熊谷 亮平

ABOUT TUS

クマガイ リヨウヘイ

熊谷 亮平准教授

KUMAGAI Ryohei

東京理科大学 工学部 建築学科

熊谷研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)   内線:6618
ホームページURL https://kumagai-lab-tus.amebaownd.com/
出身大学
出身大学院
取得学位
東京大学  博士(工学)  課程
研究経歴 2003-2007 バルセロナにおける歴史的建造物の保存に関する研究、バルコニーを中心に見た都市バルセロナの景観形成・構法的変遷に関する研究に従事
2008- 近代建築の修復技術知識の体系化に関する研究に従事
研究職歴 2008-2009 日本学術振興会 特別研究員PD・首都大学東京都市環境科学研究科
2009-2011 東京理科大学工学部第二部建築学科 助教
2010-2011 東京都市大学都市生活学部 非常勤講師
2012- 東京理科大学工学部第一部建築学科 講師(現職)
性別
生年月
研究キーワード 建築計画・構法
研究分野
都市計画・建築計画 (建築構法計画)
研究課題
受賞
2021年 3月
住総研 研究・実践選奨
学会活動
2014年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本建築学会各部構法設計小委員会 委員
2012年 4月 1日 ~ 2013年 3月 31日
日本建築学会「各部構法設計小委員会」 委員
2011年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
日本建築学会「各部構法設計小委員会」 委員
2009年 4月 ~ 2010年 3月
日本建築学会「国立西洋美術館本館の保存活用計画策定に関する調査WG」 委員
2008年 6月 ~ 2011年 3月
日本建築学会「既存建築を活かす対震改修デザイン特別調査委員会」 WG幹事補佐
客員教授
専攻分野 建築計画
研究分野 建築構法、改修技術、構法史
既存建築を再生・活用する時代において、建物のしくみ・構法が時代によりどのように変化してきたか、また、それらの再生事例に用いられた手法や技術を蓄積し共有する研究に取り組み、効果的に再生の質を高めていくことを目指しています。また、スペインのレンガ造構法であるカタルーニャ・ヴォールトの施工実験、集合住宅における居住者主体性に着目したDIYの手がかりとなる木造フレームの製作など、ものづくりを通した研究も特徴です。
研究テーマ
  1. 近代建築の修復手法・技術のライブラリー化に関する研究

  2. 組積造とRC造の構法的連続性(カタルーニャ・ヴォールト施工実験)

  3. 木密地域におけるリノベーションと防災構法