古海 誓一

ABOUT TUS

フルミ セイイチ

古海 誓一教授

FURUMI Seiichi

東京理科大学 理学部第一部 応用化学科

古海研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
ホームページURL https://www.rs.tus.ac.jp/furumi/
http://www.tus.ac.jp/en/fac/p/index.php?69b1
出身大学
上智大学  理工学部  化学科  卒業
出身大学院
東京工業大学  総合理工学研究科  物質科学創造専攻  博士課程 修了
取得学位
東京工業大学  博士(工学)  課程
研究経歴
研究職歴 199804-200103 日本学術振興会 ・特別研究員(DC1)
200104-200403 独立行政法人 通信総合研究所(CRL) ・専攻研究員
200404-200703 独立行政法人 物質・材料研究機構(NIMS) ・若手任期付研究員
200704-201203 独立行政法人 物質・材料研究機構(NIMS) ・主任研究員
201010-201403 独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 さきがけ 「ナノシステムと機能創発(長田 義仁 研究総括)」 ・さきがけ研究者(兼任)
201204-201303 九州大学 先導物質化学研究所 ・非常勤講師(兼任)
201204-201403 独立行政法人 物質・材料研究機構(NIMS) ・主幹研究員
201204-201403 筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物質・材料工学専攻 ・准教授(兼任)
201404- 国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS) ・外来研究者(兼任)
201404- 東京理科大学 理学部第一部 応用化学科 ・准教授
202204- 東京理科大学 理学部第一部 応用化学科 教授
研究キーワード 物理化学/有機材料化学/ナノ物質化学/ソフトマター科学/フォトニクス
研究分野
ナノ材料化学 (ナノ材料創製)
機能物性化学 (機能性材料化学)
高分子・繊維材料 (有機・高分子フォトニクス)
研究課題
受賞
2022年 9月 7日
第71回高分子討論会 優秀ポスター賞
2022年 9月 7日
第71回高分子討論会 優秀ポスター賞
2022年 9月 7日
第71回高分子討論会 優秀ポスター賞
2021年 12月 1日
第11回 CSJ化学フェスタ2021 優秀ポスター発表賞
2021年 10月 10日
Top 1st rank, Most viewed articles Sep. 2021
2019年 9月 5日
2019年日本液晶学会討論会 若葉賞
2019年 7月 9日
Top 4th rank, Most viewed articles Jun. 2019
2019年 5月 31日
第68回高分子学会年次大会 優秀ポスター賞
2019年 5月 23日
第10回 ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞奨励賞
2018年 11月 7日
高分子学会 広報委員会 パブリシティ賞
2018年 3月 12日
第2回 イムラ・ジャパン賞
2017年 11月 1日
高分子学会 広報委員会 パブリシティ賞
2013年 9月
ホソカワ粉体工学振興財団 ホソカワ粉体工学研究奨励賞
2013年 4月
船井情報科学振興財団 船井学術賞
2011年 9月
高分子学会 日立化成賞
2010年 3月
コニカミノルタ画像科学振興財団 奨励賞
2008年 4月
物質・材料研究機構(NIMS) 理事長賞 研究奨励賞
2006年 4月
船井情報科学振興財団 船井情報科学奨励賞
2005年 11月
高分子学会 第14回ポリマー材料フォーラム 優秀発表賞
2005年 9月
日本液晶学会 学会賞 奨励賞
2004年 9月
応用物理学会 M&BE奨励賞
2002年 10月
日本液晶学会 虹彩賞
2002年 2月
井上科学振興財団 井上研究奨励賞
学会活動
2022年 4月 18日 ~ 2023年 3月 25日
日本化学会第103春季年会(2023) 学会の顧問・助言委員等
2021年 3月 9日 ~ 2021年 11月 8日
2021 IEEE the 5th International Conference on Materials and Intelligent Manufacturing (MIM 2021) 学会の顧問・助言委員等
2019年 11月 29日 ~ 2020年 8月 20日
2020 The 3rd International Conference on Nano Science and Technology (ICNST 2020) 学会の顧問・助言委員等
2019年 4月 3日 ~ 2020年 3月 25日
日本化学会第100春季年会(2020) 学会の顧問・助言委員等
2019年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
高分子学会 高分子表面研究会 学会の顧問・助言委員等
2019年 3月 3日 ~ 2019年 10月 29日
2nd World Congress on Chemistry (Chemistry Congress) 学会の顧問・助言委員等
2018年 10月 1日 ~ 2019年 3月 27日
Global Chemical Engineering and Chemistry Conference Expo 2019 学会の顧問・助言委員等
2018年 1月 4日 ~ 2018年 12月 31日
2018 International Conference on Nano Science&Technology (ICNST 2018) 学会の顧問・助言委員等
2017年 12月 26日 ~ 2018年 11月 17日
World Congress on Chemistry (Chemistry Congress) 学会の顧問・助言委員等
2016年 9月 8日 ~ 2016年 10月 14日
Poland, National Science Centre Grant Reviewer
2015年 10月 1日 ~ 2016年 12月 1日
2nd International Conference on Photoalignment & Photopatterning in Soft Materials (PhoSM) 実行委員
2013年 10月 1日 ~ 2023年 3月 31日
The Open Access Journal of Science and Technology誌 Editorial Board
2008年 4月 1日 ~ 2009年 3月 31日
高分子学会 関東支部茨城地区 若手の会 世話人
2008年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
The Open Surface Science Journal誌 Editorial Advisory Board
2008年 4月 1日 ~ 2010年 3月 31日
Nature Photonics誌 Reader Panel
2008年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
ISRN Materials Science誌 Editorial Board
2007年 4月 1日 ~ 2008年 3月 31日
高分子学会 関東支部茨城地区 若手の会 世話人 幹事代表
2006年 4月 1日 ~ 2008年 3月 31日
日本液晶学会 学会誌 編集委員
2005年 4月 1日 ~ 2006年 3月 31日
高分子学会 関東支部茨城地区 若手の会 世話人
客員教授
2019年 11月 29日 ~ 2020年 1月 27日
東京工業大学
グループ ナノテク・材料、環境
研究・技術キーワード 有機材料化学、ナノ物質化学、ソフトマター科学、液晶材料学、界面化学、フォトニクス
研究・技術テーマ
  • 天然高分子を用いたフルカラーイメージングや歪みセンサーへの応用
  • 化合物半導体ナノ結晶の精密合成と発光デバイスへの応用
  • 自己組織化による有機・高分子フォトニック結晶の作製とレーザーへの応用
  • π電子共役系キラル化合物による特異な円偏光発光
  • 光応答性高分子薄膜による液晶分子の三次元的光配向制御
研究・技術内容  私たちの研究室では、"光と物質の相互作用"を考究して、液晶、コロイド、ゲル、エラストマーといったソフトな有機材料を用いた新しいフォトニックデバイスを創り出す”基礎研究”と”応用研究”に取り組んでいます。これに加えて、新たに、原子スケールの大きさを持った半導体などの無機ナノ材料を精密に合成し、機能性有機材料と高度にハイブリット化することで、独自の有機・無機ハイブリッドナノ材料に関する学理的探究だけでなく応用展開も視野に入れた研究を行っています。今日、私たちが直面している環境問題・資源問題にも考慮しながら、フルカラーイメージング材料、外部刺激を検知できるセンサー、高輝度なディスプレイ、高効率な太陽電池など次世代オプトエレクトロニクスのイノベーションに貢献できる新しい研究領域の開拓を目指しています。
産業への利用 化学、精密機器、建築、医療などを専門とする民間企業と応用に関する共同研究の実施を希望しています。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導、国際的な産学連携への対応
具体的な産学連携形態内容 民間企業と共同研究を行った経験があります。
その他所属研究機関 なし
所属研究室 理学部第一部 応用化学科・古海研究室
所有研究装置 有機合成設備、レーザー、光特性評価装置、3次元微細加工装置
SDGs
専攻分野 物理化学
研究分野 有機材料化学、ナノ物質化学、ソフトマター科学、フォトニクス
 私たちの研究室では、"光と物質の相互作用"を考究して、コロイド、液晶、ゲル、エラストマーといったソフトな有機材料、いわゆるソフトマターから新しいフォトニックデバイスを創出する”基礎研究”と”応用研究”について取り組んでいます。これに加えて、新たに、原子スケールの大きさを持った半導体などの無機ナノ材料を精密に合成し、自己組織性や光電子機能特性を有するソフトマターと高度にハイブリット化することで、独自の有機・無機ハイブリッドナノ材料に関する学理的探究だけでなく応用展開も視野に入れた研究を行っています。
 今日、私たちが直面している環境問題・資源問題や社会的ニーズ・トレンドにも考慮しながら、フルカラーイメージング材料、外部刺激を検知できるセンサー、ウェアラブルセンサー、高輝度なディスプレイ、ソフトな波長可変レーザー光源、高効率な太陽電池など次世代オプトエレクトロニクスのイノベーションに貢献できる新しい研究領域の開拓を目指しています。
研究テーマ
  1. 紙材料によるフルカラー液晶の発現と応用

    下記のwebサイトを参照して下さい。
    [1] http://www.rs.tus.ac.jp/furumi/research.html#theme3
    [2] http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09235700X01C16A1X90000/
     

  2. 低環境負荷な半導体ナノ結晶(量子ドット)の創製と応用

    下記のwebサイトを参照して下さい。
    [1] http://www.rs.tus.ac.jp/furumi/research.html#theme1
    [2] http://www.rs.tus.ac.jp/furumi/research.html#theme2
     

  3. 高分子微粒子を用いたソフトなコロイド結晶の作製と応用

    下記のwebサイトを参照して下さい。
    [1] http://www.rs.tus.ac.jp/furumi/research.html#theme4
    [2] https://www.adcom-media.co.jp/pic/2013/02/25/11232/
     

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
卒業研究(理一K科古海) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学部第一部 化学科
特別応用化学実験 後期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 理学部第一部 応用化学科
物理化学実験 A組 前期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 理学部第一部 応用化学科
卒業研究(理一OK科古海) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学部第一部 応用化学科
化学のフロンティア 前期 金曜1限 理学部第一部 応用化学科
コンピュータ1A 前期 火曜4限 理学部第一部 応用化学科
コンピュータ1B 後期 火曜4限 理学部第一部 応用化学科
物理化学3A及演習 A組 前期 火曜2限 木曜1限 理学部第一部 応用化学科 
物理化学3A及演習 B組 前期 火曜2限 木曜1限 理学部第一部 応用化学科
物理化学3B及演習 A組 後期 火曜2限 木曜1限 理学部第一部 応用化学科
物理化学3B及演習 B組 後期 火曜2限 木曜1限 理学部第一部 応用化学科
化学特別研究1(古海) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科 化学専攻
化学特別研究2(古海) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科 化学専攻
材料・デバイス科学特論 後期 金曜3限 理学研究科 化学専攻
Department of Chemistry
化学特別輪講1(古海) 前期 集中講義 化学専攻
Department of Chemistry
化学特別輪講2(古海) 前期 集中講義 化学専攻
Department of Chemistry
化学特別演習・実験1(古海) 後期 集中講義 化学専攻
Department of Chemistry
化学特別演習・実験2(古海) 後期 集中講義 化学専攻
Department of Chemistry
B卒業研究(古海) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学部第ニ部 化学科
卒業研究防災安全特別講義 後期 集中講義 理学部第二部 化学科