樋口 透

ABOUT TUS

ヒグチ トオル

樋口 透准教授

HIGUCHI Tohru

東京理科大学 理学部第一部 応用物理学科

樋口研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
higuchi@rs.kagu.tus.ac.jp
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/higuchi/index.html
出身大学
1995年  東京理科大学  理学部  応用物理学科  卒業
出身大学院
2000年  東京理科大学  理学研究科  物理学  博士課程 修了
取得学位
東京理科大学  博士(理学)  課程
東京理科大学  修士(理学)  課程
研究経歴 1994-1995 強相関バナジウム酸化物単結晶の作製と電気的・光学的評価
1995-1997 光電子分光によるp型-SrTiO3の電子構造の研究
1997-2000 軟X線分光によるCarrier-doped SrTiO3の電子構造の研究
2000-2003 PLD・スパッタ法による強誘電体薄膜の作製と強誘電性の評価
2003- ペロブスカイト型プロトン導電体の作製と電気的・分光学的評価
2004- RFマグネトロンスパッタ法による酸化物薄膜の作製と電気・構造物性
研究職歴 200004-200709 東京理科大学 理学部応用物理学科 助手
2002-2012 東京大学物性研究所 嘱託研究員
2007-2008 Lawrenece Berkeley National Laboratory, University of California at Berkeley Scientist
200904-201803 東京理科大学 理学部応用物理学科 専任講師
201804- 東京理科大学 理学部応用物理学科 准教授
性別
生年月
研究キーワード 機能性材料科学
研究分野
薄膜・表面界面物性 (酸化物材料物性)
無機工業材料 (固体イオニクス)
研究課題
中高温域で作動する固体酸化物燃料電池の電解質・電極材料の開発
電子-イオン混合伝導体薄膜を用いた脳型メモリー素子の開発
軟X線分光による機能性酸化物材料の界面電子構造の研究
受賞
2019年 12月 21日
GREEN-2019国際会議への貢献
2019年 8月 23日
卓越した研究成果とISAMR国際会議への貢献
2007年 2月 21日
優秀研究者奨励賞
2006年 4月 6日
田川記念固体化学奨励賞
2005年 2月
日本MRS学術シンポジウム講演奨励賞
2003年 9月 5日
応用物理学会奨励賞
2002年 2月 4日
井上研究奨励賞
学会活動
2019年 2月 6日 ~ 2019年 11月 10日
5th Global Summit & Expo on Materials, Photonics & Optical Instruments (GSEMPOI-2019) 学会の顧問・助言委員等
2018年 11月 6日 ~ 2019年 8月 22日
2nd International Conference on Semiconductors, Optoelectronics and Nanostructures (ICSON-2019) 学会の顧問・助言委員等
2018年 6月 1日 ~ 2019年 3月 31日
第26回 日本MRS年次大会 代表チェア
2016年 6月 1日 ~ 2017年 3月 31日
第26回 日本MRS年次大会 代表チェア
2015年 4月 24日 ~ 2016年 3月 31日
第28回マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議  学会誌及び論文誌の編集者
2014年 5月 27日 ~ 2014年 12月 31日
マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議 学会誌及び論文誌の編集者
2013年 5月 27日 ~ 2013年 12月 31日
マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議 学会誌及び論文誌の編集者
2013年 4月 1日 ~ 2014年 3月 31日
日本MRS年次大会 学会の顧問・助言委員等
2006年 4月 1日 ~ 2012年 10月 31日
日本MRS学術シンポジウム Chair Person
2005年 4月 1日
日本MRS学術シンポジウム Chair Parson
客員教授
専攻分野 酸化物・金属材料物性
研究分野 ナノイオニクス、準結晶合金
酸化物半導体をスパッタ法でナノ構造化することにより、特異な超イオン伝導性(ナノイオニクス現象)を示します。この現象を電気・光学的手法により研究するとともに、中高温域で作動する高効率な薄膜型燃料電池の開発、酸化物半導体が持つ電子-イオン混合伝導性を生かした脳型メモリー素子の開発を行っています。また、準結晶合金の構造・物性評価を行うとともに、金属材料の新たな応用に向けた研究も行っています。
研究テーマ
  1. 酸化物超イオン伝導体膜を用いた固体酸化物燃料電池の開発

  2. 電子-イオン混合伝導体を用いた脳型メモリー素子の研究

  3. 準結晶の合金開発と構造解析および物性評価