野島 雅

ABOUT TUS

ノジマ マサシ

野島 雅講師

NOJIMA Masashi

東京理科大学 研究推進機構 総合研究院

総合研究機構 野島研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:5025
mnojima@rs.noda.tus.ac.jp
ホームページURL http://www.rs.noda.tus.ac.jp/~mnojima/
出身大学
1998年  早稲田大学  理工学部  応用化学科  卒業
出身大学院
2003年  東京大学  工学系研究科  応用化学専攻  修士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(工学)  課程
研究経歴 1998年 早稲田大学理工学部応用化学科卒業
2000年 東京大学工学系研究科修士課程修了
2003年 東京大学大学院・工学系研究科・博士課程修了
2003年 東京理科大学・総合研究所・助手
2005年 東京理科大学・総合研究機構・助手
2007年 東京理科大学・総合研究機構・講師
研究職歴 2003-2004 東京理科大学総合研究所 助手
研究キーワード マイクロビームアナリシス
研究分野
分析化学
研究課題
物質先導選択型の新しい材料製造プロセス
受賞
2022年 3月 10日
令和4年度 公益財団法人新素材情報財団助成制度採択
2021年 7月 6日
2021年度キオクシア(旧:東芝メモリ)奨励研究採択
2021年 3月 12日
2021年度 東芝デバイス&ストレージ株式会社学術奨励制度採択
2020年 3月 1日
2020年度 東芝デバイス&ストレージ株式会社学術奨励制度採択
2019年 4月 1日
東芝デバイス&ストレージ株式会社学術奨励制度採択
2018年 6月 28日
Best Poster Karen Award
2018年 3月 16日
平成30年度 公益財団法人精密測定技術振興財団助成制度採択
2017年 12月 11日
平成29年度 公益法人島津科学技術振興財団研究開発助成制度採択
2017年 8月 29日
榊技術賞
2001年 11月
学生奨励賞
学会活動
2011年 12月 6日 ~ 2013年 12月 11日
第9回 原子レベルによるキャラクタリゼーションに関する国際会議 2011 実行委員
2011年 6月 23日 ~ 2011年 6月 24日
第13回成蹊SIMS国際シンポジウム プログラム委員
2011年 6月 ~ 2013年 6月
日本表面科学会 論文賞等選定委員会委員
2010年 12月 6日 ~ 2011年 12月 11日
第8回 原子レベルによるキャラクタリゼーションに関する国際会議 2011 実行委員
2010年 6月 10日 ~ 2010年 6月 11日
第12回成蹊SIMS国際シンポジウム プログラム委員
2009年 12月 6日 ~ 2009年 12月 11日
第7回 原子レベルによるキャラクタリゼーションに関する国際会議 2009 実行委員
2009年 11月 1日 ~ 2010年 10月 31日
日本化学会 代議員
2009年 10月 ~ 2013年 10月
マイクロビームアナリシス第141委員会 企画委員
2009年 6月 11日 ~ 2009年 6月 12日
第11回成蹊SIMS国際シンポジウム プログラム委員
2008年 10月 28日 ~ 2008年 10月 28日
総合研究機構フォーラム2008 実行委員長
2008年 6月 17日 ~ 2008年 6月 18日
第10回成蹊SIMS国際シンポジウム プログラム委員
2007年 7月 ~ 2007年 11月 12日
総合研究機構フォーラム 実行委員
2007年 3月 ~ 2008年 1月
第16回二次イオン質量分析法に関する国際会議 プログラム編成委員
2007年 3月 ~ 2007年 11月
6th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '07 運営委員
客員教授
グループ バイオ、ナノテク・材料、環境
研究・技術キーワード 分析化学、機器分析化学
研究・技術テーマ
  • バイオ分子構造解析用マスフィルター・質量分析器の開発
  • 二次イオン質量分析を用いた黄砂の同位体分析
  • 3次元アトムプローブの高精度化に関するシミュレーション
  • X線光電子回折法を用いた超薄膜材料の構造解析
  • 新しい原理を用いた質量分析器でのイオン軌道シミュレーションとその評価
研究・技術内容  本開発は、全く新しい原理の質量分離器を開発することによって、これまでの質量分析技術を一新することを目標とする。現在我が国の質量分析装置市場は、海外で開発された要素技術により製品群も海外勢に席捲されている。本開発は、この現状に風穴をあけるインパクトのある成果が期待できる。1919年Astonにより速度収束型質量分析器が開発された。ほぼ時を同じくして、Dimpsterにより現在の形に近い単収束質量分析計が開発された。1946年W.E.Stephensらにより飛行時間型質量分析器(TOF-MS)が開発された。1953年にW.Paulによって四重極型質量分析計(Q-MS)が開発された。それ以降それぞれの技術は成熟し、イオン化法の革新により様々な質量分析法が開発された。  一方で、これまでにない原理を用いた質量分離器の開発については等閑になっている。このままでは、我が国の技術革新が頭打ちになってしまうことが容易に予測される。本開発は、これまでの質量分析技術にはない測定原理・測定アルゴリズムに基づいて未踏の測定分野を開拓する。
産業への利用  私供は、今まで見ることのできなかった世界を可視化することをブレークスルーとして、可視化技術を製品化することを目的としております。現在のところ、バイオ分子構造解析用マスフィルター・質量分析器の開発を行っておりこれが製品化されれば医学分野・環境分野・惑星地球分野・バイオ分野に画期的な装置を開発することが可能となります。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
具体的な産学連携形態内容 K09-509 2009年 「研究題目:電子材料の評価技術開発に関する研究」 日本企業 ¥3,000,000 S社
その他所属研究機関 大気科学部門
所属研究室 総合研究院 野島研究室
所有研究装置 二次イオン質量分析装置(AMETEC社 IMS-4f)、JST先端計測分析技術・機器開発プログラム採択課題プロトタイプ二号機、走査型電子顕微鏡(JEOL社 JSM-6500f)、デジタル顕微鏡(Keyence社 VHX1000)
SDGs
専攻分野 マイクロビームアナリシス
研究分野 分析化学・機器分析
 ものづくりなしに、最先端の研究はない。これは、先代である二瓶好正教授がよく言われていたお言葉です。今の時代は、効率の時代です。いかに早く、目先に成果を上げるかに企業はもとより大学も躍起になっており、肝心のものづくりは等閑になっております。今後、中国・アジア諸国の台頭が加速していくと予測されるなか、私共日本人はこれからの日本人に何を伝え残していかなければならないのでしょうか?
 もう一度、ものづくりの立ち位置に戻り、我が国の国策としてものづくりを通した人材育成・日本独自のものづくりに立ち返る以外に生き残る道はないのではないでしょうか?
研究テーマ
    -
   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 生命科学研究科/修士課程
Graduate School of Biological Sciences
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 生命科学研究科/博士課程、博士後期課程
Graduate School of Biological Sciences
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 薬学研究科/修士課程
Graduate School of Pharmaceutical Sciences
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 薬学研究科/博士課程、博士後期課程
Graduate School of Pharmaceutical Sciences
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギーシステム工学特論 前期 火曜1限 理工学研究科/博士課程
Graduate School of Science and Technology/Doctor course
エネルギー環境セミナー1 前期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
エネルギー環境セミナー2 後期 集中講義 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology/Master course 
旧:特別講義(2017年度入学以前) 前期 月曜5限 理工学部 先端化学科
先端化学特別講義1 前期 月曜5限 理工学部 先端化学科
CA卒研(野島) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学部 先端化学科
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology
物質情報工学特論 前期 水曜1限 理工学研究科 先端化学専攻
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology