衣笠研究室

指導教員
衣笠 秀行 教授 
専攻
建築構造学、都市防災
キーワード
都市を守る耐震設計法
テーマ例
❶都市機能維持を目標とした耐震設計法の開発 ❷耐震工学および経済学の両面からの建築性能評価法の開発 ❸地震時損失の低減を目的とした構造システムの開発
概要
首都圏直下型地震による莫大な経済損失の発生とそれにより引き起こされる深刻な環境破壊が懸念されています。建築物の耐震性能を、耐震工学だけでなく経済学の面から適切に評価し、必要な性能を確実に確保できる設計法の開発が求められています。本研究室では、次の二つの課題、「大都市東京はどの程度の地震に耐えられるのか?」、「地震に強い都市はどうすれば実現できるのか?」を掲げ、耐震工学および経済学の両面から、都市経済を支える建築物の最適設計法についての研究を行っています。