庄野 厚

ABOUT TUS

シヨウノ アツシ

庄野 厚教授

SHONO Atsushi

東京理科大学 工学部 工業化学科

庄野研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
ホームページURL
出身大学
1986年  東北大学  工学部  化学工学科  卒業
出身大学院
1991年  東北大学  工学研究科  化学工学  博士課程 修了
取得学位
東北大学  工学博士  課程
研究経歴 1991-2000 液体膜を用いた分離に関する研究に従事 1998-2001 逆ミセルを用いた高分子微粒子の合成に関する研究に従事 2001- 有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・輸送システムに関する研究に従事 2002- w/o エマルションを用いた高分子微粒子の合成に関する研究に従事 2003- 溶媒抽出-水熱合成法による金属酸化物の合成に関する研究に従事
研究職歴 1991-1998 東京理科大学工学部 助手
1998-2008 東京理科大学工学部 講師
2008- 東京理科大学工学部 准教授
研究キーワード
研究分野
化工物性・移動操作・単位操作 (混合、分散、乳化)
研究課題
噴霧乳化法を用いたw/oナノエマルションの調製
逆ミセル系を用いたポリピロール微粒子の合成
溶媒抽出-水熱合成法を用いた酸化亜鉛微粒子の合成
水性二相系を用いた金属イオンの分離
受賞
学会活動
2021年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 支部長
2021年 4月 1日 ~ 2023年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料・界面部会 監事
2019年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 副支部長
2019年 4月 1日 ~ 2021年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料・界面部会 部会長
2018年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
化学工学会 化学工学会粒子流体部会 副部会長
2017年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 監事
2017年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料・界面部会 副部会長
2016年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
化学工学会 化学工学会粒子流体部会 ミキシング技術分科会 会長
2015年 4月 1日 ~ 2017年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料界面部会 副部会長
2015年 4月 1日 ~ 2017年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 監事
2013年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料界面部会 幹事
2013年 4月 1日 ~ 2015年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 幹事 会計
2012年 4月 1日 ~ 2013年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 幹事 会計
2011年 4月 1日 ~ 2013年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料界面部会 幹事
2010年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
化学工学会 リエゾン委員会委員
2009年 4月 1日 ~ 2011年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 幹事 会計
2009年 4月 1日 ~ 2011年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料界面部会 幹事
2009年 4月 1日 ~ 2011年 3月 31日
化学工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2007年 4月 1日 ~ 2009年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料界面部会 幹事
2007年 4月 1日 ~ 2009年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 幹事 会計
2005年 4月 1日 ~ 2007年 3月 31日
(社)私立大学情報教育協会 化学教育IT活用研究委員会 委員
2005年 4月 1日 ~ 2007年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料界面部会 幹事
2005年 4月 1日 ~ 2007年 3月 31日
化学工学会 化学工学会 関東支部 幹事 会計
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
化学工学会 化学工学会関東支部 会計
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料界面部会 幹事
2003年 4月 1日 ~ 2005年 3月 31日
(社)私立大学情報教育協会 化学情報教育研究委員会 委員
2002年 4月 1日 ~ 2003年 3月 31日
化学工学会 化学工学会関東支部 幹事
2002年 4月 1日 ~ 2003年 3月 31日
化学工学会 化学工学会材料界面部会 幹事
2001年 4月 1日 ~ 2003年 3月 31日
(社)私立大学情報教育協会 化学情報教育研究委員会 委員
客員教授
専攻分野 化学工学
研究分野 微粒子合成/新エネルギー/エマルション
同じ物質からなる微粒子でもそのサイズによって性質・用途が大きく異なることがあり、サイズ制御のためには反応場の制御が大切となります。このように「もの」を作り出すには、材料や反応方法の選択とともに、どのような「場」を利用して合成や分離を行わせるかも非常に重要となってきます。私たちの研究室では、反応や分離を行う場を工夫することで、物質の合成や分離に関する新たな手法を開発することを目的としています。たとえば、w/oエマルションと呼ばれる油の中に微小な水滴が分散している溶液の作成法およびこの微小液滴を反応場とした微粒子の合成、活性炭に存在する細孔と呼ばれる非常に狭い孔に金属触媒をつめて環状炭化水素などから水素を効率的に生成させる触媒反応技術の開発、などを行っています。
研究テーマ
  1. w/oナノエマルションの調製と応用

  2. 溶媒抽出−水熱合成法による金属酸化物の合成

  3. ケミカルハイドライドを利用した水素貯蔵・供給システムの構築

  4. 超音波場を用いたエマルションの調製と応用