池口 徹

ABOUT TUS

イケグチ トオル

池口 徹教授

IKEGUCHI Tohru

東京理科大学 工学部 情報工学科

池口研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
ホームページURL http://www.hisenkei.net/~tohru/
http://www.hisenkei.net/~tohru/ja/
http://www.hisenkei.net/~tohru/en/
出身大学
出身大学院
取得学位
東京理科大学  博士(工学)  論文
研究経歴 〜1990 生体信号の非線形解析
1990〜2000 非線形時系列解析, 神経細胞の数理モデル解析, カオスダイナミクスを用いた組合せ最適化技法の開発, 画像処理
2000〜 非線形時系列解析, 計算論的脳神経系科学, カオスダイナミクスを用いた組合せ最適化技法の開発
2002〜 複雑ネットワーク理論とその応用, カオス振動の工学的応用
2010〜 非線形振動子の同期現象
2015〜 数理農学
研究職歴 1990-2000 東京理科大学基礎工学部 助手
1997- フランス ルイ・パスツール大学 客員教授
2000-2005 埼玉大学大学院理工学研究科 助教授
2005-2006 埼玉大学工学部 教授
2006-2014 埼玉大学大学院理工学研究科 教授(改組による)
2012-2014 埼玉大学工学部 副学部長
2014-2016 東京理科大学 工学部第一部 経営工学科 教授
2016- 東京理科大学 工学部 情報工学科 教授
研究キーワード 非線形時系列解析、複雑ネットワーク、脳神経科学と人工知能、カオスの組合せ最適化への応用、数理農学
研究分野
感性情報学 (非線形科学,カオス,複雑ネットワーク,計算論的神経科学,数理農学)
研究課題
非線形力学系理論に基づく時系列解析とその応用 複雑ネットワーク理論に基づくデータ解析とその応用 振動子の同期現象とその応用 大規模組合せ最適化技法の開発 脳神経系データの解析
受賞
2019年 3月 21日
電子情報通信学会 フェロー称号
2018年 9月 12日
貢献賞
2018年 9月 12日
貢献賞
2014年 12月 3日
電子情報通信学会非線形問題研究会平成二十五年度発表奨励賞
2014年 12月 3日
電子情報通信学会非線形問題研究会平成二十五年度発表奨励賞
2013年 9月 1日
電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ貢献賞 (ソサイエティ運営)
学会活動
2020年 10月 21日 ~ 2020年 12月 16日
電子情報通信学会 フェローノミネーション委員会
2019年 10月 21日 ~ 2019年 12月 16日
電子情報通信学会 フェローノミネーション委員会
2018年 7月 ~ 2020年 6月
The Journal of Mathmatical Neuroscience 学会誌及び論文誌の編集者
2018年 6月 13日 ~ 2020年 6月 1日
電子情報通信学会 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2019 実行委員会委員 (Special Session Chair)
2017年 6月 ~ 2018年 5月
電子情報通信学会 会長 (NOLTAソサイエティ)
2016年 6月 ~ 2017年 5月
電子情報通信学会 次期会長 (NOLTAソサイエティ)
2015年 6月 13日 ~ 2016年 12月
電子情報通信学会 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2016,実行委員長
2015年 6月 1日 ~ 2017年 5月 31日
電子情報通信学会 学会の顧問・助言委員等
2015年 6月 ~ 2019年 6月
電子情報通信学会 学会の顧問・助言委員等
2014年 10月 1日 ~ 2016年 5月
電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ庶務幹事
2014年 10月 1日 ~ 2015年 5月 31日
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ大会担当幹事
2014年 9月 ~ 2015年 12月
電子情報通信学会 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2015,副実行委員長
2014年 5月 31日 ~ 2019年 5月 31日
電子情報通信学会 NOLTAソサエティ 非線形問題研究専門委員会 学会の顧問・助言委員等
2013年 6月 1日 ~ 2015年 5月 31日
電子情報通信学会 学会の顧問・助言委員等
2013年 5月 31日 ~ 2014年 5月 31日
電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ 非線形問題研究専門 委員会委員長
2012年 5月 31日 ~ 2013年 5月
電子情報通信学会 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 実行委員長
2012年 5月 ~ 2013年 5月
電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ 非線形問題研究専門 委員会 副委員長
2010年 5月 ~ 2022年 5月
電子情報通信学会 学会誌及び論文誌の編集者
客員教授
専攻分野 情報工学、数理工学
研究分野 時系列解析、複雑ネットワーク、神経科学、同期現象、数理農学
台風の進路、地震の発生、株価の変動など、私たちの周りには複雑に変化する現象が数多くあります。本研究室では、時系列解析や複雑ネットワーク理論を用いたビッグデータ解析により、複雑な振舞いの背後に隠された法則性を明らかにし、予測・制御・診断などに応用する研究を行っています。また、脳神経系の数理モデル解析により、脳で用いられている情報処理原理を解明し、人工知能を超える新しい情報処理技術の創出も行っています。さらに、同期現象の解析を通じた農学への応用を理論・実験の両面から行っています。
研究テーマ
  1. 天候予測、地震発生予測、ネットワークの時間発展予測、ビッグデータ解析

  2. 脳神経科学、人工知能

  3. 同期現象の解析と数理農学への応用

  4. 数理農学

    数理工学で得られた種々の知見を用いて,農学における諸問題を数学的アプローチにより解決します.現在は,非線形振動子の共通ノイズ同期現象を用いて,植物の示す隔年結実現象を解析しています.