鎌倉 高志

ABOUT TUS

カマクラ タカシ

鎌倉 高志教授

KAMAKURA Takashi

東京理科大学 理工学部 応用生物科学科

鎌倉研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:3411
kamakura@rs.tus.ac.jp
ホームページURL
出身大学
1982年  東京大学  農学部  農芸化学科  卒業
出身大学院
1985年  東京大学  農学系研究科  農芸化学専攻  博士課程 中退
取得学位
東京大学  農学博士  論文
研究経歴 1993- 植物病原糸状菌の感染特異的器官分化機構についての研究に従事
研究職歴 1985-1990 理化学研究所 微生物制御研究室 研究員補
1990-1996 理化学研究所 微生物制御研究室 研究員
1991-1993 カリフォルニア大学デービス校博士 客員研究員
1996-2002 理化学研究所 微生物制御研究室 先任研究員
2002-2003 理化学研究所 化学遺伝学研究室 先任研究員
2003-2007 東京理科大学理工学部 応用生物科学科 助教授
2007-2009 東京理科大学理工学部 応用生物科学科 准教授
2009- 東京理科大学理工学部 応用生物科学科 教授
研究キーワード 糸状菌、分子生物学
研究分野
分子生物学
応用微生物学 (糸状菌、細菌の分子生物学)
研究課題
糸状菌の遺伝子機能解析
受賞
学会活動
2015年 3月 1日 ~ 2017年 2月 28日
日本農芸化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2012年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本農芸化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2004年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
日本農薬学会 学会誌 編集委員
2004年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
日本農薬学会 農薬バイオサイエンス研究会委員
2003年 4月 1日 ~ 2004年 3月 31日
日本農薬学会 学会誌 編集委員
2003年 4月 1日 ~ 2004年 3月 31日
日本農薬学会 農薬バイオサイエンス研究会委員
2002年 4月 1日 ~ 2003年 3月 31日
日本農薬学会 農薬バイオテクノロジー研究会委員長
2002年 4月 1日 ~ 2003年 3月 31日
日本農薬学会 学会誌 編集委員
客員教授
グループ バイオ
研究・技術キーワード 真核生物の分化、薬剤作用機作の解析と薬剤ターゲットの探索、微生物遺伝子機能解析
研究・技術テーマ
  • 植物病原糸状菌の病原性特異的器官分化関連遺伝子の単離と機能解析
  • 真菌に対する各種薬剤の作用とその作用機作の研究
  • 真菌の新たな遺伝子機能獲得機構の解明
  • 新奇乳酸菌の探索と機能解析
  • 真核生物の核数制御機構の解析
研究・技術内容 作用機作が推定の域を出ない薬剤や、副作用等につき説明が困難な薬剤についてその真の作用点、または副作用点を明らかにする。その際、微生物の分化という複雑でデリケートなアッセイ系を用いることにより、感度の良い生理活性物質の一次スクリーニング系を提供できると考えている。薬剤の結合タンパクの特定から、遺伝子の解析、遺伝子破壊による証明に至るまでの分子遺伝学的手法の一連の流れをほぼ全て実行・提供することが出来る。特に、ファージディスプレイ法を用いて薬剤の新規作用点・副作用点の探索に取り組んでいる。 病原性特異的器官の分化機構を解明するとともに、既存の薬剤の作用機作を確定することにより、これまで以上に有効で安全な制御薬剤の開発につながりうる。また、新たな有用物質生産能や、難利用物質の分解や微生物変換を目指して、真菌および細菌(特に乳酸菌)の探索を行っている。
産業への利用 微生物制御剤(農業用、医療用抗真菌剤)候補化合物の標的分子解析を行っている。スクリーニングの過程で毒性等の問題で開発から外れた化合物も、その作用機作を明らかにし、新規な標的分子に作用するものであることが見出されれば、基礎生物学的研究のツールとしてのみならず、新規なドラッグデザインへの有用な情報として利用できる可能性が開ける。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導、国際的な産学連携への対応
具体的な産学連携形態内容 真菌の特異的な器官分化阻害活性を指標に、これまで、いくつかの既知、及び未知の素材の分化阻害効果を含む生理活性の存在を、感度良く検出することが出来ている。
その他所属研究機関
所属研究室 鎌倉研究室
所有研究装置
SDGs
専攻分野 微生物学/分子遺伝学
研究分野 真核微生物の遺伝子の研究
真菌(カビの仲間)等の真核微生物は、複雑な多細胞生物より小さな染色体をもち、分子生物学的な解析が容易でありながら、真核生物の基本機能をほぼ完全にそろえている研究材料です。この材料を用いて、未だ明らかにされていない基本生命現象の解明を目指しています。また、微生物に固有の能力を研究することにより、それらの能力をどのように獲得したのかという問題にも取組んでいます。
研究テーマ
  1. 真菌の分化関連遺伝子の研究 

  2. 真菌に対する各種薬剤の作用

  3. 真菌の遺伝子発現調節機構の研究

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
医理工学特論 前期 水曜5限 生命科学研究科/修士課程
Graduate School of Biological Sciences / Masters Course
医理工学特論 前期 水曜5限 生命科学研究科/博士後期課程
Graduate School of Biological Sciences / Doctors Course
医理工学特論 前期 水曜5限 薬学研究科/修士課程
Graduate School of Pharmacological Sciences / Masters Course
医理工学特論 前期 水曜5限 薬学研究科/博士・博士後期課程
Graduate School of Pharmacological Sciences / Doctors Course
生命科学入門 前期 水曜5限 理工学部全学科
応用微生物学 後期 水曜2限 理工学部 応用生物科学科
Department of Applied Biological Science, Faculty of Science and Technology
微生物学1 後期 木曜3限 理工学部 応用生物科学科
Department of Applied Biological Science, Faculty of Science and Technology
微生物学2 前期 火曜2限 理工学部 応用生物科学科
Department of Applied Biological Science, Faculty of Science and Technology
基礎生物学実験(2組) 前期 木曜2限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 理工学部 応用生物科学科
基礎生物学実験(1組) 後期 木曜2限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 理工学部 応用生物科学科
食品科学(隔週) 前期 金曜4限 金曜5限 理工学部応用生物科学科
Department of Applied Biological Science, Faculty of Science and Technology
基礎遺伝子工学実験(1組) 前期 金曜1限 金曜2限 金曜3限 金曜4限 金曜5限 理工学部 応用生物科学科
基礎遺伝子工学実験(2組) 後期 金曜1限 金曜2限 金曜3限 金曜4限 金曜5限 理工学部 応用生物科学科
卒業研究(鎌倉)【旧】 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
応用生物科学科
Department of Applied Biological Science
卒業研究1(鎌倉) 前期 集中講義 応用生物科学科
Department of Applied Biological Science
卒業研究2(鎌倉) 後期 集中講義 応用生物科学科
Department of Applied Biological Science
医理工学特論 前期 水曜5限 理工学研究科/修士課程
Graduate School of Science and Technology / Master's Course
医理工学特論 前期 水曜5限 理工学研究科/博士後期課程
Graduate School of Science and Technology / Doctors Course
応用微生物学特論 前期 集中講義 理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Science and Technology
Graduate School of Science and Technology 
応用生物科学演習1A(鎌倉) 前期 月曜4限 理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Science and Technology
Graduate School of Science and Technology
応用生物科学演習1B(鎌倉) 後期 月曜4限 理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology 
応用生物科学演習2A(鎌倉) 前期 月曜5限 理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Science and Technology
Graduate School of Science and Technology
応用生物科学演習2B(鎌倉) 後期 月曜5限 理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology 
分子細胞生物学博士特別研究1B(前澤) 後期 集中講義 理工学研究科 応用生物科学専攻

Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
分子細胞生物学博士特別研究1A(前澤) 前期 集中講義 理工学研究科 応用生物科学専攻

Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
生命機能学博士特別研究1A(定家) 前期 集中講義 理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science, Graduate School of Science and Technology 
生命機能学博士特別研究1B(定家) 後期 集中講義 理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science, Graduate School of Science and Technology 
環境生物科学博士特別研究2A(鎌倉) 前期 集中講義 理工学研究科応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
環境生物科学博士特別研究2B(鎌倉) 後期 集中講義 理工学研究科応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
環境生物科学博士特別研究3A(鎌倉) 前期 集中講義 理工学研究科応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
環境生物科学博士特別研究3B(鎌倉) 後期 集中講義 理工学研究科応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
特別研究(鎌倉) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
応用生物科学特別実験A(鎌倉) 前期 集中講義 理工学研究科応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Scienc and Technology
応用生物科学特別実験B(鎌倉) 後期 集中講義 理工学研究科応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Scienc and Technology
現代生物学【旧】 前期 水曜5限 理工学部全学科
現代生物学【旧】 前期 水曜5限 理工学部全学科