教員紹介

ABOUT TUS

イトウ ヒロユキ

伊藤 浩行教授

ITO Hiroyuki

東京理科大学 理工学部 数学科

伊藤研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
ホームページURL http://www.ma.noda.tus.ac.jp/
出身大学
1988年  大阪大学  理学部  数学科  卒業
出身大学院
1991年  大阪大学  理学研究科  数学専攻  博士課程 中退
取得学位
大阪大学  博士(理学)  論文
研究経歴 1990- 代数幾何学の研究に従事
2000- 応用代数学の研究に従事
2005- 理工系数学教育の研究に従事
研究職歴 1991-2000 東北大学大学院理学研究科 数学専攻助手
2000-2011 広島大学大学院工学研究院情報部門 准教授
2002-2010 岡山大学工学部情報工学科 非常勤講師
2003-2011 広島大学大学院理学研究科数学専攻 准教授兼任
2006-2007 県立広島大学生命環境学部 非常勤講師
2010-2011 広島大学純粋および応用数学プロジェクト 研究センター長
2011- 東京理科大学理工学部数学科 教授
性別
生年月
研究キーワード 数学
研究分野
情報学基礎理論 (応用代数学)
代数学 (代数幾何学)
研究課題
正標数を含む代数多様体の数論と幾何に関する研究
受賞
学会活動
2020年 7月 1日 ~ 2022年 6月 30日
日本数学会 学会誌及び論文誌の編集者
2019年 7月 1日 ~ 2021年 6月 30日
日本数学会 教育委員会専門委員
2015年 7月 1日 ~ 2019年 6月 30日
日本数学会 教育委員会専門委員
客員教授
2006年 8月 30日 ~ 2006年 9月 30日
Mittag Leffler Institute, Sweden
2011年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
広島大学
1997年 4月 1日 ~ 1999年 3月 31日
Harvard University, USA
専攻分野 代数学
研究分野 代数幾何学、応用代数学
たくさんの多変数多項式の共通零点により定義される代数多様体を様々な角度から研究しています。多項式の解の集合と捉えることにより数論的な研究を行い、幾何学的対象と捉えることによりそのモジュライ空間の幾何学や特異点を研究しています。また、有限体の応用としての擬似乱数生成についても研究しています。
研究テーマ
  1. 代数多様体の数論と幾何

    正標数の体上定義された代数多様体の数論的、幾何学的性質を調べることを目的としている。
    具体的には、正標数の特異点理論、楕円曲面の数論的研究、K3曲面やそのモジュライ空間の幾何学の研究を行っている。
    また、応用代数学として、新しい疑似乱数生成法の研究を行っている。
    具体的には、正標数のある種の体拡大塔を利用して、性能の優れた疑似乱数生成法の開発とその性能評価を行っている。

  2. 代数多様体の特異点

  3. 擬似乱数生成