上野研究室

指導教員
上野 一郎 教授 
専攻
界面熱流体力学,宇宙環境利用熱流体力学
キーワード
熱・流体力学、電熱工学
テーマ例
❶「濡れ」に関する熱流体力学 ❷表面張力差駆動(マランゴニ)対流(国際宇宙ステーションでの実験運用含む) ❸気泡・蒸気泡の非線形振動現象、高効率沸騰冷却熱伝達機構
概要
身近にも存在する熱流体現象のうち、固体と液体、液体と気体などの間に存在する「相界面」を含む現象の研究を行っています。表面張力や濡れ性、蒸気泡の動的挙動などの研究によって、微小重力空間での熱交換機器や、マイクロ・ナノポンプへの応用が考えられています。国際宇宙ステーション上の日本実験モジュール「きぼう」での流体物理実験プロジェクト(日米および日欧の2つが同時進行中)に共同研究者として参画し、研究室所属の学生とともにJAXA(筑波)での遠隔運用に参加しています。