東京理科大学ロゴ

-理念を貫き、進化する。- 東京理科大学創立140周年 -理念を貫き、進化する。- 東京理科大学創立140周年

2021年に迎える
創立140周年に向けて。

来る2021年、東京理科大学は創立140周年を迎えます。東京理科大学の前身である、東京物理学講習所が生まれたのは1881年。建学の精神である“理学の普及を以て国運発展の基礎とする”のもと、実力主義を貫き、我が国の科学技術の発展を支える多くの人材を社会に送り出してきました。高い理想を掲げ常に最先端を目指し歩んできた本学は、140周年を迎えるにあたり、これまで以上にドラスティックに進化します。次なる時代に向けて動き出した東京理科大学に、どうぞご期待ください。

学部学科の再編を行います

Society5.0時代に求められる、AI・IoT・データサイエンス分野に係る教育研究を一層強化するため、学部学科を再編。イノベーションを起こし新たな価値を創出できる人材を育成するとともに、地球規模の課題解決に資する分野横断的な研究を推進します。

2020年度
工学部
建築学科
「夜間主社会人コース」を新設
2021年度
基礎工学部
「先進工学部」に名称変更
葛飾キャンパスにおける4年間の一貫教育に移行
各学科の下に「系」を設置
電子応用工学科
「電子システム工学科」に名称変更
系:ICTシステム、コンピュータシステム、知能制御システム、電子デバイス
材料工学科
「マテリアル創成工学科」に名称変更
系:機能創成工学、機能応用工学
生物工学科
「生命システム工学科」に名称変更
系:分子生物工学、環境生物工学、メディカル生物工学
経営学部
「国際デザイン経営学科」を新設
当該学科の1年次教育は長万部キャンパスにおいて全寮制で行う
(2年次以降は神楽坂キャンパス)
これに伴い、既設の2学科の定員を変更
2022年度
工学部
工業化学科
神楽坂キャンパスから葛飾キャンパスへ移転
理工学部
留学生を対象とした国際コース(4学科、学部合計80名を予定)を
開設
当該コースの1年次教育は長万部キャンパスにおいて全寮制で行う
(2年次以降は野田キャンパス)
情報科学科
「国際情報科学コース」を開設
建築学科
「国際建築コース」を開設
電気電子情報
工学科
「国際電気電子情報コース」を開設
機械工学科
「国際機械コース」を開設
2023年度
理学部第一部
応用物理学科
2022年度入学者を最後に学生募集を停止
既設の3学科の定員を変更
先進工学部
「物理工学科」、「機能デザイン工学科」を新設
これに伴い、既設の3学科の定員を変更
新設の2学科の下に「系」を設置
物理工学科
系:複雑科学、物質科学、エネルギー科学、ナノデバイス
機能デザイン
工学科
系:メディカル機能工学、ロボティック機能工学
理工学部
「創域理工学部」に名称変更
各学科の下に「系」を設置
併せて一部の学科の定員を変更
数学科
「数理科学科」に名称変更
系:数学、先端数理
物理学科
「先端物理学科」に名称変更
系:素粒子科学・宇宙物理、光科学・機能物性科学
情報科学科
「情報計算科学科」に名称変更
系:基礎情報数理、情報データサイエンス、コンピュータサイエンス
応用生物科学科
「生命生物科学科」に名称変更
系:応用生物科学、生命科学、環境生物科学
建築学科
系:計画(デザイン)、工学(エンジニアリング)
先端化学科
系:エネルギー、ニューマテリアル、環境
電気電子情報
工学科
系:電気・制御システム、エレクトロニクス・マテリアル、情報・通信システム
経営工学科
「経営システム工学科」に名称変更
系:生産・管理システム、社会・情報システム
機械工学科
「機械航空宇宙工学科」に名称変更
系:応用力学、航空宇宙工学、機械情報
土木工学科
「社会基盤工学科」に名称変更
系:土木工学、建設融合
2025年度
薬学部
野田キャンパスから葛飾キャンパスへ移転

※本計画は構想中であり、内容は変更となる可能性があります。

→ 東京理科大学における学部・学科の再編について

→ 工学部建築学科 夜間主社会人コース新設

朝日新聞デジタル特設コンテンツ