梅澤 雅和

ABOUT TUS

ウメザワ マサカズ

梅澤 雅和講師

UMEZAWA Masakazu

東京理科大学 先進工学部 マテリアル創成工学科

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
masa-ume@rs.tus.ac.jp
ホームページURL https://sites.google.com/view/umelabsince2021/umelab-home
https://researchmap.jp/masa-ume/
https://scholar.google.co.jp/citations?user=S1-w2zEAAAAJ&hl=ja
出身大学
2006年  東京理科大学  薬学部  薬学科  卒業
出身大学院
2010年  東京理科大学  薬学研究科  薬学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京理科大学  博士(薬学)  課程
研究経歴 2009-2011 子宮内膜症の病態モデルを用いた治療薬探索
2009-15 網羅的遺伝子発現データマイニング
2011- ナノ粒子の次世代影響
2012- 妊娠期の脂質摂取の次世代健康科学
2016- 第二の生体の窓における多次元生体深部イメージング
研究職歴 2008-2009 東京理科大学総合研究機構 ナノ粒子健康科学研究センター リサーチアシスタント
2009-2011 日本学術振興会 特別研究員
201104-201603 東京理科大学総合研究機構 戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター ポストドクトラル研究員・助教・講師
201304-201403 東京理科大学薬学部 助教
201604-202103 東京理科大学 研究推進機構総合研究院 基礎工学部材料工学科 曽我研究室 プロジェクト研究員
研究キーワード ナノ粒子、タンパク質二次構造、近赤外、バイオイメージング、ナノメディカル工学、発育発達、衛生薬学
研究分野
ナノ材料化学 (タンパク質二次構造、ドラッグデリバリー)
物理系薬学 (タンパク質相互作用、ナノ材料)
環境・衛生系薬学 (ナノ粒子、脳神経系、バイオインフォマティクス、栄養、発生毒性)
環境生理学(含体力医学・栄養生理学) (生体深部温度)
研究課題
受賞
2018年 12月
日本MRS 第28回年次大会 奨励賞
2016年 6月
日本毒性学会 田邊賞
2013年 9月 13日
日本薬学会環境・衛生部会 部会賞・金原賞
2012年 8月 1日
リバネス研究費 エディテージ賞 奨励賞
2011年 9月 24日
東京理科大学理窓博士会 学術奨励賞
2009年 12月 9日
国際毒性学会 PPTOXII Student Travel Award
2009年 11月 5日
日本薬学会環境・衛生部会 フォーラム2009優秀若手研究者賞
2008年 3月 19日
東京理科大学大学院薬学研究科 2007年度修士論文優秀賞
学会活動
2022年 2月 ~ 2022年 9月
日本幼少児健康教育学会 第41回大会【秋季:山陽小野田大会】大会会長
2021年 11月 ~ 2022年 2月
日本幼少児健康教育学会 第40回記念大会【春季:赤羽台大会】オンライン大会組織委員
2021年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
日本幼少児健康教育学会 広報委員会 副委員長
2021年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
日本幼少児健康教育学会 学会理事等
2020年 12月 ~ 2021年 2月
日本幼少児健康教育学会 第39回大会【春季:加須大会】オンライン大会組織委員
2020年 4月 ~ 2023年 3月
日本幼少児健康教育学会 国際交流委員会 委員長
2017年 8月 ~ 2020年 3月
日本幼少児健康教育学会 国際交流委員会 副委員長
2015年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
日本幼少児健康教育学会 学会誌及び論文誌の編集者
2015年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
日本幼少児健康教育学会 広報委員会
2015年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
日本幼少児健康教育学会 学会理事等
2013年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本幼少児健康教育学会 学会誌及び論文誌の編集者
客員教授
2019年 12月 ~ 2023年 3月
理化学研究所 光量子工学研究センター 画像情報処理研究チーム  客員研究員
2020年 9月 ~ 2022年 3月
国立がん研究センター 先端医療開発センター 機能診断開発分野 外来研究員
2019年 1月 ~ 2023年 3月
山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部 客員准教授
グループ バイオ、ナノテク・材料、環境、その他
その他 : 脳神経系
研究・技術キーワード DDS、タンパク質、ナノ粒子、エクソソーム、赤外分光
研究・技術テーマ
  • DDSのためのタンパク質ナノ粒子の立体構造制御
  • 生体由来のナノ粒子の構造と機能の解明
  • 生体分子プロファイルの機械学習による新機能探索
  • 脳機能のイメージング材料の開発
  • 薬効分子・材料の近赤外蛍光標識
研究・技術内容 人工ナノ粒子ならびにタンパク質材料の構造および機能を制御し、詳細な動的変化のモニタリングを、分光学的技術により可視化する技術開発を行っている。これにより、ナノ物質とタンパク質など生体分子との相互作用の体系的検証も進めている。ナノ物質およびタンパク質の構造分析に汎用されるX線回折、電子顕微鏡観察などでは対象が主に固体試料に限られる。これに対して、液相中試料の特性ならびにその動的変化の観測が可能であり、顕微下でも観察可能な光イメージング技術の活用を目指している。ナノプローブの生体応用や、生体プロファイルに関する大規模データの機械学習による生体応答の可視化も進めている。
産業への利用 ナノプローブの設計や、ナノ-バイオ(生体分子)相互作用の情報は、応用の展開が具体化してより活かされる。生体内の微細構造や機能の動的変化など、既存の技術で見えない対象の可視化に関心のあるパートナーとの共同研究を積極的に行っています。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導、国際的な産学連携への対応
具体的な産学連携形態内容 ナノ粒子や類似活性種を放出する製品の曝露評価・健康リスク評価(2011年~)。環境からのナノ粒子除去技術の性能評価のための情報提供(2013年~)。
その他所属研究機関 総合研究院 スマートヘルスケアシステム研究部門
所属研究室 先進工学部 マテリアル創成工学科 ナノメディカル工学(梅澤)研究室
所有研究装置 浮遊微小粒子測定装置(個数濃度、質量濃度、粒度分布)、定量的PCR装置、クライオスタット、ミクロトーム、ウルトラミクロトーム
SDGs
専攻分野
研究分野
研究テーマ
    -
   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
マテリアル工学実験1 前期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
材料のプロセスと機能2材料のプロセスと機能2 後期 水曜2限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Faculty of Advanced Engineering
Department of Materials Science and Technology
マテリアル工学実験3 前期 火曜3限 火曜4限 火曜5限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering 
マテリアル工学実験3 後期 火曜3限 火曜4限 火曜5限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
材料のプロセスと機能1材料のプロセスと機能1 前期 水曜2限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Faculty of Advanced Engineering
Department of Materials Science and Technology
材料のプロセスと機能3 後期 水曜3限 水曜4限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Faculty of Advanced Engineering
Department of Materials Science and Technology
卒業研究 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
先進工学部マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
文献講読 前期 集中講義 先進工学部マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
キャリアのためのマテリアル工学論 前期 木曜4限 マテリアル創成工学科
マテリアル工学特別講義3 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別実験1A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別実験1B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別演習1A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別演習1B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering