後飯塚 僚

ABOUT TUS

ゴイツカ リヨウ

後飯塚 僚教授

GOITSUKA Ryo

東京理科大学 研究推進機構 生命医科学研究所

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:6135
TEL : 04-7121-4102 (直通)
FAX : 04-7121-4103
ryogoi@rs.noda.tus.ac.jp
ホームページURL https://www.ribs.tus.ac.jp/index.php/institute/labforres/goitsukalab/
https://www.ribs.tus.ac.jp/index.php/course/labforstu/goitsukalab/
https://www.ribs.tus.ac.jp/index.php/institute/labforres/goitsukalab/
出身大学
1984年  東京大学  農学部  畜産獣医学科・獣医内科学教室  卒業
出身大学院
取得学位
東京大学  農学博士  論文
研究経歴
研究職歴 1987-1995 東京大学農学部 獣医内科学教室 助手
1995-1998 科学技術振興事業団 研究員
1997-2006 東京理科大学生命科学研究所 分子生物学研究部門 助教授
2006-2007 東京理科大学生命科学研究所 発生及び老化研究部門 助教授
200704- 東京理科大学生命科学研究所 発生及び老化研究部門 教授
研究キーワード 発生免疫学
研究分野
獣医学 (免疫、アレルギー、発生)
研究課題
免疫および造血に関与する微小環境の解明とそれに基づいた治療法の開発
マスト細胞分化に関する研究
受賞
2010年 10月 29日
科学研究費補助金第一段審査委員表彰
学会活動
2022年 4月 1日 ~ 2024年 3月 31日
日本獣医学会 評議委員
2021年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
Kyoto T cell Conference 運営委員
2020年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本獣医学会 評議委員
2018年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
Kyoto T cell Conference 運営委員
2018年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本獣医学会 評議委員
2017年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
Kyoto T cell Conference 運営委員
2016年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
日本獣医学会 評議委員
2014年 4月 1日 ~ 2016年 3月 31日
日本獣医学会 評議委員
2011年 4月 1日 ~ 2013年 3月 31日
日本獣医学会 評議委員
2008年 4月 1日 ~ 2010年 3月 31日
日本獣医学会 評議委員
2006年 4月 1日 ~ 2008年 3月 31日
日本獣医学会 日本獣医学会 評議委員
2004年 4月 1日 ~ 2006年 3月 31日
日本獣医学会 日本獣医学会 評議委員
2002年 4月 ~ 2004年 3月
日本獣医学会 日本獣医学会 評議委員
2000年 4月 1日 ~ 2002年 3月 31日
日本獣医学会 日本獣医学会 評議委員
客員教授
グループ バイオ
研究・技術キーワード 再生医療、免疫制御、基礎獣医学、実験動物学、発生工学
研究・技術テーマ
  • 脾臓間葉系幹細胞の同定ならびに再生治療への応用基盤の確立
  • 免疫・造血ニッチとしての脾臓微小環境の形成ならびに再生の制御機構
  • 皮膚・胸腺上皮細胞間の分化転換を応用した 人工胸腺構築法の開発
  • Cre-loxP技術を用いたレポーター•細胞運命追跡マウスの作製ならびに解析
  • 腎臓被膜下移植法を用いた組織再構築研究
研究・技術内容 脾臓の微小環境は免疫応答の場として機能する白脾髄および辺縁帯、老化赤血球の破壊や貧血時の髄外造血の場としても重要な機能をもつ赤脾髄という形態学的にも機能的にも異なる領域から構成されている。脾臓の形成や機能については、造血系•リンパ系細胞側からの解析が進む一方で、これら骨髄由来細胞の機能や分化を支持する脾臓ストローマ•間葉系細胞側からの解析は少なく、未解明な部分が多く残されている。我々は脾臓原基の維持•発生に必須の転写因子であるTlx1に着目し、Tlx1発現細胞の局在や細胞運命追跡が可能な新規レポーターマウスを作製・解析した。本研究では、脾臓Tlx1発現細胞が白脾髄や赤脾髄を含む全ての脾臓微小環境形成において幹細胞として機能している可能性について、本レポーターマウスを用いて、発生•再生過程ならびに免疫反応時の脾臓微小環境におけるTlx1発現細胞ならびにそれに由来する細胞の分化•性状・機能について解析を行い、脾臓免疫•造血ニッチ形成機構を明らかにする。さらに、以上の結果に基づいて、脾臓間葉系細胞を用いた免疫•造血ニッチの人工的構築法の開発応用を目指す。
産業への利用 本研究は、免疫反応や造血に関与する脾臓微小環境を構成する間葉系細胞の形成および機能を明らかにすることを通して、免疫•造血ニッチとしての脾臓微小環境の特性を明らかにするだけでなく、それを用いた人工的免疫•造血ニッチ構築法開発への道を開くものである。さらに、Tlx1発現細胞は骨髄の間葉系幹細胞と類似した表現型を示すことから、成体脾臓における間葉系幹細胞の存在を解明し、骨髄よりも脾臓のほうが部分脾臓摘出などを用いれば細胞を大量に採取しやすいという利点なども考慮すると、本申請研究成果に基づき、脾臓間葉系細胞の特性や機能に関する理解が進めば、免疫•造血領域以外の再生医療への応用も期待できる。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導、国際的な産学連携への対応
具体的な産学連携形態内容 毛髪の周期的成長機構の解明、及び、成長機構を調整する育毛活性成分の開発
その他所属研究機関 核酸創薬研究部門
所属研究室 生体運命制御部門
所有研究装置 蛍光実体顕微鏡(MVX10)、マルチガスインキュベーター、スーパーエレクトロポレーター(NEPAGENE)
SDGs
専攻分野
研究分野
研究テーマ
    -
   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
生命システム論 前期 水曜3限 生命科学研究科 生命科学専攻
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences  
時間生物学特論 後期 月曜2限 生命科学研究科 生命科学専攻 
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences  
Biological Systems 後期 水曜1限 Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences
Immunobiology 前期 木曜5限 生命科学研究科 生命科学専攻
Graduate School of Biomedical Sciences/Master's Course
医学生物学英語特論 後期 水曜4限 生命科学研究科 生命科学専攻
Department of Biological Science
博士特別研究1A(後飯塚) 前期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻 
Department of Biological Science 
博士特別研究1B(後飯塚) 後期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻 
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences   
博士特別研究2A(後飯塚) 前期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻 
Department of Biological Science 
博士特別研究2B(後飯塚) 後期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻 
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences   
博士特別研究3A(後飯塚) 前期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻
Department of Biological Science
博士特別研究3B(後飯塚) 後期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences 
生命科学特別演習1A 前期 水曜5限 生命科学研究科 生命科学専攻

Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences
生命科学特別演習1B 後期 水曜5限 生命科学研究科 生命科学専攻

Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences 
生命科学特別演習2A 前期 水曜5限 生命科学研究科 生命科学専攻

Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences
生命科学特別演習2B 後期 水曜5限 生命科学研究科 生命科学専攻

Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences
特別研究1A(後飯塚) 前期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻 
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences 
特別研究1B(後飯塚) 後期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences 
特別研究2A(後飯塚) 前期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻
Department of Biological Science
特別研究2B(後飯塚) 後期 集中講義 生命科学研究科 生命科学専攻 

Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences 
実験動物学 前期 月曜1限 薬学科
分子免疫学 前期 木曜4限 理工学部 応用生物科学科
Department of Applied Biological Science
生命システム論 前期 水曜3限 生命科学研究科 生命科学専攻
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences  
生命システム論 前期 水曜3限 生命科学研究科 生命科学専攻
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences