教員紹介

ABOUT TUS

コウノ マモル

河野 守教授

KOHNO Mamoru

東京理科大学 理工学研究科 国際火災科学専攻

河野研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/k-lab/K-lab_HP_main.html
出身大学
1982年  京都大学  工学部  建築学科  卒業
出身大学院
1984年  京都大学  工学研究科  建築学専攻  修士課程 修了
取得学位
名古屋大学  工学博士  論文
研究経歴
研究職歴 1984-1991 名古屋大学工学部 助手
1991-1997 名古屋大学工学部 講師
1997-2001 名古屋大学大学院工学研究科 助教授
2001-2004 独立行政法人建築研究所 上席研究員
2004-2007 国土交通省国土技術政策総合研究所 防火基準研究室長
2007-2009 同 建築品質研究官
性別
生年月
研究キーワード
研究分野
建築構造・材料 (建築物の構造および火災安全工学)
研究課題
限界状態設計を指向した鋼構造耐火設計の構築
受賞
2020年 5月 19日
特別功労賞
学会活動
2012年 6月 1日 ~ 2014年 5月 31日
日本建築学会 鋼構造耐火設計小委員会主査
2011年 6月 1日 ~ 2013年 5月 31日
日本建築学会 耐火被覆小委員会主査
2010年 6月 1日 ~ 2012年 6月 30日
日本建築学会 学会誌及び論文誌の編集者
2005年 5月 1日 ~ 2009年 4月 30日
日本火災学会 学会誌及び論文誌の編集者
2005年 5月 1日 ~ 2009年 4月 30日
日本火災学会 学会理事等
客員教授
専攻分野 建築構造/構造設計
研究分野 耐震設計/耐火設計/構造信頼性
建築物は、私達の生活を支える最も基本的な入れ物です。そんな建築物にはまず安全に私達を守ってくれることが求められます。ですから、建築物はそれ自体の重さに耐えることはもちろん、建築物の外から働く地震、暴風、積雪のような様々な作用にも耐え、時には建築物の中で起こる火災にも耐えることが求められます。これらを含めて、建築物に関わるものは多かれ少なかればらつきがありますから、これらのばらつきを考慮に入れて、建築物の構造的な安全を考えなければなりません。これを考える専門分野が建築構造です。河野研究室では、建築物に働く様々な作用を分析し、地震や火災等に対して安全な構造物を設計するための研究を行っています。
研究テーマ
  1. 地震時の建物応答、実構造物の地震時挙動

  2. 火災加熱時の梁の変形挙動

  3. リスクを適切に考慮した設計水準