木田 雅成

ABOUT TUS

キダ マサナリ

木田 雅成教授

KIDA Masanari

東京理科大学 理学部第一部 数学科

木田研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
kida@rs.tus.ac.jp
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/kida/index.html
出身大学
1989年  早稲田大学  理工学部  数学科  卒業
出身大学院
1994年  ジョンズ ホプキンス大学  理学系研究科  数学  博士課程 修了
取得学位
ジョンズ・ホプキンス大学  Ph. D.  課程
早稲田大学  理学修士  課程
研究経歴 1994-2019 整数論の研究に従事
研究職歴 1994-1995 山形大学理学部 助手
1995-1999 電気通信大学電気通信学部 講師
1999- 電気通信大学電気通信学部 助教授
2008-2010 電気通信大学電気通信学部 教授
2010-2013 電気通信大学情報理工学研究科 教授
2013- 東京理科大学理学部第1部 教授
研究キーワード 整数論
研究分野
代数学 (整数論)
研究課題
受賞
学会活動
2015年 8月 31日 ~ 2015年 9月 3日
日本数学会 第60回代数学シンポジウム プログラム責任者
2013年 12月 21日 ~ 2013年 12月 23日
Modular functions and quadratic forms 国際研究集会世話人
客員教授
グループ その他
その他 : 数学
研究・技術キーワード 整数論
研究・技術テーマ
  • 代数的整数論
  • 代数学
  • 計算整数論
研究・技術内容 整数論や代数学の基礎研究を行っている.特にある種の性質をもつ代数体や多項式の構成を目標としている. 計算機を使った整数論やそれを実現するための数論アルゴリズムの分野にも研究実績がある. 整数論の周辺に現れる様々な離散構造にも関心がある.
産業への利用
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、技術相談および指導
具体的な産学連携形態内容
その他所属研究機関
所属研究室 木田研究室
所有研究装置
SDGs
専攻分野 代数学
研究分野 整数論
整数の性質や方程式の整数解などを研究するのが整数論です。問題自体を理解するのはやさしいけれども、それを解決するためにはしばしば非常に深く高度な理論が必要になるとても面白い分野です。整数論にもいろいろありますが、本研究室では主に代数的整数論を研究しています。多項式の根になっているような数を代数学、幾何学、解析学などさまざまな手法を使って研究するのが代数的整数論です。代数多様体などの幾何学的な対象から代数体の族を構成したり、その性質を調べたりするのが最近の課題です。
研究テーマ
  1. 代数体の整数論

  2. 代数方程式のガロア理論

  3. 計算整数論

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
体とガロワ理論2 後期 月曜2限 理学部第一部 数学科
体とガロワ理論1 前期 月曜4限 理学部第一部 数学科
代数学1 B組 前期 水曜2限 木曜1限 理学部第一部 数学科

Department of Mathematics
代数学2 B組 後期 水曜2限 木曜1限 理学部第一部 数学科

Department of Mathematics
数学研究1 C組 前期 火曜4限 火曜5限 理学部第一部 数学科
数学研究2 F組 後期 水曜4限 水曜5限 理学部第一部 数学科

Department of Mathematics
卒業研究(理一S科木田) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学部第一部 数学科
文献研究1(木田) 前期 集中講義 数学専攻
Mathematics
文献研究2(木田) 後期 集中講義 理学研究科 数学専攻
文献研究3(木田) 前期 集中講義 数学専攻
Mathematics
文献研究4(木田) 後期 集中講義 数学専攻
Mathematics
代数学講究1(木田) 前期 金曜3限 Mathematics
代数学講究2(木田) 後期 金曜3限 Mathematics
代数学講究3(木田) 前期 月曜3限 Mathematics
代数学講究4(木田) 後期 月曜3限 Mathematics
代数学研究(一)(木田) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科 数学専攻 
Mathematics
代数学研究(二)(木田) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科 数学専攻 
代数学研究(三)(木田) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科 数学専攻