現在 配位プログラミング―分子超構造体の科学と化学素子の創製
1) 錯体化学を基盤として新機能物質の創製(π共役遷移金属クラスター・高分子錯体,クロミック金属錯体, 金属錯体触媒、金属ナノ粒子、二次元物質「配位ナノシート」)
2) 電極表面の分子ナノアーキテクチャーの創製(次元制御界面の構築と電子移動反応機構・熱力学・速度論、バイオ共役フォトシステム)
研究職歴 198204-199003 慶応義塾大学 理工学部 助手
199004-199203 慶応義塾大学 理工学部 専任講師
199204-199608 慶応義塾大学 理工学部 助教授
199609-202003 東京大学 大学院理学系研究科 教授
202004- 東京理科大学 総合研究院 教授
性別
生年月 1955年 3月
研究キーワード 錯体化学、電気化学、光化学、ナノサイエンス
研究分野
研究課題
受賞
学会活動
客員教授
専攻分野 無機化学
研究分野 錯体化学、電気化学、光化学、ナノサイエンス
配位ナノシートとは、金属イオンと平面形の架橋有機π配位子との結合で構成される二次元共役ポリマーの極薄膜を指します。金属的な性質を示す強電子相関系配位ナノシートを2013年に初めて報告しました。配位ナノシートは、二次元物質の代表例であるグラフェンなどの強電子相関系無機物質とは異なり、温和な条件下で進行する金属イオンと有機分子のボトムアップ錯形成反応により合成でき、多彩な化学・幾何構造とそれに伴う多様な物性・化学的性質・機械的特性を創出できることから、その自然科学や産業への波及効果は計り知れません。当研究室では、液―液や気―液などの二相界面を反応場とする、新規機能性配位ナノシートの高品質合成を確立し、本質的な物理・化学的特性を明らかにするとともに、ヘテロ積層体・接合体のような複合系を創製してそれらの特異な物理的、化学的機能を導き出し、電子・磁気・光デバイスやエネルギー変換・貯蔵デバイスなどへの応用を探求します。
研究テーマ
    -