近藤 行成

ABOUT TUS

コンドウ ユキシゲ

近藤 行成教授

KONDO Yukishige

東京理科大学 工学部 工業化学科

近藤研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
ykondo@rs.tus.ac.jp
ホームページURL https://www.kondo-lab.org/
出身大学
1991年  東京理科大学  理工学部  工業化学  卒業
出身大学院
1995年  東京理科大学  理工学研究科  工業化学  博士課程 中退
取得学位
東京理科大学  博士(工学)  論文
研究経歴 1990-1995 界面活性剤ベシクルによる有機分子の可溶化に関する物理化学的研究
1996-present 機能性界面活性剤、とくにフッ素系ハイブリッド界面活性剤の合成と溶液物性に関する研究
2004-2005 酸化還元活性脂質を用いた細胞トランスフェクションの研究
2006-現在 1. 刺激応答性界面活性剤の合成と刺激を利用した溶液物性の制御に関する研究
        2. 金属光沢低分子量有機結晶の調製に関する研究
研究職歴 1995- 東京理科大学工学部 助手
200408-200508 ウィスコンシン大学マジソン校 化学・生物工学科 客員助教授
2007- 東京理科大学工学部 講師
2010- 東京理科大学工学部 准教授
2015- 東京理科大学工学部 教授
研究キーワード 界面化学、コロイド化学
研究分野
有機・ハイブリッド材料 (界面活性剤、可溶化、乳化、分散、自己集合、ミセル、ベシクル)
研究課題
ハイブリッド界面活性剤の合成とその機能
ベシクル水溶液による油性物質の可溶化
重合性フッ素系界面活性剤の合成と物性
受賞
2021年 4月 9日
ACS Applied Polymer Materials誌のSupplemental Coverに選出
2011年 4月 26日
14th J. Oleo. Scienceエディター賞
2009年 12月 5日
2009年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2009年 9月 18日
第62回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞
2008年 12月 6日
2008年材料技術研究協会討論会口頭講演賞
2006年 3月 31日
日本油化学会進歩賞
2003年 12月 6日
材料技術研究協会 ポスター賞奨励賞
2003年 12月 6日
材料技術研究協会 ポスター賞奨励賞
2003年 12月 6日
材料技術研究協会 ポスター賞奨励賞
2003年 12月 6日
材料技術研究協会 ポスター賞奨励賞
2001年 7月 3日
(社)色材協会賞 論文賞
2001年 4月 21日
2001材料技術研究協会論文賞
2001年
材料技術研究協会論文賞
2001年
(社)色材協会論文賞
2000年 11月 7日
International Conference on Colloid and Surface Science,Best Poster Award
1995年
材料技術研究協会学生論文賞
学会活動
2021年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本油化学会 令和3年度学術専門委員会委員
2020年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
日本油化学会 令和2年度学術専門委員会委員
2019年 4月 22日 ~ 2020年 4月 21日
日本油化学会 平成31年度学術専門委員会委員
2019年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本油化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2018年 4月 23日 ~ 2020年 3月 31日
日本油化学会 平成30年度学術専門委員会委員
2018年 4月 23日 ~ 2019年 3月 31日
日本油化学会 平成30年度役員等候補者推薦委員会委員
2018年 4月 23日 ~ 2019年 3月 31日
日本油化学会 平成30年度改革推進委員会委員
2018年 4月 21日 ~ 2020年 4月 18日
材料技術研究協会 学会理事等
2017年 4月 11日 ~ 2018年 4月 21日
材料技術研究協会 学会理事等
2017年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
日本油化学会 平成29年度役員等候補者推薦委員会 副委員長
2017年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
日本油化学会 平成29年度学術専門委員会委員
2017年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
日本油化学会 平成29年度改革推進委員会委員
2016年 11月 1日 ~ 2017年 9月 13日
日本油化学会 2nd Asian Conference on Oleoscience及び第56回日本油化学会年会副実行委員長
2014年 4月 1日 ~ 2017年 3月 31日
日本油化学会 役員等候補者推薦委員会委員
2014年 4月 1日 ~ 2017年 3月 31日
日本油化学会 関東支部幹事
2014年 2月 1日 ~ 2014年 6月 27日
日本油化学会 第15回フレッシュマンセミナー 実行委員長
2013年 4月 1日 ~ 2017年 3月 31日
日本油化学会 学術専門委員会委員
2013年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本油化学会 オレオマテリアル部会 部会長
2013年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
日本油化学会 企画・部会統括委員会委員
2013年 1月 17日 ~ 2013年 6月 18日
日本油化学会 第14回日本油化学会フレッシュマンセミナー 実行委員長
2011年 4月 1日 ~ 2013年 3月 31日
日本油化学会 オレオマテリアル部会副部会長
2010年 11月 24日 ~ 2011年 11月 16日
色材協会 2011年度色材協会研究発表会 実行委員長
2010年 11月 4日 ~ 2010年 11月 5日
色材協会 2010年度色材協会研究発表会 副実行委員長
2009年 11月 1日 ~ 2010年 10月 31日
日本化学会 代議員
2008年 2月 16日 ~ 2008年 8月 19日
日本油化学会 第47回日本油化学会年会実行委員
2007年 5月 29日 ~ 2008年 2月 29日
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 編集委員
2007年 4月 1日 ~ 2009年 3月 31日
日本油化学会 若手の会委員長
2007年 4月 1日 ~ 2009年 3月 31日
日本油化学会 若手の会委員長
2007年 4月 1日 ~ 2009年 3月 31日
日本油化学会 学会理事等
2006年 4月 1日 ~ 2011年 3月 31日
日本油化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2004年 4月 1日 ~ 2007年 3月 31日
日本油化学会 オレオマテリアル部会メールマガジン編集委員
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
日本油化学会 (社)日本油化学会関東支部常任幹事
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
日本油化学会 代議員
2003年 4月 1日 ~ 2006年 3月 31日
材料技術研究協会 編集委員
2003年 4月 1日 ~ 2006年 3月 31日
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会『ニュースレター』編集委員
2002年 4月 1日 ~ 2003年 3月 31日
日本化学会 編集委員(化学と工業誌)
1998年 4月 ~ 2007年 2月 28日
日本化学会 日本化学会 コロイドおよび界面科学部会 ニュースレター編集委員
客員教授
2017年 11月 1日 ~ 2018年 1月 31日
首都大学東京
グループ ナノテク・材料
研究・技術キーワード 界面活性剤、可溶化、乳化、分散、自己集合、ミセル、ベシクル、有機工業材料
研究・技術テーマ
  • 有機化合物からの金属光沢結晶の作製
  • 光および酸化還元反応に応答する界面活性剤の合成と溶液粘性制御
  • 有機物の可溶化制御
  • フッ素系界面活性剤の合成と溶液物性
  • エマルションの光を利用した能動的解乳化
研究・技術内容 1) 有機化合物からつくる金色・銀色 もの装飾する一環として、メタリック塗料・インクが使用されている。これらには、本物の金属粉体が含有されており、得られる膜は電気導電性があり、電波通信機器のアンテナ部をメタリック塗料・インクで飾ることはできない。またこれらの膜の密度は高いため、大型機器を修飾すると、膜の重量は無視できないほど大きくなる。当研究室の金色・銀色は、有機化合物からつくられるため、電気的に絶縁性で通信機器の修飾に利用可能である。また、メタリックインクに替わる金属光沢インクとしての利用も期待される。 2) 光応答性界面活性剤 光等の外部刺激に反応する界面活性剤水溶液は、光照射により物性を変化させる。その一例として当研究室では、水溶液粘度の光制御に成功している。本成果は、流動体の流動速度の光制御等に応用できるものと考えられる。 また、石油の高次回収では、原油の含浸層に界面活性剤水溶液を注入し、原油をエマルションとして地上に回収する。当研究室では光に反応する界面活性剤を有しており、エマルションの光による能動的相分離(解乳化)の技術を保有している。簡便な原油回収方法として期待している。
産業への利用 1) 金属フリーなメタリックインクの製造に係る基盤技術の提供とインクを共同開発するためのパートナーを探している。 2) 光反応性界面活性剤を利用した水溶液物性の光による能動的制御に係る基盤技術の提供 3) 従来の界面活性剤に比べ、著しく水の表面張力を低下させることが可能な界面活性剤の合成と提供
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導、国際的な産学連携への対応
具体的な産学連携形態内容 自動車、印刷、塗料・インクメーカーとの複数の共同研究、受託研究、技術指導の実績あり。
その他所属研究機関 総合研究院 界面科学研究部門
所属研究室 工学部工業化学科 近藤研究室
所有研究装置 表面張力計(Wilhelmy Plate法・Pendant Drop法)・紫外可視分光光度計・赤外分光光度計・蛍光分光光度計・倒立型顕微鏡(偏光・微分干渉・蛍光)・高速ホモジナイザー・反射率測定装置・キラルHPLC・リサイクルHPLC
SDGs
専攻分野 界面化学、物理化学
研究分野 界面活性剤、分子集合形態制御
毎日洗濯で使う洗剤は界面活性剤です。また私たちの体は界面活性剤(洗剤とは分子構造が異なりますが)の集合体で構成されています。このように界面活性剤はとても身近なものです。本研究室では界面活性剤集合体の「かたち」がどのような因子により決まるのかを解明しようとしています。この研究が完成すると人工細胞ができるはず。ナノ~マイクロメートルの複雑なかたちの構造体を特別なエネルギーを必要とせずに作ることもできるようになるでしょう。私たちは界面活性剤集合体の新たな機能の発掘にも努力しています。これらの研究を通して、医・薬・工等多岐にわたる分野に貢献したいと考えています。
研究テーマ
  1. ベシクル(擬似細胞)の自発形成に関する研究

  2. 刺激応答性界面活性剤の開発

  3. 金属を使わない金属光沢塗料の開発

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
物理化学1 前期 金曜1限 金曜2限 工学部 工業化学科
物理化学実験2組 前期 火曜3限 火曜4限 火曜5限 工学部 工業化学科
コロイド・界面化学 前期 月曜2限 工学部 工業化学科
物理化学実験1組 後期 火曜3限 火曜4限 火曜5限 工学部 工業化学科
工業化学キャリア形成論 後期 水曜5限 工学部 工業化学科
工業化学通論 前期 木曜3限 工学部 工業化学科
工業化学安全防災講義 後期 集中講義 工学部 工業化学科
工業化学特別実験 後期 木曜3限 木曜4限 木曜5限 工学部 工業化学科
統計熱力学 後期 火曜1限 工学部 工業化学科
工業化学特別講義 後期 火曜5限 工学部 工業化学科
卒業研究 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
工学部 工業化学科
工業化学研究1 前期 集中講義 工学研究科 工業化学専攻
Department of Industrial Chemistry 
工業化学研究1(休学者用) 後期 集中講義
工業化学研究2 後期 集中講義 工学研究科 工業化学専攻
Department of Industrial Chemistry 
工業化学研究2(休学者用) 前期 集中講義
工業化学研究3 前期 集中講義 工学研究科 工業化学専攻
Department of Industrial Chemistry 
工業化学研究3(休学者用) 後期 集中講義
工業化学研究4 後期 集中講義 工学研究科 工業化学専攻
Department of Industrial Chemistry
工業化学研究4(休学者用) 前期 集中講義
工業化学特論1(2022閉講) 後期 月曜5限 工業化学専攻博士前期課程(修士課程)
Department of Industrial Chemistry
工業化学特論2 後期 月曜5限 工業化学専攻 博士前期課程(修士課程)
Department of Industrial Chemistry