赤倉 貴子

ABOUT TUS

アカクラ タカコ

赤倉 貴子教授

AKAKURA Takako

東京理科大学 工学部 情報工学科

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
ホームページURL
出身大学
出身大学院
取得学位
大阪大学  博士(人間科学)  論文
神戸大学  博士(法学)  課程
研究経歴
研究職歴
研究キーワード
研究分野
知能情報学 (機械学習、自然言語処理)
教育工学 (eラーニング/eテスティング)
制御・システム工学 (eテスティング・eラーニングのための個人認証技術)
研究課題
受賞
2019年 3月 21日
電子情報通信学会フェロー
2018年 6月 7日
電子情報通信学会論文賞
2017年 9月
IEEE Education Society 2017 Chapter Achievement Award
2007年 11月 9日
ICCE2007:Best Poster Presentation Award
1996年
日本教育工学会研究奨励賞
1993年
日本教育工学会論文賞
学会活動
2022年 3月 10日 ~ 2023年 2月 1日
電子情報通信学会 変容する社会における持続発展的な学びのための教育工学特集編集委員会・編集委員
2021年 11月 25日 ~ 2023年 2月 1日
電子情報通信学会 『Special Section on Educational Technologies for Sustainable and Expansive Learning』小特集編集委員会・編集委員
2021年 9月 1日 ~ 2024年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会誌及び論文誌の編集者
2021年 9月 1日 ~ 2024年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会副会長
2021年 9月 1日 ~ 2024年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会理事等
2021年 3月 7日 ~ 2023年 3月
日本教育工学会 選挙管理委員長
2021年 3月 7日 ~ 2023年 3月
日本教育工学会 顕彰委員長
2021年 3月 7日 ~ 2025年 3月
日本教育工学会 学会理事等
2019年 6月 29日 ~ 2021年 3月
日本教育工学会 学会副会長
2019年 6月 4日 ~ 2021年 6月 2日
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会 専門委員
2018年 9月 1日 ~ 2021年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会理事等
2017年 9月 1日 ~ 2019年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会誌及び論文誌の編集者
2017年 6月 24日 ~ 2019年 6月
日本教育工学会 企画委員会副委員長
2017年 6月 24日 ~ 2019年 6月
日本教育工学会 顕彰委員長
2017年 6月 17日 ~ 2021年 3月
日本教育工学会 学会理事等
2017年 6月 4日 ~ 2019年 6月
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会 専門委員
2017年 1月 1日 ~ 2017年 12月 31日
IEEE Education Society Japan Chapter Chair
2017年 1月 1日 ~ 2018年 6月 30日
電子情報通信学会 学びの変化と新しい教育・学習支援技術特集号編集委員会・編集委員
2016年 9月 1日 ~ 2018年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会理事等
2016年 1月 ~ 2018年 1月
日本工学教育協会 工学教育連合講演会 実行委員会委員
2015年 9月 1日 ~ 2017年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会誌及び論文誌の編集者
2015年 7月 1日 ~ 2017年 7月
日本教育工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2015年 7月 ~ 2017年 7月
日本教育工学会 選挙改革委員
2015年 6月 20日 ~ 2017年 6月
日本教育工学会 評議員
2015年 6月 4日 ~ 2017年 6月
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会 専門委員
2015年 1月 1日 ~ 2016年 12月 31日
IEEE Education Society Japan Chapter Chair
2014年 9月 1日 ~ 2016年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会理事等
2014年 5月 25日 ~ 2015年 6月
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会 専門委員長
2014年 1月 1日 ~ 2015年 1月 1日
電子情報通信学会 多様化する学習・教育支援特集委員会・編集委員長
2014年 1月 ~ 2016年 1月
日本工学教育協会 工学教育連合講演会 実行委員会委員
2013年 9月 1日 ~ 2015年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会誌及び論文誌の編集者
2013年 7月 ~ 2015年 7月
日本教育工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2013年 6月 15日 ~ 2015年 6月
日本教育工学会 学会副会長
2013年 5月 25日 ~ 2014年 5月
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会 専門委員長
2012年 9月 1日 ~ 2014年 9月 1日
日本知的資産経営学会 学会理事等
2012年 5月 ~ 2013年 5月 26日
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会 専門委員
2011年 6月 18日 ~ 2015年 6月
日本教育工学会 学会理事等
2011年 6月 18日 ~ 2013年 6月
日本教育工学会 選挙管理委員会委員長
2011年 6月 18日 ~ 2013年 6月
日本教育工学会 顕彰委員会委員長
2010年 5月 27日 ~ 2012年 5月 31日
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会 専門委員
2008年 10月 ~ 2011年 6月
日本教育工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2008年 5月 27日 ~ 2010年 5月 31日
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会 専門委員
2007年 12月 10日 ~ 2008年 12月 31日
電子情報通信学会 FIT2008実行委員
2007年 9月 1日 ~ 2008年 12月 31日
電子情報通信学会 FIT2008担当委員
2007年 6月 ~ 2011年 6月
日本教育工学会 広報委員長
2007年 6月 ~ 2011年 6月
日本教育工学会 学会理事等
2006年 10月 ~ 2008年 3月
電子情報通信学会 特集号編集委員
2006年 9月 1日 ~ 2007年 12月 31日
電子情報通信学会 FIT2007担当委員
2006年 5月 27日 ~ 2008年 5月
電子情報通信学会 教育工学研究専門委員会副委員長
2006年 5月 ~ 2008年 3月
電子情報通信学会 学術奨励賞選定委員会投票委員
2005年 8月 ~ 2008年 10月
日本教育工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2004年 8月 ~ 2007年 3月
日本教育工学会 特集号編集委員
2004年 1月 ~ 2008年 10月
日本教育工学会 大会企画委員
2003年 4月 ~ 2006年 10月
日本教育工学会 研究会委員(幹事)
2002年 4月 ~ 2007年 6月
日本教育工学会 企画委員
2002年 4月 ~ 2007年 6月
日本教育工学会 評議員
2002年 4月 ~ 2003年 3月
日本教育工学会 大会企画委員
客員教授
グループ IT、その他
その他 : 人材開発、教育支援、業務改善支援
研究・技術キーワード 教育工学、法工学、データ解析、システム開発、企業内教育、eラーニング、eテスティング、テキストマイニング、機械学習
研究・技術テーマ
  • eラーニングシステムの開発・運用(主に高等教育)
  • eテスティングシステムの開発・運用と個人認証技術
  • ユーザ特性、環境(業務環境、学習環境等)に関するデータ解析
  • 業務IT化支援(システム開発)
  • 教育支援(システム開発)
研究・技術内容  システムを利用するユーザ(学習者)の特性や利用する環境によって最適なシステムや最適な教育方法は異なる、ということが本研究室のコンセプトである。  このコンセプトの下に、  (1)ユーザ特性(内容(業務、学習)理解度、システム習熟度、認知特性など)や環境(学習環境、職場環境)の計量的統計的分析  (2)分析結果に基づいた、個人に適応した教育を効率的に提供できるeラーニング/eテスティングシステムの開発と運用  (3)分析結果に基づいた、職場環境に適応した業務改善支援システムの開発と運用  (4)(1)~(3)の実施にあたり、解決すべき法的側面は何かについて、特に産業財産権、著作権を中心に計量的に検討、などを行っている。  どのようなシステムが教育効果を生み出し、また業務改善につながるか、そして教育や業務のIT化支援に最も必要なことは何かを日々考えているのが本研究室の特徴である。
産業への利用 IT、例えば企業内教育システムの開発。業務IT化と業務改善支援。人材開発支援。IT利用に関わる業務遂行にあたっての法的側面分析と支援。(業務全般への法的支援は行っていない。あくまでもIT利用に関係する法的側面の分析と支援。)
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入
具体的な産学連携形態内容 これまでの実績では、時間的、人員的に十分な余裕がなく、新人教育にのみ時間をかけたり、人員を動員したりできない中小企業を対象として、体系的な教育を効率的に行うことのできる支援システムを開発・運用してきた。また、業務・校務の改善のためのIT化支援についての研究、ITを利用した業務への法的側面の分析及び支援も行っており、今後もこうした内容を中心としてであれば、研究員受入及び共同研究を実施できる。
その他所属研究機関 総合教育院スペース・コロニー研究センター、教育支援機構教育開発センター
所属研究室 赤倉研究室
所有研究装置 VR機器(HMD)、多目的観察ビデオカメラ(遠隔制御)、アイカメラ(視線追跡用ヘッドギア)、視線解析・運動解析用ソフトウエア、マークカードリーダー、入力装置としてのタブレット
SDGs
専攻分野
研究分野
研究テーマ
  1. 教育・学習、判例、知的財産権、立法過程に関するデータマイニング、データ解析

  2. eラーニング、eテスティング、知財業務支援の各システムの開発

  3. eテスティングにおける個人認証モデル・個人認証システム(筆記認証、顔認証など)の開発に関する研究

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
卒業研究(経営工学科) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
工学部 経営工学科
キャリアデザイン 前期 水曜4限 情報工学科
情報工学実験2 後期 月曜3限 月曜4限 情報工学科
情報工学実験3 前期 木曜4限 木曜5限 工学部 情報工学科
知的財産法 前期 火曜4限 工学部 情報工学科
技術英語2 後期 集中講義 工学部 情報工学科
教育システムデザイン 前期 月曜3限 工学部 情報工学科
応用情報工学演習 後期 集中講義 工学部 情報工学科
情報工学概論 前期 金曜5限 情報工学科
自然言語処理 後期 金曜4限 工学部 情報工学科
卒業研究 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
工学部情報工学科
情報法政策特論 後期 火曜5限 工学研究科 情報工学専攻
情報工学研究1 前期 集中講義 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering 
情報工学研究1(休学者用) 後期 集中講義 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering 
情報工学研究2 後期 集中講義 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering 
情報工学研究2(休学者用) 前期 集中講義 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering 
情報工学研究3 前期 集中講義 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering 
情報工学研究3(休学者用) 後期 集中講義 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering 
情報工学研究4 後期 集中講義 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering 
情報工学研究4(休学者用) 前期 集中講義 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering 
情報工学特別講義1 前期 火曜6限 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering
情報工学特別講義2 前期 火曜6限 工学研究科 情報工学専攻

Department of Information and Computer Technology, Graduate School of Engineering
卒業論文 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
工学部第二部経営工学科