湯浅 真

ABOUT TUS

ユアサ マコト

湯浅 真教授

YUASA Makoto

東京理科大学 理工学部 先端化学科

湯浅研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
ホームページURL
出身大学
1983年  早稲田大学  理工学部  応用化学科  卒業
出身大学院
1988年  早稲田大学  理工学研究科  応用化学  博士課程 修了
取得学位
早稲田大学  工学博士  課程
早稲田大学  工学修士  課程
研究経歴
研究職歴 1988-1993 東京理科大学 助手
1993-1998 東京理科大学 講師
1996-1997 (アメリカ)カリフォルニア工科大学 客員研究員
1996- (通商産業省工業技術院)物質工学工業技術研究所 流動研究員
1998-1999 千葉大学 非常勤講師
1998-2001 東京理科大学 助教授
2000-2001 茨城大学 非常勤講師
2000- 東京都立大学 非常勤講師
2001- 千葉大学 非常勤講師
研究キーワード
研究分野
物理化学 (電気化学、コロイド・界面化学)
機能物性化学 (センサー、電極触媒、抗酸化剤・抗癌剤)
高分子化学 (高分子金属錯体、電解重合、機能性高分子)
生体関連化学 (生体模倣化学、ヘムタンパク化学、ナノバイオテクノロジー)
研究課題
高分子/金属系の分子設計とその電極触媒活性に関する研究
高分子金属錯体系の精密合成とそのセンサー評価法に関する研究
高分子金属ポルフィリン錯体系の構築とその抗酸化能に関する研究
機能性高分子材料の開発に関する研究
高性能貴金属めっき浴の開発に関する研究
受賞
2020年 3月 3日
2019 JSCM Most Accessed Paper Award
2019年 10月 24日
令和元年度色材協会賞(論文賞)
2014年 12月 6日
2014年度材料技術研究協会討論会口頭講演賞奨励賞
2013年 12月 7日
2013年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2013年 12月 7日
2013年度材料技術研究協会討論会口頭講演賞奨励賞
2013年 4月 27日
2012年度材料技術研究協会・論文賞
2012年 12月 8日
2012年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2012年 12月 8日
2012年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2012年 12月 8日
2012年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2012年 12月 8日
2012年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2012年 4月 25日
平成23年度(第46回)日本油化学会・学会賞
2012年 2月 10日
Hot Article Award Analytical Sciences
2011年 12月 3日
2011年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2011年 12月 3日
2011年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2011年 12月
Certificate of Appreciation, American Chemical Society (ACS) Publications
2011年 9月 8日
第63回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞
2010年 11月 5日
2010年度色材研究発表会優秀ポスター賞
2009年 12月 5日
2009年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2009年 12月 5日
2009年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2009年 12月 5日
2009年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2008年 12月 6日
2008年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2008年 12月 6日
2008年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2008年 12月 6日
2008年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2008年 12月 6日
2008年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2007年 12月 1日
2007年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2007年 12月 1日
2007年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2007年 9月 9日
平成18年日本油化学会・オレオサイエンス賞
2006年 12月 2日
2006年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2006年 12月 2日
2006年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2006年 12月 2日
2006年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2006年 12月 2日
2006年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2006年 12月 2日
2006年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2006年 12月 2日
2006年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2006年 9月 9日
第45回日本油化学会年会特別講演賞
2005年 12月 10日
2005年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2005年 12月 10日
2005年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2004年 12月 5日
2004年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2004年 12月 5日
2004年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2004年 12月 5日
2004年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
2003年 12月 6日
2003年度材料技術研究協会討論会ポスター賞・ゴールド賞
2001年 11月 17日
2001年度材料技術研究協会討論会ポスター賞
1999年 12月 3日
1999年度材料技術研究協会討論会ポスター賞
1999年 4月 24日
1998年度材料技術研究協会・論文賞
1995年 11月 29日
1995年度色材協会・協会賞(論文賞)
1985年 11月
「高分子科学に関する実験の提案」・入賞
学会活動
2014年 4月 ~ 2018年 3月
電気化学会 代議員
2010年 4月 ~ 2018年 3月 31日
高分子学会 接着と塗装研究会 運営委員
2008年 3月 ~ 2010年 2月
日本化学会 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 ニュースレター編集委員会 委員長
2007年 2月 ~ 2011年 2月
表面技術協会 評議員
2006年 10月 ~ 2007年 6月
アメリカ化学会 IUPAC and ACS Conference on Macromolecules for a Safe, Sustainable and Healthy World, 2nd Strategic Polymer Symposium (IUMACRO 2007, New York, USA, June 10-13, 2007)でのセッションオーガナイザー
2006年 4月 ~ 2017年 4月
日本油化学会 学術専門委員会 委員
2005年 11月 ~ 2007年 10月
日本化学会 関東支部代議員
2002年 2月 ~ 2005年 2月
電気化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2002年 1月 ~ 2003年 12月
腐食防食協会 評議員
2001年 3月 ~ 2012年 2月
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会幹事(役員)
2000年 4月 ~ 2017年 12月 31日
材料技術研究協会 学会理事等
2000年 4月 ~ 2006年 3月
日本油化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2000年 2月 ~ 2001年 2月
表面技術協会 学会誌及び論文誌の編集者
1999年 1月 ~ 2001年 12月
腐食防食協会 学会誌及び論文誌の編集者
1997年 3月 ~ 1999年 2月
日本化学会 学会誌及び論文誌の編集者
1995年 3月 ~ 2001年 2月
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会ニュースレター編集委員
1992年 2月 ~ 1995年 2月
表面技術協会 学会誌及び論文誌の編集者
客員教授
グループ バイオ、ナノテク・材料、環境
研究・技術キーワード 生体模倣化学、高分子化学、応用電気化学
研究・技術テーマ
  • 活性酸素種・活性窒素種等の生体内小分子センサーとしての金属ポルフィリン修飾電極系の構築
  • 抗酸化・抗癌作用DDS等としての修飾ポルフィリン系ナノ粒子の設計と機能評価
  • ヘムタンパク質系バイオミメティックケミストリーを発展させた高分子金属錯体に関する研究
  • 生体高分子、医用高分子、導電性高分子等の各種機能高分子の設計、合成と機能評価
  • 環境浄化、エネルギー等に関する光触媒等に関する研究
研究・技術内容 生体内に存在する金属ポルフィリン含有タンパク質(ヘムタンパク質)等の特異的な機能を模倣(バイオミメティックケミストリー)し、それらよる機能材料の創製について研究しています。例えば、シトクロム類のレドックス挙動に関連した活性酸素種・活性窒素種等の生体内小分子センサー、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)活性を利用した抗酸化剤・抗癌剤等の新規な機能材料の開発を行っています。さらに、このようなヘムタンパク質系バイオミメティックケミストリーを発展させた高分子金属錯体、生体高分子、医用高分子、導電性高分子等の各種機能高分子を設計・構築し、各種の高機能材料へ向けた展開を図っています。さらに、環境浄化、エネルギーに関する光触媒等の研究についても行っております。
産業への利用 生体内活性酸素種・活性窒素種センサー、抗酸化作用・抗癌作用DDS、燃料電池カソード触媒、機能高分子、光触媒等に関する課題があるため、これらを共同で研究できるパートナーを探している。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
具体的な産学連携形態内容 上記の研究分野、研究テーマ等に関する内容。
その他所属研究機関 光触媒国際研究センター、医理工連携研究部門、先端ECデバイス研究部門
所属研究室 理工学部先端化学科湯浅・近藤研究室
所有研究装置
SDGs
専攻分野 応用生物無機・物理化学
研究分野 生体模倣化学、電気化学、高分子化学
私たちは、ナノテクノロジー・生体模倣化学・電気化学などの学問分野を複合的に駆使した高機能な材料やデバイスの創製に取り組んでいます。例えば、生体内で特異的な機能を示すヘムタンパク質のモデルである金属ポルフィリン類を合成し、抗がん剤・抗酸化剤・活性酸素種センサー・燃料電池触媒などへ応用する研究を展開しています。また、ダイヤモンドを機能性材料の素材として利用する研究も行っており、高性能な電気化学センサー・物質分離材料・触媒・キャパシタなど、新規応用分野の開拓を目指しています。
研究テーマ
  1. 修飾金属ポルフィリン錯体の合成とそれらによる機能材料への展開

  2. 組織・細胞工学への応用を目指した生体適合性ポリマーの合成と機能評価

  3. 導電性ダイヤモンド・ダイヤモンドナノ構造体の作製と機能材料応用

   授業名     開講学期    曜日時限   区分 開講学科
先端化学通論1 前期 集中講義 理工学部 先端化学科
Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology
先端化学通論2 後期 集中講義 理工学部 先端化学科
Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology
先端化学特別講義2 後期 月曜5限 理工学部 先端化学科
物理化学1 前期 水曜3限 理工学部 先端化学科
工業分析化学【旧】 後期 集中講義 理工学部 先端化学科
化学工学実験(2017年度以前対象) 後期 木曜2限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 理工学部 先端化学科
物理化学実験 前期 木曜2限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 理工学部 先端化学科
先端化学実験 後期 木曜2限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 理工学部 先端化学科
錯体化学 後期 水曜3限 理工学部 先端化学科
化学実験 前期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 金曜6限 理工学部 先端化学科
分析化学実験 後期 金曜3限 金曜4限 金曜5限 金曜6限 理工学部 先端化学科
卒業研究(湯浅) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学部 先端化学科
先端物理化学特論B 後期 水曜2限 理工学研究科 先端化学専攻
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology
研究実験(湯浅) 前期~後期 前期(集中講義)
後期(集中講義)
理工学研究科 先端化学専攻
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology