Department of MATHEMATICS

工学部第二部 電気工学科

学科紹介 MAJOR INTRODUCTION

21世紀の快適な科学・技術を構築する技術者・研究者の育成が電気工学科の使命です。とくに本学科では、学生の主体性と向学心を尊重。個々の専攻分野の選択科目の充実化に努め、研究分野をとことん追求したい学生の意欲を支援しています。
電気工学科の4年間の学習内容は、次の3分野。

  1. 先端技術を支える半導体の性質などを学ぶ材料・デバイス
  2. 情報化社会では不可欠な、情報の生成・伝達・保護などを学ぶ通信・情報
  3. 電気エネルギーを生成し、コントロールすることを学ぶエネルギー・制御

これらを4年間かけて学び、電気・電子のすべての分野を網羅します。
その順序も1年次に人間科学を学び、幅広い人間性を身につけ、2・3年次では電気工学を支える必修科目を学んでいきます。基礎から専門へ、同時に多様な選択科目から自分の興味や将来の希望の進路をふまえた分野の科目を自由に選び、実力を養っていきます。
とりわけ電気工学実験は本学科の伝統のひとつ。充実した実験授業内容には定評があります。
カリキュラムも学生の自主性と向学心を尊重して、必修科目を少なくし、学生が自分の究めたい専攻分野に応じて自由に選べる選択科目の充実化に力を注いでいます。そして4年次では4年間の総仕上げとなる卒業研究に取り組みます。
担当教授の指導のもとで高度な研究には定評があり、薄膜と表面研究、情報・通信、太陽発電システム、太陽エネルギーによる水素製造、電子計算機、自動制御、各種電子素子、極高真空の生成と測定、超LSI配線技術といった様々な分野で数多くの「世界初」の研究成果が得られています。こうした成果をもって多くの卒業生が研究者・技術者として巣立っています。

理念・目的・教育内容 GRADUATE RESEARCH AND LABORATORIES

本学科は、「自然・人間・社会とこれらの調和的発展のための科学と技術の創造」という本学の理念に基づき、21世紀の現代社会を牽引する「電気・電子技術」の教育と研究を行うことを目的としています。
夜間学科として編入生も含めて広く社会人に門戸を開き、実力主義の下で電気・電子技術に関する基礎技術を十分に習得させると共に、先端技術の教育・研究を通じてエネルギー・環境、情報・通信、計測・制御、材料・物性分野にかかわる知識と見識を持った技術者を育成することを教育目標とします。

カリキュラム CURRICULUM

■必修科目 ●選択必修科目 ◆選択科目

1年次 2年次 3年次 4年次
■静電界及び演習/複素交流回路及び演習/数学A・B/物理学/物理学実験
●電気工学概論
■電気磁気学1・2及び演習/電気回路論1・2及び演習/電気数学1・2/電気工学実験1
●電気英語1・2/国際知的財産権論/コンピュータ基礎1・2/コンピュータ概論/図学/統計学/材料力学通論/機械工学通論/論理回路/順序回路/テクニカルライティング/C言語プログラミング基礎
◆電気数学3/原子力工学概論/電気機器設計及び製図/電気法規及び施設管理/真空工学/コンピュータネットワーク/電波法規
■電子回路学1・2及び演習/電気工学実験2 ■卒業研究又は特別実験
材料・エレクトロニクス系 ●量子力学概論1/電子応用工学/半導体基礎工学/電子デバイス工学/電気材料工学/デバイスプロセス1
◆量子力学概論2/物性論概論/結晶工学/デバイスプロセス2/光エレクトロニクス
エネルギー・制御系 ●電気磁気計測/電気機器学/パワーエレクトロニクス/エネルギー変換工学
◆発変電工学/送配電工学/高電圧工学/照明工学/電動力応用/静電気工学/医用電子工学
通信・情報系 ●制御工学1・2/マイクロ波工学/アンテナと電波伝搬/線形システム及び伝送回路
◆電気通信工学/通信システム工学/C言語プログラミング応用/音響・画像処理/情報セキュリティ/ディジタル信号処理/半導体集積回路

平成27年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目 自由
科目
合計
専門科目 基礎科目 一般科目
必修 選択必修 選択 専門基礎 基幹基礎 関連
専門基礎
英語 人間科学
20 24 12 22 14 8 20 4 124

卒業研究 GRADUATE RESEARCH AND LABORATORIES

材料・エレクトロニクス系
われわれの周囲には多種多様の物質が存在しています。これらの物質に対して注目を集めているのが新材料の開発であり、重要な柱をなしているのが半導体を主体とした各種の材料やエレクトロニクスデバイスです。用途に合った電子回路を設計し、新しい電子部品や材料を開発するのも電気工学です。
安藤研究室/斉藤研究室/西川研究室/河原研究室*/ 福地研究室*
エネルギー・制御系
ものを動かすときに必要なエネルギー。最もクリーンなエネルギーである電力をどのように発電し、送電するかはこれからのエネルギー政策にとって重要課題です。そして、そのエネルギーを上手に利用するために制御を行うこと、ロボットや自動車などの状態を正確にとらえて制御を行うことも大切です。
谷内研究室/植田研究室*/加藤研究室*/小泉研究室*
通信・情報系
情報を誤りなく伝える。それが、通信が担う重要な役割です。しかし、移動中の電話から出る電波はさまざまな干渉や妨害を受けます。また、インターネットに伝送されるコンピュータからの信号にも雑音や歪みが加わります。画像情報や音声情報を相手に正しく伝えるための回路やシステムを作るのも電気工学です。
吉田研究室/岩村研究室*/長谷川研究室*/浜本研究室*/半谷研究室*/村口研究室*

*は、選択可能な第一部の研究室です。