八森 祥隆

ABOUT TUS

ハチモリ ヨシタカ

八森 祥隆准教授

Hachimori Yoshitaka

東京理科大学 理工学部 数学科

八森研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
ホームページURL https://wiki.ma.noda.tus.ac.jp/rs/start
https://researchmap.jp/read0135479_2543-nm
https://researchmap.jp/read0135479_2543-nm?lang=en
出身大学
1994年  東京大学  理学部  数学科  卒業
出身大学院
2001年  東京大学  数理科学研究科  数理科学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京大学  修士(数理科学)  課程
東京大学  博士(数理科学)  課程
研究経歴 1994-- 整数論、特に岩澤理論についての研究に従事
研究職歴 200004-200103 日本学術振興会 特別研究員(DC2) 受入機関:東京大学
200104-200303 日本学術振興会 特別研究員(PD) 受入機関:学習院大学
200304-200403 学習院大学 理学部 数学科 助手(無給)
200304-200409 東京工業大学 非常勤講師
200404-200408 東京大学 大学院数理科学研究科 21世紀COEプログラム研究拠点形成特任研究員(時間雇用)
200404-200409 日本大学 生産工学部 非常勤講師
200408-200603 Centre Interuniversitaire en Calcul Mathematique Algebrique(CICMA, Montreal, Canada) CRM-CICMA Postdoctoral Fellow
200409-200505 Concordia University Research Assistant Professor
200509-200512 Concordia University Research Assistant Professor
200604-200703 慶應義塾大学 理工学部 数理科学科 専任講師(有期)
200704-201103 東京理科大学 理工学部 数学科 講師
201104- 東京理科大学 理工学部 数学科 准教授
研究キーワード 整数論、岩澤理論
研究分野
代数学 (整数論、岩澤理論、楕円曲線、 セルマー群, p進Lie拡大)
研究課題
代数体や楕円曲線に付随する、セルマー群とL 関数という二つの性質の異なる対象物の間には神秘的関係があると信じられており、整数論の中心的課題の一つである。これらの対象物の大きなガロア拡大体での振る舞いを見ることでその関係を p 進的に精密化する岩澤理論がテーマであり、特にp 進リー拡大という非可換拡大に理論を一般化する試みや一般のガロア表現に対する岩澤理論が現在の研究課題である。
受賞
学会活動
客員教授
2015年 4月 1日 ~ 2016年 3月 31日
DPMMS, Univ. of Cambridge (Visiting Scholar, 在外研究)
専攻分野 代数学
研究分野 整数論
代数体と楕円曲線の数論に興味があります。特にこれらに付随するセルマー群とゼータ関数の、Z_p拡大とよばれる大きなガロア拡大体上でのふるまいを記述する岩澤理論がテーマです。非可換なp進Lie拡大に理論を一般化する試みや、より一般のガロア表現の岩澤理論を研究しています。
研究テーマ
  1. 楕円曲線の岩澤理論

  2. 非可換岩澤理論

  3. ガロア表現の岩澤理論