花輪 剛久

ABOUT TUS

ハナワ タケヒサ

花輪 剛久教授

HANAWA Takehisa

東京理科大学 薬学部 薬学科

花輪研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
TEL : 04-7124-1501 (直通)
t-hanawa@rs.tus.ac.jp
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/hanawa-lab/
出身大学
出身大学院
1991年  千葉大学  薬学研究科  製剤工学  博士課程 修了
取得学位
千葉大学  博士(薬学)  課程
千葉大学  博士(薬学)  課程
研究経歴 1985-1986 生物薬剤学に関する研究
1991-1998 調剤業務および製剤に関する研究
1998-1998 製剤工学に関する研究
2005-2006 米国ミネソタ大学にてハイドロゲル製剤に関する研究
1998-2011 調剤業務および製剤に関する研究
研究職歴 1985-1986 明治薬科大学 実験助手(薬剤学)
1998-1998 千葉大学薬学部 助手(製剤工学)
2001-2011 山梨大学 准教授(生体制御学・薬剤部)
性別
生年月
研究キーワード 臨床製剤設計学
研究分野
医療系薬学
研究課題
患者に優しい製剤の開発、難水溶性医薬品の溶解性向上、創傷治癒製剤の開発、口腔粘膜炎治癒製剤の開発
製剤中における医薬品分子と添加剤との相互作用 患者易服用製剤の開発
受賞
2018年 5月 30日
日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ
2017年 5月 11日
日本薬剤学会永井財団学部学生七つ星薬師奨励賞
2017年 5月 11日
日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ
2014年 5月 21日
日本薬剤学会永井財団学部学生七つ星薬師奨励賞
2010年 11月 14日
日本医療薬学会学術貢献賞
2007年 9月 29日
日本医療薬学会第17年会 優秀発表者賞
2007年 5月 20日
日本薬剤学会旭化成製剤学奨励賞
学会活動
2018年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本薬剤学会 代議員
2016年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
公益社団法人 日本薬剤学会 学会誌及び論文誌の編集者
2015年 4月 1日 ~ 2016年 3月 31日
日本薬学会 学会誌及び論文誌の編集者
2015年 2月 1日 ~ 2017年 1月 31日
日本薬学会 代議員
2014年 6月 16日 ~ 2016年 5月 15日
製剤機械技術学会 評議員
2014年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本薬学会 学会誌及び論文誌の編集者
2014年 4月 1日 ~ 2016年 3月 31日
日本薬剤学会 評議員
2013年 4月 1日 ~ 2014年 3月 31日
日本薬学会 ファルマシア委員
2013年 3月 25日 ~ 2015年 3月 24日
日本薬学会 代議員
2013年 2月 1日 ~ 2015年 1月 31日
日本薬学会 関東支部幹事
2012年 5月 ~ 2016年 4月
日本薬剤学会 学会誌及び論文誌の編集者
2011年 4月 ~ 2013年 3月
日本薬学会 代議員
2011年 4月 ~ 2013年 3月
日本医療薬学会 代議員
2008年 5月 ~ 2014年 5月
日本薬剤学会 院内製剤・調剤フォーカスグループ副グループリーダー
2008年 5月 ~ 2014年 4月
日本薬剤学会 評議員
客員教授
専攻分野 製剤工学、臨床製剤学、医療薬学
研究分野 臨床製剤設計学、医療デザイン学
「患者に優しい製剤の開発」を行っています
 医薬品の有効性を最大限に発揮させるためには、適切な投与形態の選択と製剤設計が重要となります。本研究室では、実際の医療現場において求められる製剤として、半固形製剤、液状製剤、貼付型製剤などを開発しています。また、それらの製剤に含有させる医薬品の溶解性や分散性向上を目的としたナノ粒子化に関する研究をしています。
研究テーマ
  1. 患者に優しい製剤の開発

    広い世代の患者さんにとって服用・使用しやすい製剤の開発を行います。テーラーメード製剤です。

  2. 個別化医療の為の新規製剤の開発

  3. 難溶解性医薬品の溶解性向上に関する研究

  4. 医療用高分子と医薬品の相互作用に関する研究