趙 新為

ABOUT TUS

チョウ シンイ

趙 新為教授

ZHAO Xinwei

東京理科大学 理学部第二部 物理学科

趙研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~zhao/
出身大学
天津大学  電子工程系  半導体物理とデバイス  卒業
出身大学院
東京大学  工学研究科  電子工学  博士課程 修了
取得学位
東京大学  工学修士  課程
東京大学  工学博士  課程
研究経歴
研究職歴
研究キーワード
研究分野
研究課題
ナノ磁性半導体材料と応用に関する研究
ナノ結晶シリコンに関する研究
全シリコンレーザーの研究
量子コンピューター用メモリの研究
受賞
2012年 9月 25日
計測・デバイス賞
2010年 10月 22日
The Best Poster Award
2001年 4月
旭硝子財団研究助成金
1995年
日中科学技術交流研究奨励賞 : 「第4回有山兼孝研究奨励賞」
学会活動
2013年 4月 1日 ~ 2014年 3月 31日
マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2013) 第26回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2010) 論文委員会委員
2012年 4月 1日 ~ 2013年 3月 31日
マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2012) 第25回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2010) 論文委員会委員
2011年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2011) 第24回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2010) 論文委員会委員
2010年 4月 1日 ~ 2011年 3月 31日
マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2010) 第23回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2010) 論文委員会委員
2009年 4月 1日 ~ 2010年 3月 31日
マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2009) 第22回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2009) 論文委員会委員
2008年 4月 1日 ~ 2009年 3月 31日
マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2008) 第21回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2008) 論文委員会委員
2007年 4月 1日 ~ 2008年 3月 31日
マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC) 第20回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2007) 論文委員会委員
2006年 4月 1日 ~ 2007年 3月 31日
マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC) 第19回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2006) 論文委員会委員
2006年 4月 1日
応用物理学会 応用物理学会 12.5 プログラム委員会委員
2005年 4月 1日 ~ 2006年 3月 31日
MNC2005 第18回 マイクロプロセス ナノテクノロジー国際会議(MNC2005) 論文委員会委員
客員教授
2009年 12月 1日
中国西华大学客座教授
2005年 12月
中国 天津大学 特聘教授
2002年 11月 ~ 2005年 11月
中国・科学院微電子中心客員研究員(教授)
2009年 9月 1日
中国天津市特聘讲座教授(天津职业技术师范大学)
2011年 9月 1日
天津大学千人計画教授
2013年 9月 1日
青海民族大学客座教授
2014年 9月 1日
三峡大学兼職教授
2017年 9月 1日
西華大学特聘教授
2005年 9月
中国・四川大学 客員教授
2001年 5月 1日
フランス・ルイパスツール大学
2002年 3月
中国・河北大学 客員教授
2003年 3月 ~ 2008年 3月
中国・科学院物理研究所専門科委員会委員
2003年 1月 ~ 2008年 1月
中国科学院微電子研究所研究員
2003年 1月 ~ 2008年 1月
中国科学院・微電子研究所 ナノ材料とナノデバイス研究室 主任
2003年 1月
中国科学院物理研究所名誉教授
グループ バイオ
研究・技術キーワード 半導体ナノ材料&ナノデバイス、半導体レーザ、光学デバイス、超微細加工、太陽電池と新エネルギー、磁性半導体
研究・技術テーマ
  • Si系のナノワイヤ・ナノ構造の作製と評価
  • 単電子デバイス
  • 半導体ナノ磁石
  • 光触媒効果、デバイス
  • Si発光デバイス
研究・技術内容 Siをベースにした、ナノ材料を中心に研究している。量子サイズ効果を利用し、次世代光学材料・光学デバイスをメインターゲットとしている。特にナノワイヤ、第七類添加Siでは、トップの成果を挙げている。
産業への利用 ナノワイヤと発光デバイスに関する特許出願ずみ。事業化希望。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究
具体的な産学連携形態内容 産業界との共同研究、依託開発に興味あり。
その他所属研究機関
所属研究室
所有研究装置
SDGs
専攻分野 物性物理学
研究分野 半導体量子構造、ナノ材料とナノデバイス
ナノサイズの半導体では、電子の波動性が顕著に現れます。本研究室ではナノ、発光、磁性と環境をキーワードに、シリコンをベースとしたナノサイズの光磁性半導体を創出し、新しい機能デバイス、例えば光磁気メモリーや新型LED、量子デバイスへの応用を研究しています。また、環境半導体の光触媒効果や新型太陽電池、グラフェンの作製と加工の研究も行っています。
研究テーマ
  1. 半導体発光デバイス

  2. ナノ材料とナノ加工

  3. 透明型太陽電池

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
物理学輪講1(趙) 前期 集中講義 理学研究科物理学専攻
Institute of Physics
物理学輪講2(趙) 前期 集中講義 理学研究科物理学専攻
Insitute of Physics
物理学演習・実験1(趙) 後期 集中講義 理学研究科物理学専攻
Institute of Physics
物理学演習・実験2(趙) 後期 集中講義 理学研究科物理学専攻
Institute of Physics
特別研究1(趙) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科物理学専攻
Istitute of Physics
特別研究2(趙) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科物理学専攻
凝縮系物理学研究(二)(趙) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科物理学専攻
Institute of Physics 
凝縮系物理学研究(三)(趙) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学研究科物理学専攻
Institute of Physics
物性論2 後期 木曜5限 理学部第二部 物理学科
物性論1B 後期 金曜5限 理学部第二部 物理学科
物理学実験1B 後期 火曜6限 火曜7限 理学部第二部 物理学科
物性論1A 前期 金曜5限 理学部第二部 物理学科
物理数学1 前期 金曜7限 理学部第二部 物理学科
物理数学2 後期 金曜7限 理学部第二部 物理学科
物理学実験1A 前期 木曜6限 木曜7限 理学部第二部 物理学科
物理学実験1B 後期 木曜6限 木曜7限 理学部第二部 物理学科
卒業研究B(趙) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理学部第二部物理学科