上村 真生

ABOUT TUS

カミムラ マサオ

上村 真生講師

KAMIMURA Masao

東京理科大学 先進工学部 マテリアル創成工学科

上村研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
masaokamimura@rs.tus.ac.jp
ホームページURL https://www.kamimura-lab.jp/
https://scholar.google.co.jp/citations?user=QIRQ5rQAAAAJ&hl=ja
出身大学
2007年  東京理科大学  基礎工学部  材料工学科  卒業
出身大学院
2009年  筑波大学  数理物質科学研究科  物性・分子工学専攻  修士課程 修了
2012年  筑波大学  数理物質科学研究科  物性・分子工学専攻  博士課程 修了
取得学位
筑波大学  博士(工学)  課程
研究経歴 ポリマーバイオマテリアルに関する研究に従事
研究職歴 200904-201203 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
201005-201010 米国・ネブラスカ大学メディカルセンター ドラッグデリバリー・ナノメディシン研究センター 訪問研究員
201204-201303 米国・ネブラスカ大学メディカルセンター ドラッグデリバリー・ナノメディシン研究センター 博士研究員
201304-201403 物質・材料研究機構(NIMS) 世界トップレベル研究拠点・国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA) MANAリサーチアソシエイト
201404-201803 東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 助教
201804-202103 東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 講師
202104- 東京理科大学 先進工学部 マテリアル創成工学科 講師
性別
生年月 1982年 8月
研究キーワード 高分子化学、分析化学、バイオマテリアル、メカノバイオロジー、ナノメディシン、バイオイメージング
研究分野
生体医工学・生体材料学 (バイオマテリアル、セラノスティクス、バイオイメージング)
高分子化学 (生体機能性高分子)
細胞生物学 (メカノバイオロジー)
医療系薬学 (ドラッグデリバリーシステム、ナノメディシン)
研究課題
受賞
2021年 5月 11日
高分子学会 広報委員会パブリシティ賞
2019年 11月 29日
貢献賞
2019年 3月 12日
上原記念生命科学財団 研究奨励金
2018年 9月 13日
日本分析化学会 奨励賞
2018年 7月 11日
高分子論文集 高分子科学・工学のニューウェーブ-2018-
2018年 5月 24日
高分子研究奨励賞
2018年 4月 14日
稲盛財団研究助成
2018年 1月 9日
新世紀新人賞
2017年 11月 23日
Asian Polymer Association Young Researcher Award 2017
2017年 11月 20日
第39回日本バイオマテリアル学会大会 ハイライト講演
2017年 11月 1日
Journal of Controlled Release Outstanding Reviewer Recognition
2017年 6月 8日
旭硝子財団 研究奨励
2017年 3月 8日
Journal of Materials Chemistry B誌 Back Cover
2017年 2月 1日
第26回日本MRS年次大会 奨励賞
2016年 11月 1日
Biomaterials Outstanding Reviewer Recognition
2016年 9月 29日
日韓バイオマテリアル学会若手研究者交流AWARD
2016年 5月 28日
第76回分析化学討論会 展望とトピックス
2016年 5月 25日
第65回高分子学会年次大会 記者発表
2016年 5月 24日
Biomaterials Science誌 Front Cover
2015年 8月 7日
Journal of Controlled Release Outstanding Reviewer Recognition Award
2015年 7月 30日
Excellent Poster Presentation Award
2015年 5月 9日
Best Young Investigator Oral Presentation Award
2015年 4月 23日
日本板硝子材料工学助成会 第37回研究助成
2014年 11月 17日
第36回日本バイオマテリアル学会大会 ハイライト講演
2009年 9月 27日
第2回HOPEミーティング 参加メンバー
2009年 3月 25日
数理物質科学研究科長賞
2008年 8月 23日
優秀連携研究提案賞
2007年 11月 2日
ベストイメージング・カールツァイス賞
2007年 8月 25日
優秀連携研究提案賞
学会活動
2021年 3月 1日 ~ 2023年 2月 28日
日本分析化学会 関東支部 常任幹事
2020年 12月 1日 ~ 2021年 9月 3日
高分子学会 第70回高分子討論会 運営委員
2020年 7月 1日 ~ 2021年 3月 31日
日本MRS 第30回日本MRS年次大会 シンポジウムオーガナイザー
2020年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本バイオマテリアル学会 学会誌及び論文誌の編集者
2019年 6月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本MRS 第29回日本MRS年次大会 連絡オーガナイザー
2019年 3月 1日 ~ 2021年 2月 28日
日本分析化学会 関東支部 幹事
2019年 1月 7日 ~ 2019年 11月 26日
日本バイオマテリアル学会 第41回日本バイオマテリアル学会大会 運営委員
2018年 6月 30日 ~ 2023年 3月 31日
日本分析化学会 バイオ分析研究懇談会 運営委員
2018年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
日本バイオマテリアル学会 学会誌及び論文誌の編集者
2015年 11月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本バイオマテリアル学会 評議員
客員教授
2014年 6月 1日 ~ 2019年 3月 31日
国立研究開発法人 国立がん研究センター 先端医療開発センター 機能診断開発分野 外来研究員
2019年 5月 20日 ~ 2023年 3月 31日
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 客員研究者
2015年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 外来研究者
専攻分野 高分子ナノ材料工学
研究分野 高分子材料、分析化学、細胞工学
高分子によって作られるナノサイズの材料は、目に見えない微小な空間における様々な現象を測ることや、それを操ることができる大きな可能性を持っています。本研究室では、高分子ナノ材料を用いて、環境汚染などを見つける分析技術の開発や、細胞の機能を操ることによって未知の生命現象を探求することに取り組みます。
研究テーマ
  1. 細胞内液‐液相分離現象を解明する高分子ナノ材料の設計

  2. 細胞膜上のタンパク質を局所的に操作するナノ粒子材料の開発

  3. 細胞機能を制御する機能性培養基板の開発