近藤 剛史

ABOUT TUS

コンドウ タケシ

近藤 剛史准教授

KONDO Takeshi

東京理科大学 理工学部 先端化学科

近藤研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
t-kondo@rs.tus.ac.jp
ホームページURL
出身大学
1999年  東京大学  工学部  応用化学科  卒業
出身大学院
2004年  東京大学  工学系研究科  応用化学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(工学)  課程
研究経歴 1999-2003 導電性単結晶ダイヤモンドの電気化学特性に関する研究に従事
2004- 導電性ダイヤモンドの表面機能化と電気化学応用に関する研究に従事
研究職歴 2004-2007 東京理科大学工学部 助手
2007-2009 東京理科大学工学部 助教
2009-2013 東京理科大学理工学部 助教
201104-201203 Drexel University Visiting Research Professor
2013- 東京理科大学理工学部 講師
研究キーワード 物理化学、電気化学、機能性界面
研究分野
機能物性化学
研究課題
受賞
2019年 12月 23日
Keynote Presentation Award
2013年 4月 27日
平成24年度 材料技術研究協会論文賞
2012年 12月 8日
2012年 材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2012年 12月 8日
2012年 材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2012年 12月 8日
2012年 材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2012年 12月 8日
2012年 材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2012年 2月 10日
Analytical Sciences Hot Article Award
2011年 12月 3日
2011年 材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2011年 12月 3日
2011年 材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2011年 9月 8日
第63回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞
2010年 11月 4日
2010年度色材協会研究発表会優秀ポスター賞
2010年 3月 30日
平成22年度 電気化学会進歩賞・佐野賞
2009年 3月 28日
第23回若い世代の特別講演会
2008年 10月 21日
第22回 ダイヤモンドシンポジウム 優秀ポスター賞
2008年 9月 12日
2008年度色材研究発表会 優秀講演賞
2007年 9月 27日
日本化学会 第1回関東支部大会 優秀ポスター賞
学会活動
2017年 5月 1日 ~ 2018年 3月
電気化学会 電気化学会第85回大会実行委員
2017年 3月 1日 ~ 2019年 2月 28日
日本油化学会 学術専門委員会委員
2015年 5月 15日 ~ 2016年 5月
ニューダイヤモンドフォーラム ダイヤモンドシンポジウム実行委員長
2015年 5月 1日 ~ 2017年 3月
電気化学会 大会学術企画委員会委員
2013年 11月 2日 ~ 2014年 10月 31日
日本化学会 代議員
2013年 3月 1日 ~ 2015年 2月 28日
電気化学会 普及委員
2013年 3月 1日 ~ 2015年 2月 28日
電気化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2013年 3月 1日 ~ 2015年 2月 28日
電気化学会 関東支部幹事
2012年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
電気化学会 分子機能電極研究会幹事
2010年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
電気化学会 分子機能電極研究会役員
2010年 3月 1日 ~ 2012年 2月 29日
電気化学会 国際交流委員会委員
2009年 11月 1日 ~ 2010年 10月 31日
日本化学会関東支部 代議員
2008年 6月 26日 ~ 2016年 5月
ニューダイヤモンドフォーラム 学術委員会委員
2008年 4月 1日 ~ 2016年 2月 29日
日本化学会コロイドおよび界面科学部会 学会誌及び論文誌の編集者
客員教授
グループ ナノテク・材料
研究・技術キーワード 電気化学、機能性材料
研究・技術テーマ
  • ダイヤモンド電極の表面改質・修飾による機能化・電気化学分析応用
  • 導電性ダイヤモンドパウダーの作製と機能性電極応用
  • 多孔質ダイヤモンド電極
  • 多孔質ダイヤモンド球状粒子のカラム充填剤・触媒への応用
  • ダイヤモンドナノ粒子の表面制御
研究・技術内容 ダイヤモンド電極はクリーンで高効率な電気分解や高感度で安定な電気化学分析を実現する新規機能性電極材料です。本研究室では表面改質・修飾技術を駆使し、これらの用途におけるダイヤモンド電極のさらなる機能化に挑戦しています。
産業への利用 ダイヤモンド電極を用いたクリーンな電気分解反応による水の浄化・機能水の生成および金属イオンから有機物まで、高感度な電気化学分析。ダイヤモンドを基板とする高性能分子デバイス。導電性ダイヤモンドパウダーおよびそのインクを用いた機能性電極の開発。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
具体的な産学連携形態内容 上記関連テーマのほか、基礎的な電気化学特性評価も可能です。ダイヤモンド電極の新規応用・実用化に向けた共同研究なども歓迎いたします。
その他所属研究機関 総合研究院光触媒国際研究センター、先端ECデバイス研究部門、界面科学研究部門
所属研究室 理工学部先端化学科 湯浅・近藤研究室
所有研究装置 ダイヤモンド薄膜合成装置、電気化学測定装置
SDGs
専攻分野 応用生物無機・物理化学
研究分野 生体模倣化学、電気化学、高分子化学
私たちは、ナノテクノロジー・生体模倣化学・電気化学などの学問分野を複合的に駆使した高機能な材料やデバイスの創製に取り組んでいます。例えば、生体内で特異的な機能を示すヘムタンパク質のモデルである金属ポルフィリン類を合成し、抗がん剤・抗酸化剤・活性酸素種センサー・燃料電池触媒などへ応用する研究を展開しています。また、ダイヤモンドを機能性材料の素材として利用する研究も行っており、高性能な電気化学センサー・物質分離材料・触媒・キャパシタなど、新規応用分野の開拓を目指しています。
研究テーマ
  1. 抗がん作用DDSとしての修飾金属ポルフィリンを包埋したリポソームの開発

  2. 組織・細胞工学への応用を目指した生体適合性ポリマーの合成と機能評価

  3. 導電性ダイヤモンド・ダイヤモンドナノ構造体の作製と機能材料応用

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 生命科学研究科/修士課程
Graduate School of Biological Sciences
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 生命科学研究科/博士課程、博士後期課程
Graduate School of Biological Sciences
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 薬学研究科/修士課程
Graduate School of Pharmaceutical Sciences
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 薬学研究科/博士課程、博士後期課程
Graduate School of Pharmaceutical Sciences
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
創域特別講義 前期 集中講義 理工学部全学科、薬学部全学科
化学 前期 月曜3限 理工学部 数学科
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 理工学研究科/博士課程
Graduate School of Science and Technology/Doctor course
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
化学1‐A及び演習 前期 月曜2限 木曜1限 理工学部 先端化学科
化学1‐B及び演習 後期 月曜2限 木曜1限 理工学部 先端化学科
先端化学通論1 前期 集中講義 理工学部 先端化学科
Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology
先端化学通論2 後期 集中講義 理工学部 先端化学科
Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology
化学数学 前期 金曜3限 理工学部 先端化学科
旧:機器分析実験 前期~後期 前期(火曜2限 火曜3限 火曜4限 火曜5限)
後期(火曜2限 火曜3限 火曜4限 火曜5限)
理工学部 先端化学科
無機化学実験 前期~後期 前期(火曜2限 火曜3限 火曜4限 火曜5限)
後期(火曜2限 火曜3限 火曜4限 火曜5限)
理工学部 先端化学科
先端化学特別講義2 後期 月曜5限 理工学部 先端化学科
工業分析化学 後期 集中講義 理工学部 先端化学科
旧:特別講義(2017年度入学以前) 前期 月曜5限 理工学部 先端化学科
先端化学特別講義1 前期 月曜5限 理工学部 先端化学科
安全科学 後期 金曜4限 理工学部 先端化学科
化学工学実験(2017年度以前対象) 後期 木曜2限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 理工学部 先端化学科
物理化学実験 前期 木曜2限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 理工学部 先端化学科
先端化学実験 後期 木曜2限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 理工学部 先端化学科
化学工学基礎 後期 金曜1限 理工学部 先端化学科
CA卒研(近藤) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学部 先端化学科
先端物理化学特論A 後期 水曜1限 理工学研究科 先端化学専攻
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology
研究実験(湯浅) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学研究科 先端化学専攻
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology