安盛 敦雄

ABOUT TUS

ヤスモリ アツオ

安盛 敦雄教授

YASUMORI Atsuo

東京理科大学 先進工学部 マテリアル創成工学科

安盛・勝又研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
ホームページURL
出身大学
1983年  東京工業大学  工学部  無機材料工学科  卒業
出身大学院
1985年  東京工業大学  理工学研究科  無機材料工学専攻  博士課程 中退
取得学位
東京工業大学  工学博士  論文
研究経歴 1983-1990 金属アルコキシドのゾルゲル反応の解明
1985-現在 ゾルゲル法・溶融法による光機能材料の開発
1985-1990 核磁気共鳴分光法やX線小角散乱法によるガラスの相分離構造の調査
1991-現在 酸化物半導体光触媒の作製
1995-2001 酸化物半導体を用いた湿式太陽電池の作製
1999-現在 ガラスの分相現象を用いた高輝度発光材料の作製
2001-現在 酸化物半導体を用いた化学センサ材料の作製
研究職歴 1985-1991 東京工業大学・工学部・無機材料工学科 助手
1991-1992 米国アリゾナ大学・材料研究所 博士研究員
1993-1999 東京工業大学・工学部・無機材料工学科 助教授
1999-2002 東京工業大学大学院・理工学研究科・材料工学専攻 助教授
2002-2003 東京理科大学・基礎工学部・材料工学科 助教授
2004- 東京理科大学・基礎工学部・材料工学科 教授
研究キーワード 無機材料工学
研究分野
無機材料・物性 (ガラス材料、光・電磁気・熱的機能性、光触媒、化学センシング)
研究課題
無機ガラス材料、光・電磁気・熱機能性材料、光触媒材料、化学-バイオセンサ材料
酸化物半導体光触媒による汚染物質の分解に関する研究
多孔質酸化物半導体化学センサーの作製に関する研究
受賞
2012年 6月 8日
第66回(平成23年度)日本セラミックス協会賞 学術賞
2004年 11月 30日
Outstanding Poster Award, The Fall Meeting of the Materials Research Society
1994年 5月 20日
第48回(平成5年度)日本セラミックス協会賞 進歩賞
学会活動
2021年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
公益社団法人 日本セラミックス協会 関東支部 副部会長
2017年 6月 ~ 2019年 6月
無機マテリアル学会 評議員
2017年 6月 ~ 2018年 6月
公益社団法人 日本セラミックス協会 運営委員会 委員長
2016年 6月 ~ 2018年 6月
公益社団法人 日本セラミックス協会 資源環境関連材料部会 部会長
2016年 6月 ~ 2017年 6月
公益社団法人 日本セラミックス協会 運営委員会 委員長
2016年 5月 ~ 2018年 4月
公益社団法人 日本セラミックス協会 関東支部 常任幹事
2015年 6月 ~ 2017年 6月
無機マテリアル学会 評議員
2015年 6月 ~ 2016年 6月
公益社団法人 日本セラミックス協会 運営委員会 委員長
2014年 6月 ~ 2016年 6月
公益社団法人 日本セラミックス協会 学会理事等
2014年 6月 ~ 2015年 5月
公益社団法人 日本セラミックス協会 行事企画委員会 委員長
2014年 5月 ~ 2016年 4月
公益社団法人 日本セラミックス協会 関東支部 常任幹事
2013年 6月 7日 ~ 2015年 6月
無機マテリアル学会 評議員
2013年 6月 ~ 2014年 5月
公益社団法人 日本セラミックス協会 行事企画委員会 副委員長
2013年 6月 ~ 2014年 5月
公益社団法人 日本セラミックス協会 教育委員会 顧問
2012年 6月 ~ 2013年 5月
公益社団法人 日本セラミックス協会 教育委員会 顧問
2012年 6月 ~ 2014年 5月
公益社団法人 日本セラミックス協会 資源・環境関連材料部会 副部会長
2012年 6月 ~ 2013年 5月
公益社団法人 日本セラミックス協会 経営審議会 委員
2012年 5月 ~ 2014年 4月
公益社団法人 日本セラミックス協会 関東支部 常任幹事
2011年 6月 3日 ~ 2013年 6月
無機マテリアル学会 評議員
2011年 6月 ~ 2013年 6月
公益社団法人 日本セラミックス協会 広報委員会 委員長
2011年 6月 ~ 2013年 6月
公益社団法人 日本セラミックス協会 学会理事等
2011年 6月 ~ 2013年 6月
公益社団法人 日本セラミックス協会 運営委員会 委員
2011年 6月 ~ 2012年 5月
(社)日本セラミックス協会 教育委員会 委員
2010年 5月 ~ 2012年 4月
(社)日本セラミックス協会 関東支部常任幹事
2009年 6月 15日 ~ 2011年 6月 16日
(社)日本セラミックス協会 情報委員会 副委員長
2009年 6月 5日 ~ 2011年 6月
無機マテリアル学会 評議員
2009年 6月 ~ 2011年 5月 31日
(社)日本セラミックス協会 教育委員会 委員
2009年 4月 ~ 2010年 3月
(社)ニューガラスフォーラム ニューガラス大学院委員会 委員
2008年 5月 ~ 2010年 4月
(社)日本セラミックス協会 行事企画委員会 委員
2008年 5月 ~ 2010年 4月
(社)日本セラミックス協会 関東支部常任幹事
2008年 4月 ~ 2009年 3月
(社)ニューガラスフォーラム ニューガラス大学院委員会 委員長
2007年 5月 ~ 2009年 4月
(社)日本セラミックス協会 教育委員会 委員長
2007年 4月 ~ 2009年 3月
無機マテリアル学会 評議員
2007年 4月 ~ 2008年 3月
(社)ニューガラスフォーラム ニューガラス大学院委員会 委員長
2006年 5月 ~ 2008年 4月
(社)日本セラミックス協会 関東支部常任幹事
2006年 4月 ~ 2007年 3月
(社)ニューガラスフォーラム ニューガラス大学院委員会 委員長
2005年 5月 ~ 2007年 4月
(社)日本セラミックス協会 教育委員会 副委員長
2005年 4月 ~ 2007年 3月
無機マテリアル学会 評議員
2005年 4月 ~ 2006年 3月
(社)ニューガラスフォーラム ニューガラス大学院委員会 委員長
2004年 5月 ~ 2006年 4月
(社)日本セラミックス協会 関東支部常任幹事
2003年 5月 ~ 2004年 4月
(社)日本セラミックス協会 関東支部常任幹事
2003年 4月 ~ 2006年 3月
(社)日本セラミックス協会 学術論文誌編集委員
2002年 5月 ~ 2003年 4月
(社)日本セラミックス協会 関東支部常任幹事
客員教授
グループ ナノテク・材料、環境
研究・技術キーワード 無機ガラス材料、光機能性材料、熱・機械物性
研究・技術テーマ
  • 遷移元素イオンの蛍光を用いたガラス材料の構造評価
  • ガラスの着色・発光を用いた焼成環境センシング
  • ガラスビーズ焼結体フィルタを用いた細胞の分離・回収
  • ガラスビーズ焼結体+高分子ゲル複合フィルタを用いた遷移金属イオンの分離・回収
  • チタニア−吸着材複合ガラス材料の光触媒機能
研究・技術内容 資源・環境・エネルギーに関する多くの問題を解決するために、環境浄化やセンシング機能を有する無機半導体微粒子・薄膜・ファイバーや、資源・エネルギーを有効に利用できる発光材料、さらにガラスと多様な材料との複合化による高機能かつ低環境負荷である無機機能材料の研究を行なっています。
産業への利用 実用材料を目指した研究を行っていますが、現在の成果が直ちに製品化となるということではなく、次世代を睨んだ研究を進めて貢献ができればと考えています。そのためにはわれわれのシーズと現場のニーズの相互情報交換が必要不可欠と思っています。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
具体的な産学連携形態内容 上記のテーマに関しては、いずれも産学連携が可能と考えています。特に現在使用されている実用材料と、われわれが研究している材料との実装による比較・検討ができれば、連携の効果が上がるのではないかと考えています。
その他所属研究機関
所属研究室 先進工学部・マテリアル創成工学科・安盛-勝又研究室
所有研究装置 紫外可視分光光度計、赤外分光光度計、蛍光分光光度計、熱機械測定装置、示差熱分析計、X線回折測定装置、ガスクロマトグラフ、イオンクロマトグラフ、窒素吸着測定装置、電気炉、切断・研磨装置
SDGs
専攻分野 無機材料工学
研究分野 光機能材料、ガラスおよびセラミックス
ガラスは、はるか昔から窓や容器に使われている透明で美しい材料ですが、優れた光・化学・機械的機能も持っています。光通信システムやディスプレイ、あるいは医薬・化成品は、ガラスが無ければ製造することができません。私たちは、このガラスの持つ多様な機能を進化させると共に、他の材料とも複合化することで、エネルギーや環境、バイオ・医療分野などで役立つ高機能な材料の創製を目指しています。
http://yasumori-lab.moon.bindcloud.jp/index.html
研究テーマ
  1. 高強度や高耐熱・耐酸化性を持つガラス・ガラスセラミックスの開発

  2. 光触媒と吸着材を複合化した環境浄化ガラスの開発

  3. 細胞分離用のガラスフィルタや化学・応力センシングガラスの開発

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
材料のプロセスと機能3 後期 水曜3限 水曜4限 先進工学部 マテリアル創成工学科
Faculty of Advanced Engineering
Department of Materials Science and Technology
卒業研究 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
先進工学科 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
文献講読 前期 集中講義 先進工学部 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
セラミックス工学特論1 前期 金曜1限 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology
マテリアル工学特別講義3 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別演習1A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別演習1B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別演習2A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別演習2B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別実験1A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別実験1B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別実験2A 前期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
マテリアル工学特別実験2B 後期 集中講義 先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering