徳永 英司

ABOUT TUS

トクナガ エイジ

徳永 英司教授

TOKUNAGA Eiji

東京理科大学 理学部第一部 物理学科

徳永研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)   内線:2414
FAX : 03-5228-7388
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/eiji/
出身大学
1987年  東京大学  理学部  物理学科  卒業
出身大学院
1992年  東京大学  理学系研究科  物理学  博士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(理学)  課程
研究経歴 1987-88 ビームプラズマ放電の研究 (宇宙科学研究所河島研)
1989-91 周波数領域干渉計によるフェムト秒位相分光法の開発、
    時間分解分光におけるKK変換の破れの発見と適用条件の定式化 (東京大学小林研)
1992-95 CuCl励起子・励起子分子の波数空間分光 (東大物性研松岡研)
1996-00 CuCl励起子逆系列発光の発見、半導体量子点の研究、多チャンネルロックインの開発(JST 舛本単一量子点プロジェクト)
2000-01 多チャンネルロックインの開発(東京大学小林研)
2002- (東京理科大)  
    電子遷移-格子振動2次元分光法の開発
    赤外自由電子レーザーによる半導体可視発光
    ポルフィリンJ会合体の巨大な電気光学Kerr効果、水の巨大な電気光学Pockels効果の発見
    単一有機ナノ結晶の非線形吸収分光による吸収のサイズ効果の解明,
    緑藻の2週間以上継続する光水素発生, 単一細胞の吸収分光イメージング法の開発, 
    光誘起力による高効率分子会合の発見, 半球プラズモニックヤヌス粒子の作製 など
研究職歴 199204- 理化学研究所フロンティア 研究員(フロンティア分子素子、ナノ有機ホトニクス研究グループ)
199205-199512 東京大学物性研究所 極限レーザー部門 助手(松岡正浩研究室)
199601-200009 科学技術振興事業団創造科学推進事業 舛本単一量子点プロジェクト 分光解析グループ研究員
200010-200203 日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業 リサーチアソシエイト(東大小林研究室)
200204- 東京理科大学理学部第一部物理学科 講師
200704- 東京理科大学理学部第一部物理学科 准教授
201304- 東京理科大学理学部第一部物理学科 教授
性別
生年月
研究キーワード 光物性
研究分野
物性Ⅰ (光物性)
研究課題
受賞
2014年 8月
Chemical Physics における顕著なる査読者賞
学会活動
2021年 6月 ~ 2022年 6月
Applied Sciences (MDPI(Multidisciplinary Digital Publishing Institute)) 学会誌及び論文誌の編集者
2021年 4月 ~ 2024年 3月
光エレクトロニクス産学連携専門委員会 光エレクトロニクス産学連携専門委員会 学界委員 総務幹事
2020年 7月 1日 ~ 2021年 6月 30日
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員 及び 国際事業委員会書面審査員・書面評価員
2020年 2月 ~ 2022年 3月
Applied Sciences (MDPI(Multidisciplinary Digital Publishing Institute)) 学会誌及び論文誌の編集者
2017年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
日本物理学会 日本物理学会年次大会実行委員会委員
2013年 2月 ~ 2016年 12月
International Journal of Chemical Physics 学会誌及び論文誌の編集者
2011年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
日本学術振興会 光エレクトロニクス第130委員会 光エレクトロニクス第130委員会 委員 総務幹事
2010年 12月 ~ 2024年 3月
応用物理学会・光波センシング技術研究会 光波センシング技術研究会(LST)常任幹事
2010年 4月 ~ 2010年 11月
日本光学会 年次ミーティング 実行委員 (Optics & Photonics Japan 2010)
2009年 12月 ~ 2010年 11月
日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
客員教授
専攻分野 物性実験
研究分野 ナノスケール分光、光水素発生
光と物質の相互作用を分光学的に研究しています。例えば植物が緑なのは、白色光が植物の電子と相互作用して青と赤の光が吸収されるからです。光は情報・エネルギー運動量・計測手段として欠かせないものですが、その利用価値を生むのは光が物質と相互作用するからで、その基本的理解が不可欠です。本研究室では光合成物質を含む人工・天然の分子やナノ結晶の光学的性質を、色を観測する=吸収スペクトルを測定するだけでなく、新しい分光法(非線形分光やナノスケール分光)を開発して解明しています。
研究テーマ
  1. 超解像顕微鏡・光熱分光

  2. 半導体・分子結晶・分子会合体の励起子

  3. 光合成、光水素発生