本間 芳和

ABOUT TUS

ホンマ ヨシカズ

本間 芳和教授

HOMMA Yoshikazu

東京理科大学 産学連携機構

本間研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)   内線:5228-8244
FAX : 03-5261-1023
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/homlab/
出身大学
1976年  東北大学  理学部  物理学科  卒業
出身大学院
1978年  東北大学  理学研究科  物理学  修士課程 修了
取得学位
東京大学  工学博士  論文
研究経歴 1978-1988 半導体材料の表面分析・微量分析に関する研究に従事
1989-1999 表面電子顕微鏡および表面物理に関する研究に従事
2000-現在 ナノ構造体物理に関する研究に従事
研究職歴 1978-1985 日本電信電話公社電気通信研究所 研究員
1985-2004 日本電信電話株式会社 研究員
200310-200803 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業「高度情報処理・通信の実現に向けたナノファクトリーとプロセス観測」 「カーボンナノチューブ形成過程その場観察と物性制御への展開」研究代表者
200404-201903 東京理科大学理学部第一部 物理学科 教授
201904-202203 東京理科大学理学部第一部 嘱託教授
202204- 東京理科大学 産学連携機構 機構長
研究キーワード ナノチューブ,電子顕微鏡
研究分野
ナノ構造化学 (ナノカーボン材料、ナノ空間科学、ナノ分光)
研究課題
受賞
2010年 9月 14日
応用物理学会フェロー
2010年 5月 22日
日本表面科学会フェロー
2009年 5月 16日
日本表面科学会学会賞
2005年 11月 17日
日本表面科学会 会誌賞
2002年 5月 14日
日本電子顕微鏡学会学会賞(瀬藤賞)
学会活動
2016年 10月 1日 ~ 2018年 3月 31日
第11回新材料と素子の原子レベルでの評価に関する国際シンポジウム 国際諮問委員会委員長
2016年 9月 15日 ~ 2021年 9月 14日
日本学術振興会 マイクロビームアナリシス第141委員会 学会会長
2016年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
応用物理学会 薄膜・表面物理分科会 学会の顧問・助言委員等
2015年 5月 23日 ~ 2017年 5月 20日
日本表面科学会 学会理事等
2014年 10月 1日 ~ 2016年 3月 31日
第10回新材料と素子の原子レベルでの評価に関する国際シンポジウム 組織委員会委員長
2014年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本表面科学会 企画委員会副委員長
2013年 9月 1日 ~ 2016年 9月 14日
日本学術振興会 マイクロビームアナリシス第141委員会 学会副会長
2013年 3月 12日 ~ 2018年 3月 31日
応用物理学会 代議員
2010年 5月 22日 ~ 2011年 5月 21日
日本表面科学会 学会理事等
2008年 4月 1日 ~ 2010年 3月 31日
応用物理学会薄膜表面分科会 幹事長
2006年 4月 1日 ~ 2008年 3月 31日
応用物理学会薄膜表面分科会 副幹事長
2005年 4月 1日 ~ 2008年 3月 31日
応用物理学会 評議員
2004年 6月 1日 ~ 2008年 5月 31日
日本表面科学会 評議員
2003年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
Surface and Interface Analysis誌 学会誌の諮問委員
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
応用物理学会 理事
2002年 6月 1日 ~ 2004年 5月 31日
日本表面科学会 理事
客員教授
グループ ナノテク・材料
研究・技術キーワード ナノカーボン材料、結晶成長物理、走査電子顕微鏡技術
研究・技術テーマ
  • カーボンナノチューブ・グラフェンの成長制御
  • カーボンナノチューブの光物性
  • 結晶成長の電子顕微鏡その場観察
  • ナノ構造の配列制御
  • ナノカーボンと水やDNAとの相互作用の研究
研究・技術内容 カーボンナノチューブの成長制御および物性制御を実現するため、高度なナノチューブの成長技術と電子顕微鏡観察技術を駆使し、ナノチューブの成長機構や単一ナノチューブの物性を研究しています。当研究グループでは、世界ではじめて金、銀、銅からのカーボンナノチューブ生成に成功するなど、先進的なカーボンナノチューブ合成技術を有しています。また、電子顕微鏡その場観察を利用したグラフェン成長過程の研究、ナノカーボン材料と水やDNAとの相互作用を調べる基礎的研究も推進しています。
産業への利用 ナノカーボン材料の利用技術はまだ開発途上のため、将来の産業応用を実現するための基礎研究を推進しています。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究、技術相談および指導
具体的な産学連携形態内容 基板上への単層カーボンナノチューブの成長に関する様々な経験と技術を持っています。例えば、微細パタン間に単一の架橋ナノチューブを張ること、石英基板上にマット状にカーボンナノチューブを形成すること、あるいはブラシ状にカーボンナノチューブを垂直成長させることができます。カーボンナノチューブの化学気相成長に関するコンサルティングが可能です。
その他所属研究機関 総合研究院ナノカーボン研究部門, WFS&T研究研究センター
所属研究室 本間研究室
所有研究装置 その場観察用走査電子顕微鏡、単一ナノチューブ顕微分光装置、レーザーラマン顕微鏡
SDGs
専攻分野 物性実験
研究分野 ナノ構造物理
カーボンナノチューブやグラフェンに代表されるナノカーボンは21世紀のナノテクノロジーを担う物質として期待されています。私たちは、1本のカーボンナノチューブが発生する光信号を通して、ナノチューブの内部空間に閉じ込められた分子の振る舞いを研究しています。また、ナノチューブやグラフェンのさまざまな応用を可能にするため、結晶成長物理の観点からこれらナノカーボンの成長機構の解明と成長制御の研究を行っています。
研究テーマ
  1. 単一ナノチューブ分光

  2. 走査電子顕微鏡による成長過程その場観察

  3. ナノカーボンの成長制御

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
物理学実験2 B組 前期~後期 前期(木曜1限 木曜2限)
後期(木曜1限 木曜2限)
理学部第一部 物理学科