加藤 圭一

ABOUT TUS

カトウ ケイイチ

加藤 圭一教授

KATO Keiichi

東京理科大学 理学部第一部 数学科

加藤研究室

連絡先 〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/~kato/index.html
出身大学
1986年  東京大学  教養学部  基礎科学科第一  卒業
出身大学院
1988年  東京大学  理学系研究科  相関理化学専攻  修士課程 修了
取得学位
東京大学  博士(数理科学)  論文
研究経歴 1988- 非線形双曲型方程式の解の特異性伝播
1992-2004 非線形分散型方程式の解の解析性および正則化効果
2004-2008 非線形分散型方程式の解の可解性
2007- 波束変換の偏微分方程式への応用
研究職歴 1990-1996 大阪大学理学部 助手
1996-2001 東京理科大学理学部第一部 講師
2001-2007 東京理科大学理学部第一部 助教授
2007-2013 東京理科大学理学部第一部 准教授
2013- 東京理科大学理学部第一部 教授
性別
生年月 1963年 1月
研究キーワード 偏微分方程式
研究分野
解析学基礎 (偏微分方程式)
研究課題
シュレーディンガー方程式の解の波束変換による表示とその応用
分散型偏微分方程式の解の解析性
非線形分散型方程式の解の存在
受賞
2006年 9月 25日
Tetrahedron : Asymmetry Most Cited Paper(2003-2006) Award
学会活動
2009年 7月 1日 ~ 2011年 6月 30日
日本数学会 学会誌及び論文誌の編集者
2004年 10月 1日 ~ 2006年 9月 30日
日本数学会 函数方程式分科会委員
客員教授
1998年 8月 27日 ~ 1998年 9月 27日
France, Universite de Paris-sud(Centre d'Orsay)
2006年 3月 5日 ~ 2006年 3月 25日
France, Universite de Bordeaux I
専攻分野 解析学
研究分野 偏微分方程式
高校で習う質点の力学(ニュートン力学)は、変数がひとつの微分方程式で表されますが、電磁波を扱う電磁気学、水の波などを扱う流体力学、ミクロな現象を記述する量子力学はすべて変数が2つ以上ある微分方程式(偏微分方程式)で表されます。偏微分方程式を数学的に研究することが本研究室の目的です。
研究テーマ
  1. 偏微分方程式の解の存在証明

  2. 偏微分方程式の解をどのように構成したらよいか

  3. 物理現象を記述する偏微分方程式の数学的研究